検索
トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 2(スネアドラム編)

トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 2(スネアドラム編)

日本を代表するエンジニアの一人、飛澤正人さんをゲスト講師にお迎えし、飛澤さんの本拠地スタジオ、PENTANGLE STUDIOからお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。

2020.01.01

前回よりスタートしたこの企画。弊社ウェブサイトをご覧のみなさまからご質問をいただき、飛澤さんがそれに答えるという贅沢な内容。記念すべき第シーズン1のお題は「ロックドラム」について。非常に多岐にわたる解説が必要なため、パーツごとに解説を行なっていただくことになりました。前回のキック編に続き、今回はスネア編としてお届けいたします。

 

本企画では飛澤さんが操作しているスクリーンもなるべく精細に収録をおこなっておりますので、スクリーン上の飛澤さんのマウスの動き、判断の速さなども同時に体感してみてください。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:スネアドラム編その1

 

スネアは実際のレコーディングでも本体のトップとボトム、両方にマイクを立てて集音することが多いでしょう。録る方によっては、サイドからも録る方もいらっしゃるかもしれません。ここでは一般的な「トップ&ボトム」の構成の処理について語っていただいています。

 

ビデオ後半では、突如として「飛澤流テクニック」を解説いただいています。あるエフェクトを使って距離感とパンチ感のコントロールを行うところは、飛澤さんのフェーダーコントロールと共に参考にしていただきたいところです。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:スネアドラム編その2

 

スネア編その2。スタートから「ミックスの考え方」について重要な解説が始まります。それはずばり、「スネアに太さが必要になるのは、どんなときか」という問題。なんの指針もなくミックス作業を行なっていると「全ての音を最高の音にしよう」と思いがち(それはそれで良いことではありますが)。太い=良い、という考え方以外に、飛澤さんが「太さを要するのはなぜ?」についても確認しましょう。

 

また、コンプやEQのパラメータだけでなく飛澤さんのフェーダーワークにも注目です。言葉で解説頂いている部分以外からもテクニックを吸収しましょう!(これこそが、タイトルにもなっている”弟子入り”を意味するところでもあります)

 

関連記事

アコギをオケに馴染ませる3つの方法
アコギをオケに馴染ませる3つの方法

アコースティック・ギターは、周波数帯域が広いため、ミックスの中にうまくフィットさせるには工夫が必要なパートです。この問題を解決するための3つのヒントをご紹介します。ステレオフィールド内に効果的に配置し

Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表
Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表

「Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト」の結果発表!

ダイヤルを回すだけで理想のサウンドに
ダイヤルを回すだけで理想のサウンドに

インスピレーションが湧き、その頭の中にあるサウンドを素早く実現するために、どのようなツールを使っていますか?今回はOneKnobプラグインのクリエイティブなパワーをご紹介。たった1つのダイヤルから、最適なミッ

Mix with Waves 「Renaissance Maxxでキックを処理してみよう」 編
Mix with Waves 「Renaissance Maxxでキックを処理してみよう」 編

ミックスをこれから始めよう、という方は、きっと様々なウェブサイトや友人からの情報を聞いて徐々に勉強をされていくことと思います。もちろん、ミックスに正解はないので自由にやることが1番ですが、EQやコンプな

弱々しいスネアをリッチな音へ
弱々しいスネアをリッチな音へ

ミックスの中で場所が定まらず、重みやインパクトのあるフレーバーが足りないスネア。 録音や提供されたサウンドが素材として何か物足りない。こんな問題を解決する4つのヒントをご紹介します。スネアドラムの音が

Mix with Waves 「ミックスの前に」 編
Mix with Waves 「ミックスの前に」 編

どうして「ミックス」なんて作業が必要なのでしょう。

関連製品

Vocal Production
Vocal Production

チューニング、ピッチシフト、ベンド、シンセサイザー、ミックス、エフェクトの追加など、最高のボーカルサウンドを実現するために、ビヨンセ、ドレイク、ビリー・アイリッシュなどのアーティストに使用されているプ

41,800
Eddie Kramer Drum Channel
Eddie Kramer Drum Channel

ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリン...ロックが市民権を得る時代に生まれたレコードに共通しているのは、最もミックスに頭を悩ませる楽器であるドラムの音が普遍的な美しさを持っているという

4,400
Electric 200 Piano
Electric 200 Piano

スティービー・ワンダー、マービン・ゲイ、クイーン、レイ・チャールズ、ピンク・フロイド、スティーリー・ダン、稀代のアーティストたちが愛された、モデル200のエレクトリック・ピアノ。その刺激的で唸るようなリ

3,630
Aphex Vintage Aural Exciter
Aphex Vintage Aural Exciter

Aphex Vintage Aural Exciterプラグインは、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ジェイムス・テイラーを初めとする多くのアルバムを手がけ、オリジナルのAural Exciterを知り尽くしたエンジニア、Val Ga

4,400
API 2500
API 2500

API 2500はAPIパンチ感とAPI独自のトーンを得られる、ダイナミクス・プロセスツールです。デュアルチャンネル・デザインにより、API 2500は1つのコンプレッサー設定で2つの独立したモノ・チャンネルとして動作させる

4,400
Butch Vig Vocals
Butch Vig Vocals

ニルバーナ、スマッシング・パンプキンズ、フー・ファイターズ、グリーン・ディ、そして彼自身のバンド、ガービッジ。近年のロックの潮流に影響を与えた数々のアルバムをプロデュースしてきたButch Vigは、ロックの

4,400
C1 Compressor
C1 Compressor

コンプレッション、エキスパンジョン、ゲート処理まで対応する、フル機能のダイナミック・フィルタリング・プロセッサーです。

3,630
C4 Multiband Compressor
C4 Multiband Compressor

C4は、マルチバンド・ダイナミクス・プロセッシングのパワーハウス。あらゆるダイナミクス処理をマルチバンドで解決します。4バンドのエクスパンダー、リミッター、コンプに加え、ダイナミックEQとスタンダードなEQ

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube