検索
Greg Wells MixCentric
Greg Wells MixCentric

Greg Wells MixCentric

たった1つのノブで、ミックスの最終仕上げをします

マスターとミックスを分け隔てるものとは、一体何でしょう?アデル、ケイティ・ペリー、ワン・リパブリック、ミーカ、トゥエンティ・ワン・パイロッツを手がけ、累計8500万もの楽曲売上数を持つグラミー賞ノミネート・プロデューサー/エンジニア、Greg Wellsが手がけたWaves Greg Wells MixCentricプラグインさえあれば、そんな問題について考えあぐねる必要はありません。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

26,400
85%OFF 3,960

特徴

  • グラミー賞ノミネートのプロデューサー/エンジニア、グレッグ・ウェルズとのコラボレーションにより開発
  • マスターバスにインサートして、ミックスの仕上げを1つのノブで調整可能
  • L2、L3などのリミッタープラグインと組み合わせれば、マスタリングされた楽曲に匹敵するサウンドに
  • 親しみやすい、シンプルなインターフェイス

動画

シチュエーションを選ばないミックス用プラグイン

直感的に使えるこのプラグインは、ミックスを素早く仕上げるためのソリューションとなります。マスター/グループ・バスに最適なEQ、コンプレッション、倍音歪みによって、Greg Wells MixCentricはミックスのカラーを整え、磨き上げます。お好みのリミッター・プラグインと組み合わせれば、あなたのトラックをマスタリング済みのコマーシャル楽曲に匹敵するクオリティに引き上げます。

モノ、ステレオ両モードに対応するこのプラグインは、たったひとつのノブでグレッグ・ウェルズのシグネチャー・サウンドを再現します。

Greg Wells MixCentric

Greg Wellsからのメッセージ

"これは、僕とWaves開発チームの長い苦難と実験から生まれた特別なプラグインだ。MixCentricはトラックのサウンドを、まるでプロのエンジニアがEQ/コンプレッション処理したように仕上げることができる、そんなプラグインだ。もちろん、ここで使われているのと同じテクニックは、多くのミキシング・エンジニアに用いられている。1ノブのコントロールという見かけのシンプルさに反して、驚くほどのことがその裏で起こっているんだ。単にノブを回すだけで、本当に多くのセッティングが同時に変化したり、切り替わったりしている。とにかく色々な設定値を試して、この究極にユーザーフレンドリーなプラグインの力を発見して欲しい。MixCentricのようなプラグインはかつてなかったし、本当にこれが20年前にあったらと思うよ!"

Greg Wells MixCentric

Waves V13製品 動作環境

Mac 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2021(AAX Native, Audiosuite)
  • Logic ProX, 10.6.3(Audio Units)
  • Digital Performer 11(Audio Units)
  • Ableton Live 11 (VST3)
  • Nuendo 11(VST3)
  • Cubase 11(VST3)
  • Main Stage 3(Audio Units)
  • Garage Band 10.4.4(Audio Units)
  • Audition 14(VST3)
  • Premiere Pro 15(VST3)
  • Studio One Professional 5(VST3)
  • FL Studio 20(VST3)
  • REAPER 6(VST3)
  • Reason 11,12(VST)
  • Maschine 2(VST)
  • Komplete Kontrol 2(VST)
  • Bitwig Studio 4(VST3)
  • Luna 1.1.11(Audio Units)
Windows 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2021(AAX Native, Audiosuite)
  • Ableton Live 11 (VST3)
  • Nuendo 11(VST3)
  • Cubase 11(VST3)
  • Cakewalk by BandLab 2021(VST3)
  • Audition 14(VST3)
  • Premiere Pro 15(VST3)
  • Samplitude Pro X6 (VST)
  • Sequoia 15(VST3)
  • Pyramix 25th(VST)
  • Studio One Professional 5.3 (VST3)
  • FL Studio 20(VST3)
  • REAPER 6(VST3)
  • Reason 11,12(VST)
  • Maschine 2(VST)
  • Komplete Kontrol 2(VST)
  • Bitwig Studio 4(VST3)
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
Mac
  • CPU:Intel Core i5/i7/i9/Xeon/Apple M1(ClarityおよびCOSMOSを除く)
  • メモリ: 8 GB RAM(16GB以上推奨)、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS:10.14.6, 10.15.7, 11.6.2, 12.1
  • "Metal"対応グラフィックプロセッサ搭載の以下のモデルに対応 (Metal詳細について)
    • MacBook 2015以降
    • MacBook Air 2012 以降
    • MacBook Pro 2012 以降
    • Mac mini 2012 以降
    • iMac 2012 以降
    • iMac Pro
    • Mac Pro 2019以降(MacPro2015以前のモデルについては、Metal対応モデルも含めてサポートされません)
  • Apple Silicon MacモデルについてはM1プロセッサ対応状況をご覧ください。
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 8 GB RAM、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit(2004 以降),Windows 11 (Build 22000.194)
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
ご注意

上記動作環境はWaves製品全般に関する内容であり、製品により対応状況が異なる場合があります。対応ホストアプリケーション、および個別プラグインの特記事項を合わせてご確認ください。

ご購入前にご利用環境における動作確認などをデモバージョンにてお試しいただく事をお勧めいたします。7日間のデモ期間中は製品の機能に制限なくご利用いただけます。ご利用方法はこちらのページをご参照ください。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

26,400
85%OFF 3,960

関連記事

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート
e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート

2019年のWaves Live SuperRack発売後、いち早くコンサートの現場にSuperRackシステムを導入、ライブミックスで積極的にWavesプラグインを活用してきたサウンド・エンジニア集団ライブデートだが、2020年6月、今度はW

YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する
YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する

WavesプラグインをYamahaのコンソールで使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優
最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優

様々な入出力のオプションが用意されているDiGiGrid製品の中で、8イン/8アウトのアナログ入出力とプラグイン処理を行うサーバー機能を搭載したオールインワンボックスが、DiGiGrid IOSである。DiGiGrid製品の中でも

DiGiCoコンソールでWavesプラグインを使用する
DiGiCoコンソールでWavesプラグインを使用する

Grammy®を受賞したWavesが誇るリバーブ、EQ、コンプ、リミッター、ディレイなどのプラグインを、DiGiCo SDシリーズやS21コンソールから直接コントロールすることが可能です。Wavesプラグインは最高峰のレコーディン

WavesプラグインをSSLで使用する
WavesプラグインをSSLで使用する

SSL Live コンソールでWavesプラグインを使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,960
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

3,960
CLA Vocals
CLA Vocals

Waves Artist Signature Seriesは、世界のトッププロデューサー、エンジニアとのコラボレーションにより生まれた目的別プロセッサーシリーズです。全てのSignatureシリーズプラグインは、アーティストの個性的なサウ

3,960
Smack Attack
Smack Attack

ドラム、ループ、シンセ・ヒット、パーカッションに重みのあるパンチ感と切れ味を加える。サウンドのアタック、サステインのトランジェントを音量、形状、長さから個別にデザインし、精密な調整から荒々しいエフェク

3,960
SSL G-Master Buss Compressor
SSL G-Master Buss Compressor

SSL G-Master Buss Comp SSL 4000 Gコンソールのマスターバス・センター・コンプレッサーをベースに、Solid State Logicとの共同開発により誕生したのがWaves SSL G-Master Buss Compressorです。実機のコンソールで

3,960
Center
Center

ファイナルミックスやマスタリングに最適なWaves Centerは、サイドコンテンツ(L/R)からファントムセンターコンテンツを分離させる革新的な新プロセッサーです。Centerを使えば、ファントムセンターをゼロにでき、

3,960
Bass Fingers
Bass Fingers

ベースの奏法の中でも最も微細なニュアンスを表現するフィンガーピッキング(指弾き)を再現。リアルなサウンドのベースラインや経験豊富なベースプレーヤーの個性的なサウンドを、キーボードで直感的に演奏すること

3,960
NLS
NLS

NLS Non-Linear Summerは、Wavesと3人のトップ・プロデューサー/エンジニアの共同開発により誕生しました。NLSは伝説のコンソール3台をシミュレート、アナログのサミング回路を1つのプラグインに集約し、トラッキン

3,960
Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube