検索
ビリー・アイリッシュのミキシングについて聞いてみた!ロブ・キネルスキー氏へ のインタビュー

ビリー・アイリッシュのミキシングについて聞いてみた!ロブ・キネルスキー氏へ のインタビュー

ビリー・アイリッシュのミックスエンジニアとして知られ、5回もグラミー賞を受賞したロブ・キネルスキー。 グラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞した「Everything I Wanted」のミックスについて語っていただきました。
2019年ロブ・キネルスキーにインタビューしたとき、ビリー・アイリッシュのデビューアルバムが発売されたばかりでした。 以来、ビリーと彼女の兄でありプロデューサーでもあるフィニアスは、音楽界最大の(そして最も意外な)スターとなりました。ロブはこのホーム・プロデュース・デュオとの仕事で5つのグラミー賞を受賞しましたが、直近では Everything I Wanted がレコード・オブ・ザ・イヤーです。
私たちはロブに、この曲のミックスについて、ビリーの音楽で最もエキサイティングだと思うものは何か、そして過去に戻ってミックスしてみたかった音楽は何かを尋ねました。

2021.06.02

ロブ、今回のグラミー賞受賞おめでとうございます。Billie Eilishをミックスするときはいつもそうですが、ボーカルは非常に親密で催眠的な感じがして、思わず吸い込まれそうになります。サウンド的には彼女が目の前にいるのに、特定の言葉の感情がステレオフィールドの中で「ダンス」をしているかのようです。ヴォーカルではどのようにして実現しているのでしょうか。

フィニアスとビリーは、魔法のようなステレオフィールドを作り出す名人です。私は幸運にも、彼らからこのように加工された音楽を受け取ることができます。このようなボーカルをミックスするときは、透明感のあるアプローチをとります。魔法の邪魔をしたくない、繊細さが大事なのです。EQでは、通常、周波数をカットするだけで、ブーストはほとんどしません。コンプレッションも穏やかなものが多く、通常はR-Voxでボーカルを引き締めるのですが、この曲ではPuigChlid 670コンプレッサーを使いました。また、ボーカルライダーとオートメーションを使って、ビリーのボーカルを常に存在感のあるものにする。また、マイクロシフトやダブルエフェクトを使って幅を持たせることもあります。このときのコツは、ほとんど聞こえないようにすることです。もし、その効果が聞こえてきたら、それはやりすぎです。あくまで感じられる範囲内抑えるのです。

"Everything I Wanted "は、アレンジもミックスもとてもユニークです。この曲は没入感があり、"セラピー "のようでもあります。他のアーティストの曲と一緒にプレイリストに入れて聴いてみると、そういう意味ではとても際立っています。これはミキシングの際に意識したのでしょうか?

ありがとうございます。必ずしも意図したものではないと思いますが、ユニークな作品を与えられると、結果的にそうなってしまうことがあります。

私も含めて、人によってはリファレンス・ミックスを使いすぎて、「音を追いかける」ようなことがあると思います。つまり、すでに世の中にあるものと同じ音を出そうとしてしまう。この曲にリファレンス・ミックスはありますか?

この曲の場合、何かを参考にしたわけではありません。私はただ、ビリーとフィニアスが目的地にたどり着けるように手助けをし、私が邪魔にならないようにしただけです。

この音楽が特別なのは、音的に何かを参照したりコピーしたりしないからです。だからこそ、私は残りの2020年代をとても楽しみにしています。「ジャンル」という概念は消えつつあるようですし、人々は本当に面白い音楽を作っているので、これからの展開に期待しています。

前回のインタビューでは、ロック出身であることをお聞きしましたが...。

その通りです。ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』は、私の人生を変えたアルバムです。それがきっかけで、音楽を演奏したい、作りたいと思うようになりました。でも、私はもともと複数のジャンルに取り組むのが好きでした。最初の頃は、ロックの仕事もしたし、ヒップホップの仕事もしたし、いつも自分はその中間にいると思っていました。ビリーとフィニアスは、私がヒップホップをたくさんやっていたことを知っていたので、彼らの音楽にそれを取り入れて、ローエンドを出してほしいと思ったのです。

もしも過去に戻れるとしたら、過去のどの曲やアルバムをミックスしたいですか?

実は、過去に戻って何かをミックスしたいとは思わないんですが、できることなら喜んでビートルズのランチの注文を取ったり、エルトン・ジョンのピアノマイクのセッティングをしたり、フリートウッド・マックのテープ回しをしたり、レッド・ツェッペリンのクリーニングを取りに行ったりしたいです。(笑) できることなら、私は過去に戻って、偉大な人たちの隣に座って学びたいですね。

人気記事

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips
マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から1つを日本語化してお届け。前回お届けした「トップエンジニアからの金言。ミキシングのTips」とやや似た傾向で、具体的なTipsこそ少ないものの、心構えとして抑えてお

人気製品

Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

7,260
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

5,830
Nx Virtual Mix Room over Headphones
Nx Virtual Mix Room over Headphones

Waves Nxは、Wavesが開発した革新的テクノロジーにより、自然な奥行き、反射、広がりのあるステレオ音像といった、実際のスタジオでスピーカーを通したような音響空間をヘッドフォン上に再現し、ヘッドフォンを確か

4,400
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

50,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

8,690
VU Meter
VU Meter

VU Meterにより、DAWでのミックスに、業界の定番となっているメータリング・メソッドを導入することが可能になります。VU Meterを使用することで、より最適なレベル、十分なヘッドルーム、そしてクリアなミックスを

2,860
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

34,980
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

26,400
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube