検索
トップエンジニアからの金言。ミキシングのTips

トップエンジニアからの金言。ミキシングのTips

今日は世界一級のエンジニアが送るミキシングのTipsですが、具体的なTips(例えば、EQやコンプをこんな風にセッティングするとか)は1つもありません。しかし、ミックスをするにあたりとても大事なことが数多く含まれているもの。
そのエンジニアとはクリス・ロード・アルジ(以下CLA)。現代のアメリカンロックの音像は彼が作り上げたものと言っても過言ではない、まさしく音楽の歴史を1つ更新したエンジニア。「クリス以前・クリス以後」という言葉が成り立つほどではないでしょうか。彼が携わった作品と、その作品が受賞した賞を並べていくと、とてもここでは収まりません。エンジニアを志す方なら数10〜数100枚、リスニングがメインという方であっても、CLAの名前がクレジットされたレコードを数多く持っていることでしょう。

そんなCLAが愛用しているプラグインが、WAVESの製品。本日はCLAがWAVES本社を訪れ、スタッフであるYONIに「ミキシングの心構えのTips」を語るビデオをご紹介いたします。

本ブログをご覧の方の中には「完全にエンジニア志向」という方もいらっしゃれば、「自分で作品を作り、ミックスもする」という方も多いかもしれません。どのような方であっても一度は見るべき金言だらけなので、折を見て見返すなどもしてみてくださいね。

2020.01.01

CLAが語るミキシングのTips #1:ミックス前の準備について

ミックスを行う前段階の「準備」について。

ぱっとこのビデオをみて「なんだ、そんなことか」とビデオをストップしてしまう方は非常にもったいない。ここでCLAが語っている内容は、多くの一級エンジニアさんが「自然と(当たり前に)」やっていることのように思います。もしもみなさまが「自分で曲もつくり、ミックスもする」という方なら、心の切り替え方を学ぶビデオとして見ても面白いかと思います。ここで解説されている準備は、決して大げさなものではありません。「心の作り方」を参考にしてみてください。


CLAが語るミキシングのTips #2:使うプラグインは「あらかじめ」用意する?

このビデオで語られることは、今日からでも実践できること。しかし、いざ実践してみようとするとそれが難しいことにも気がつくでしょう。プラグインを選ぶタイミングについて語られています。「頭をミックス以外のことに占領されないための準備」という見方もできますね。


CLAが語るミキシングのTips #3:AUXトラックを用意するタイミングはいつ?

もしもこれから新しいセッションファイルに手をつけようとしている方は、こちらも是非実践してみてください。やることは非常に簡単なこと。同時に自分の中で「上限」も決めてしまって進めるのがいいでしょう。ここでは、CLAおすすめのWAVESプラグインについても触れられています。


CLAが語るミキシングのTips #4:正しいモニター環境とは

これは、非常に参考にすべきポイントでしょう。モニターとはどうあるべきか。どのくらいの音量でチェックすべきなのか。意外な答えだなと思う方もいらっしゃるかもしれません。小さな音量でミックスをすることは、実はとても大切なこと、とCLAだけでなく、多くのエンジニアさんが話をされているのを耳にしてきました。これもまた、今日から実践できる内容ですね。


CLAが語るミキシングのTips #5:コンプをかけるべきでは「ない」トラック

これはちょっと「耳が痛い」人もいるかもしれません。楽器を理解せずに(適当に)処理を進めていくことはダメですよね。楽曲を何度もなんども繰り返し聞いて、理解して、それから処理を進めていく必要があります。百戦錬磨のCLAでさえ、ビデオで語られる通り楽曲に求められるものが判るまでチェックを行うと話しています。トラックに処理が必要になるのはどんなときなのか、CLAからの熱いメッセージを体に染み込ませましょう。


冒頭でも書いた通り、この5編のムービーの中には具体的に「○○○のプラグインを△△△の値に設定して、XXXに使用すればいい音になる」といったTipsは一切含まれていません。どちらかといえば、心構えの部分がほどんどでしょう。

私が業務の上でお会いする国内のエンジニアさんたちの作業を拝見させていただくと、実に多くの方がこのCLA Tipsに近いことを「自然と」やっていらっしゃったなぁと記憶が蘇ります。やれば簡単なことでも、それが癖のレベルになるまで体に覚えさせることは、なかなか難しいものです。

人気記事

ヘッドフォンで正しいミックスを行うには?
ヘッドフォンで正しいミックスを行うには?

ヘッドフォンは比較的手頃な価格でコンパクトに持ち運びができるため、場所を問わず制作やレコーディング、ミックスなどを行うことができます。しかし、ヘッドフォンはミックスや制作で音を決める際に、十分な音響的

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

人気製品

BB Tubes
BB Tubes

さまざまなボーカルや楽器の音が、いまだかつて聴いたことのない「スピーカーから飛び出してくる存在感あふれるサウンド」に生まれ変わります。繊細な音から攻撃的なアナログの倍音まで、BB Tubes はあなたのミック

3,630
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

48,400
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

4,400
Nx Virtual Mix Room over Headphones
Nx Virtual Mix Room over Headphones

Waves Nxは、Wavesが開発した革新的テクノロジーにより、自然な奥行き、反射、広がりのあるステレオ音像といった、実際のスタジオでスピーカーを通したような音響空間をヘッドフォン上に再現し、ヘッドフォンを確か

4,400
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

28,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

4,400
Lil Tube
Lil Tube

リッチな真空管を通したサウンドならではの「太さ」「キャラクター」「歪み」をトラックに追加します。Lil Tubeは、伝説の真空管プリアンプをカスタム可能にしたアナログ・サウンドで、DAWに新たな体験を提供します

FREE
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

14,300
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube