検索
CLA Epic
CLA Epic

CLA Epic

トップエンジニアの秘蔵プラグイン

ミックス界のレジェンドであるクリス・ロード・アルジが所有する最高のスタジオ機材をベースにした、それぞれ4つのお勧めディレイとリバーブを1つのプラグインにまとめました。 ブレンド、レイヤー、内部的にエフェクトをルーティングできるオールインワンのプラグインです。 伝説的存在であるクリス・ロード・アルジ(グリーンデイ、ミューズ、ブルース・スプリングスティーン他)は、楽曲の中に壮大な空間を作り出すことを得意としています。 そして今、彼はその深さの鍵をあなたに与えようとしてくれています。 彼のリバーブとディレイのすべてのセットが、1つのプラグインにまとめられています。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

26,290
82%OFF 4,686

特徴

  • クリス・ロード・アルジにデザインされたリバーブ&ディレイ・スーパーセット
  • CLAの愛用するクラシックスタジオギアを元にデザイン
  • ミックス&プロダクションに壮大な奥行き、次元、空間を追加
  • 4種のディレイモジュールを搭載(SLAP、THROW、TAPE、CROWD )
  • 4種のリバーブモジュールを搭載(PLATE、ROOM、HALL、SPACE)
  • 8つのエフェクトを任意のトラックに簡単にレイヤー&ブレンド
  • ボタンをクリックするだけでディレイをリバーブにセンド可能
  • エフェクトごとのモジュレーションコントロールでテクスチャーや広がりを付加
  • 低CPU消費量
  • クリス・ロード・アルジによる50のパワフルなプリセット
  • グレッグ・ウェルズ、マイケル・ブラウアーなどによる300以上のプリセットを追加
  • CLA EchoSphereを収録

4つのディレイ、4つのリバーブを縦横無尽に

CLA Epicには、Chrisの4つのディレイ(SLAP、THROW、TAPE、CROWD)と4つのリバーブ(PLATE、ROOM、HALL、SPACE)が搭載されています。 すべてのモジュールは、Chrisのお気に入りのスタジオハードウェアの設定に基づいており、彼のミックスのすべてに様々な組み合わせで使用されています。 ボーカル、ドラム、シンセサイザー、ギター、その他の楽器に使用されている場合でも、CLA Epicはあなたのミックスやプロダクションにさらなる深みをもたらすでしょう。 リバーブとディレイをクリス・ロード・アルジのワークフローでブレンド CLAの音の奥深さの鍵は、複数のエフェクトをクリエイティブにブレンドしているところにあります。 各トラックの複数のリバーブに複数のディレイを送り、彼のコンソール・フェーダーで完璧な割合でブレンドを行います。CLA Epicは、1つのプラグインで多くの可能性を提供します。CLAの壮大なリバーブとディレイを彼と同じようにクリエイティブにブレンドすることができます。豊かなサウンドスケープを得るために別のエフェクト・プラグインを開く必要はありません。 CLA Epicの8つのエフェクト・モジュールのいずれか、またはすべてをいつでも起動し、プラグインのコンソール・タイプのフェーダーを使って簡単にブレンドすることができます。さらに簡単に効果を得るために、CLA Epic は常にChrisのデフォルト設定で各エフェクトをロードします。 お馴染みのパラメーター(意外なパラメーターも)を、深く掘り下げて微調整することができます。しかし、まずはデフォルトのモジュールをロードし、様々なエフェクトをブレンドして、CLAのマジックを聞いてみましょう。

名盤を彩るテクニックの秘密

CLA Epic は常にChrisのデフォルト設定で各エフェクトをロードします。 お馴染みのパラメーター(意外なパラメーターも)を、深く掘り下げて微調整することができます。しかし、まずはデフォルトのモジュールをロードし、様々なエフェクトをブレンドして、CLAのマジックを聞いてみましょう。

ディレイをリバーブに送る クリス・ロード・アルジには、深みのあるミキシングのための特別な秘密があります。 それは、ディレイをリバーブに送ることで、ディレイが全体的なサウンドスケープの一部になるようにしているのです。CLA Epicでは、エフェクトを並列に実行するオプションに加えて、任意のディレイを任意のリバーブに送ることができます。ボタンをクリックするだけで、各ディレイをアウトプットのみに送るか、リバーブのみに送るか、全てのリバーブに送るかを選択することができます。DAWでは何時間もかかっていたエフェクターのルーティングが数秒でできるようになったのです。

CLA Epicには、ボーカル、ドラム、ギター、キーボード用に、クリス自身による50のパワフルなプリセットが収録されています。加えて、このプラグインには、グレッグ・ウェルズ、マイケル・ブラウアー、その他数十人のトッププロデューサーやエンジニアによる300以上のプリセットも含まれています。

動作環境

対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2020 (AAX Native, Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.6.1 (Audio Units)
  • Digital Performer 10 (Audio Units)
  • Ableton Live 10.1 (VST3)
  • Nuendo 10.3, 11 (VST3)
  • Cubase 10.5, 11 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10 (Audio Units)
  • Audition 13 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 11 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 3 (VST3)
  • Luna 1.1.5 (Audio Units)
  • WaveLab 10 (VST3)
  • Cakewalk by BandLab 2020 (VST3)
  • Samplitude Pro X4, Pro X5 (VST3)
  • Sequoia 15 (VST3)
  • Pyramix 25th (VST)
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
  • Final Cut Pro X (Audio Units) *macOS 11 Big Surには対応していません
Mac
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon
  • メモリ: 8 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: 10.13.6, 10.14.6, 10.15.7, 11.2.1 (Intel only)
  • V12 plugins require a graphics card that supports 'Metal'
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 8 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit(2004 以降)
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

26,290
82%OFF 4,686

関連記事

アコギをオケに馴染ませる3つの方法
アコギをオケに馴染ませる3つの方法

アコースティック・ギターは、周波数帯域が広いため、ミックスの中にうまくフィットさせるには工夫が必要なパートです。この問題を解決するための3つのヒントをご紹介します。ステレオフィールド内に効果的に配置し

Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表
Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表

「Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト」の結果発表!

ダイヤルを回すだけで理想のサウンドに
ダイヤルを回すだけで理想のサウンドに

インスピレーションが湧き、その頭の中にあるサウンドを素早く実現するために、どのようなツールを使っていますか?今回はOneKnobプラグインのクリエイティブなパワーをご紹介。たった1つのダイヤルから、最適なミッ

Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編
Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編

ミックスをこれから始めよう、という方は、きっと様々なウェブサイトや友人からの情報を聞いて徐々に勉強をされていくことと思います。もちろん、ミックスに正解はないので自由にやることが1番ですが、EQやコンプな

Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編
Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編

ミックスをこれから始めよう、という方は、きっと様々なウェブサイトや友人からの情報を聞いて徐々に勉強をされていくことと思います。もちろん、ミックスに正解はないので自由にやることが1番ですが、EQやコンプな

Mix with Waves 「Renaissance Maxxでキックを処理してみよう」 編
Mix with Waves 「Renaissance Maxxでキックを処理してみよう」 編

ミックスをこれから始めよう、という方は、きっと様々なウェブサイトや友人からの情報を聞いて徐々に勉強をされていくことと思います。もちろん、ミックスに正解はないので自由にやることが1番ですが、EQやコンプな

関連製品

Abbey Road Chambers
Abbey Road Chambers

美しいナチュラルチェンバーリバーブから近年人気が急上昇しているディレイカスケードなど、アビーロードの第二スタジオに設置されたエコーチェンバーの豊かなサウンドは今や伝説となっています。長年に渡って失われ

4,356
CLA EchoSphere
CLA EchoSphere

Slap Delay & Plate Reverb CLA EchoSphereは、伝説的なミックス・エンジニアであるクリス・ロード・アルジ(グリーンデイ、ミューズ、ブルーススプリングスティーン等)とWAVESが共同しデザインしたプラグイン。ク

0
CLA Epic
CLA Epic

ミックス界のレジェンドであるクリス・ロード・アルジが所有する最高のスタジオ機材をベースにした、それぞれ4つのお勧めディレイとリバーブを1つのプラグインにまとめました。 ブレンド、レイヤー、内部的にエフェ

4,686
IR1 Convolution Reverb
IR1 Convolution Reverb

シドニーのオペラハウス、ニューヨークのボトムラインから、日本の霧島ホールまで網羅した、質/量ともに圧倒的なIRライブラリー。サンプリングの結果をフィルターするのではなく、コンボルーションデータそのものを

6,050
IR360
IR360

5.1 サラウンド音声で再生するには、100%完全に信頼のおける空間エミュレーションが必要です。これを成し遂げる為には、比類無き正確さと、コンボリューション・リバーブのコントロールが必要となります。そして、そ

9,680
Doubler
Doubler

優れた「ダブルトラッキング」エフェクトをお望みのミュージシャンやオーディオエンジニアに、Doublerをお送りしましょう。Doublerは新しいサウンドを創り出すディレイおよびピッチモジュレーションです。他のディレ

6,050
IR-Live Convolution Reverb
IR-Live Convolution Reverb

Waves IR-Liveは、ライブ・サウンド・エンジニアのために開発されたインパルス・レスポンス・ベースのコンボリューション・リバーブです。低レーテンシー、リアルタイム・パフォーマンスによりライヴ・ユースに最適

6,050
CLA BASS
CLA BASS

Waves Artist Signature Seriesは、世界のトッププロデューサー、エンジニアとのコラボレーションにより生まれた目的別プロセッサーシリーズです。全てのSignatureシリーズプラグインは、アーティストの個性的なサウ

6,050
Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube