検索
プラグインチェインを活用して作曲やミックスの作業効率アップ!WAVESの無料プラグイン「Studio Rack」をレビュー!

プラグインチェインを活用して作曲やミックスの作業効率アップ!WAVESの無料プラグイン「Studio Rack」をレビュー!

「Studio Rack」は、所有しているプラグインを読み込んで自分だけのエフェクトを組み合わせたプラグインチェインが作れるWAVESの無料プラグインです。新たに公開されたStudio Rack V14ではサードパーティ製のVST3プラグインも使用できることに加え、Parallel Split機能やMulti Band Split機能など多彩なエフェクト処理ができるなど多くの魅力を備えています。

2022.10.27

Studio Rackのスロットには最大8個のプラグインを設定でき、プラグインチェインプリセットとして保存可能。DAWの種類を問わず、同じ設定を読み込んで使えます。

WAVESプラグインと他社プラグインを組み合わせたプラグインチェインの作成はもちろん、マルチバンド処理やパラレル処理のルーティングにも対応するなど使い勝手がグンとアップしています。


Studio Rackを活用することでMIX時の作業効率がアップしたり、作曲時のアイデアを円滑に形にしていけます。

この記事では、最新バージョンにアップデートされたWaves「StudioRack V14」を使ってみた感想と、作曲時&ミックス時に便利だと感じたポイントをお伝えしていきます。

StudioRackの主な特徴・便利な機能

そもそもDTMにおけるプラグインチェイン(エフェクトチェイン)とは、1つのトラックに複数のプラグインをインサートした状態(プラグインが鎖で繋がっているようなイメージ)を指します。

Studio Rack

一般的なDAWのトラックでは、エフェクトスロットの上から順にプラグインが読み込まれ、音の加工やミックス処理がされていきます。

信号が上から下へと流れていく関係上、プラグインをインサートする順番によってエフェクトのかかり具合が変わり、用途によってプラグインをインサートする順番は様々です。

DTMの経験を積んでいくと「ドラムの各パーツ用」「ボーカルミックス用」「バストラック用」「マスタリング用」などで、いつも使用するプラグインが増えていきます。

円滑なミックス・音作りをするために、DAWに備わっているプラグインチェインのプリセット機能を活用している人も多いのではないでしょうか。

Studio Rack

例えば、筆者が普段使用しているDAWのLogic Pro Xには好きなプラグインを読み込んで保存しておけるチャンネルストリップ設定の保存機能があります。

お気に入りのプラグインチェインを保存しておけば、別のトラックや別プロジェクトでいつでも呼び出せる機能です。

また、Ableton Liveにもエフェクトチェインを組んだトラックプリセットを保存しておける機能や、内蔵エフェクトを使った自分好みのプラグインチェインが保存しておけるAudio Effect Racksのようなプラグインもあります。

こちらはAudio Effect Racksの画像です。

Studio Rack

Audio Effect Racksはマルチバンド処理やパラレル処理、マクロ設定にも対応していて柔軟なルーティングができます。

このようにDAWにはプラグインチェインやトラックの保存機能がありますが、不便な面もあります。

といった点です。

そこで注目したいのが、今回ご紹介するWAVESのStudio Rackです。

Studio Rackを使えばお気に入りのプラグインチェインを別のDAWでもすぐに再現可能。

サードパーティのVST3にも対応しているので、プラグインの仕様に縛られることなくプラグインチェインを扱えます。

また、プラグインチェインのプリセットを保存・読み込むだけではない便利機能がStudio Rackには備わっています。

DTMの効率アップに役立つプラグインチェインの保存機能

Studio Rackの主な特徴&便利な機能は、

などがあります。

基本的には、普段よく使うコンプやイコライザーなどの組み合わせを登録して、自分だけのチャンネルストリップとして保存できるエフェクトチェイン用ラックというイメージです。

オリジナルのエフェクトチェインをプリセットとして保存しておくことで、毎回個別にプラグインを立ち上げて設定をし直す手間が省けるので、作曲時・MIX時の作業効率アップに繋がります。

また、WavesのSoundGrid Studioを組み合わせることでプラグイン処理をSoundGridサーバーに移すこともできます。

プラグインによるCPU負荷を軽減させられるので、大規模なプロジェクトファイルを扱う際も快適な制作環境が作れます。

StudioRackの基本的な使い方

※Mac環境での使い方の解説となります。

StudioRackの使い方は非常にシンプル。

オーディオトラック・インストゥルメントトラック・AUXトラックなど任意のトラックのエフェクトプラグインスロットにStudio Rackをインサートします。

インサートすると下記の画像のようにStudio Rackが表示されます。

Studio Rack

画像左の「RACK」、「MACRO」、「ALL」という文字をクリックするとUI(ユーザーインターフェイス)が切り替わります。

上記の画像は「RACK」というプラグインを読み込む8つのスロットが用意されたUIが表示された状態です。

「MACRO」をクリックすると、下の画像のように読み込んだ各プラグインのパラメーターをアサインしてコントロールできるマクロ設定のUIに切り替わります。

Studio Rack

「ALL」をクリックするとその他の隠れているUIが表示されます。

Studio Rack

各セクションの用途は次の通り。

  1. メニューウインドウ(プリセットの読み込みや保存などのメニューが開く)
  2. インプットボリュームの調整
  3. 各UIの切り替え
  4. プラグインのパラメーターがアサインできるマクロ
  5. プラグインを読み込むスロット
  6. アウトプットフェーダー・ゲインリダクションメーター

基本的には「RACK」を使って使用するプラグインを読み込んでから必要に応じてマクロをアサインして使います。(アサインは使用しなくてもOK)

では、実際にStudioRackでのエフェクトチェインを組む流れをご紹介します。

StudioRackを立ち上げ、下の画像のエフェクトスロットのウインドウをクリック。

Studio Rack

ウインドウが開くとパソコン(MAC)にインストールされているプラグインが表示されます。

Studio Rack

ウインドウの上部から順に、

が表示されるので、WAVESプラグインのカテゴリやVST3から使いたいプラグインを選びます。

Studio Rack

検索はリストから選ばなくても、青い検索ウインドウからプラグイン名を入力してもOKです。

Studio Rack

今回は、ドラムバスで使うためのプラグインを選び、エフェクトチェインを組んでみました。

Studio Rack

今回組み込んだプラグインは上から、

という並びです。

このエフェクトチェインをプリセットとして保存しておくと、Studio Rackを立ち上げればいつでも呼び出して使えます。

プリセットの保存方法

気に入ったエフェクトチェインができたらプリセットとして保存しておきましょう。

1)メニューウインドウを開く

プリセットの保存方法はUIの左上のメニューウインドウ(画像ではA:Full Resetと書かれている箇所)をクリックするとプリセット管理のウインドウが開きます。

Studio Rack
2)Save Asで保存

ウインドウが開いたら下の画像のように「Save As…」をクリック。

Studio Rack
3)プリセットの名前を決めて保存

プリセットとして保存するエフェクトチェインに任意の名前を付けます。

Studio Rack

キック用ならKICK1、ドラムバスならDrumBus1など、管理しやすい名前にしておくと良いですね。

名前が決まったら保存ボタンをクリックします。今回は「Drum_Bassic」という名称で保存しました。

Studio Rack

保存が完了するとすぐにプリセットウインドウのUser Presets下に並びます。

Studio Rack
4)保存したプリセットの場所

保存したプリセットは、Wavesフォルダの「Plug-in Setting」→「StudioRack User Presets」に収納されています。

Studio Rack

また、プリセットフォルダをチェックしたい場合は下の画像のようにメニューウインドウ内の「show User Presets Folder….」をクリックすればすぐにプリセットフォルダにアクセスできます。

Studio Rack

StudioRackはココが便利!注目の機能

StudioRackはエフェクトチェインを繋ぐラックとして十分な機能を備えながら、初めて利用する時でも迷わず使えるシンプルさが魅力。シンプルな操作性でありながらクリエイティブな使い方にも対応してくれることも大きな魅力です。

ここからは筆者が実際にStudioRackを使ってみて便利だと感じた機能をご紹介していきます!

バージョン14でサードパーティVST3プラグインに対応!

StudioRackのバージョン14ではWAVES以外のサードパーティVST3プラグインも使用できるようになり、使い勝手が格段に良くなりました。

筆者の制作環境では、WAVESのプラグインと他社のプラグインを組み合わせて使うことが多く、このチェインをプリセットとして保存しておけるようになったことは非常に便利だと感じます。

Studio Rack

上の画像はPlugin Allianceのチャンネルストリップ「bx_consol N」とWAVESのイコライザー「Q10」、Native Instrumentsのトランジェントシェイパー「Transient Master」を立ち上げたもの。

ここからさらにトラックごとの音に合わせて、エフェクトを追加したり順番を入れ替えるなどして使います。

Studio Rack

また、上の画像のようにAUXトラックでリバーブを使う時にも便利です。

サードパーティ製プラグインのリバーブと、残響音の周波数を処理するためのイコライザーを立ち上げたプリセットを用意しておいても良いですね。

VST3プラグインの読み込み方法

StudioRackをインストールしたあと、DAW内でStudioRackを初めて立ち上げた時にVST3プラグインのスキャンが行われます。

スキャンが終了したらプラグインリストにVST3に対応したプラグインが並びます。

Studio Rack

「RACK」のエフェクトスロットをクリックするとインストールされているVST3プラグインのリストが表示されるので、使いたいプラグインをインサートしましょう。

Studio Rack
Parallel Split機能でクリエイティブな音作りができる!
Studio Rack

StudioRackの大きな特徴の一つが、Parallel Split機能です。

DAWなどで使用しているエフェクトチェインは上から下に信号が送られて処理が行われていますが、この信号の流れを並列にすることで、原音の質感を活かしながらエフェクト効果をブレンドした音作りやモノ・ステレオ・M/Sでの処理が行えます。

Parallel Splitモードの使い方も簡単です。RACKのエフェクトスロットからParallel Splitを選択すると、下のような2つのスロットを備えたチャンネルが表示されます。

Studio Rack

各チャンネルではStereo、Left、Right、Mid、Sideを指定して処理ができます。

並列処理は最大8チャンネルまで。各トラック最大8つまでプラグインのインサートが可能です。

Studio Rack

Parallel Split機能では、パラレルコンプレッションも簡単に行なえます。

パラレルコンプレッションとは、コンプをかけたいサウンドの信号を2つに分割して「圧縮されていない原音」と「過激に圧縮されたコンプサウンド」をブレンドする手法です。

パラレルコンプレッションによって原音のアタックや輪郭を保ちながら激しく圧縮された音がプラスされるので、通常のコンプサウンドとは違ったコンプ感とダイナミクスが両立できます。

Parallel Splitを使ってドラムの音作り

今回は、並列処理の定番「パラレルコンプレッション」を使用しつつ、ドラムトラックの音作りをしてみました。

ドラムトラックは「AddictiveDrums2」のStudio Progを使用しています。

まずはParallel Split機能を使用していないAddictiveDrums2のデモサウンドです。

この音に対して、

というエフェクトチェインを組みました。

通常であればコンプから順番に直列で処理された信号になりますが、Parallel Splitはそれぞれの音が分割されているので、原音とエフェクトがかかった音の調整が細かく調整できます。

今回は原音に張りを出しつつ、重心を下げてナチュラルな歪みをプラスという方向性でブレンドしています。

Studio Rack

ここまでの処理でできた音がこちらです。

原音のキャラクターは変えずに各エフェクトの効果をプラスできました。

原音に、「コンプをかけたチャンネル」や「エンハンサー・サチュレーターをかけたチャンネル」などをブレンドできるので、原音を活かしながら攻めたキャラクターに変えることも簡単です。

また、下記のような使い方もできます。

など、他にも自由なルーティングが可能。アイデア次第で様々な局面で使えます。

さらに、M/S処理やL/Rの処理もできるのでマスタリングチェインとしても活躍してくれます。

Multi Band Split機能で帯域別の処理も簡単!
Studio Rack

StudioRackのもう一つの便利機能が1つの信号に対して周波数帯で分けてエフェクト処理ができる「MultiBand Split」です。

ドラムやギター、ベース、ボーカルのミックスではマルチバンド処理が役立つ局面が多いのでミックス時に活躍してくれます。

例えば、MultiBand Splitを使えば自分の好きなコンプレッサーを複数組み合わせて、独自のマルチバンドコンプとして使うといったアイデアも形にできます。

MultiBand SplitモードはRACKのエフェクトスロットからMultiBand Splitを選択すると下の画像のような2つのスロットを備えたチャンネルが表示されます。

Studio Rack

上の画像では2つのチャンネルの中央に92Hzと表示されていますが、この場合は92Hzで信号を分割している状態です。

Studio Rack

MultiBand Splitは最大5チャンネルまで対応。各チャンネル8個のエフェクトスロットが用意されていて、各チャンネル間の周波数範囲を調整することで処理したい帯域別にエフェクトがかけられます。

MultiBand Splitを使ってベースの音作り

今回はベーストラックにMultiBand Splitを使って音作りをしてみました。

ベーストラックにはToontrack社のEZbassを使用しています。

まずはMultiBand Split機能を使用していないEZbassのデモサウンドを聞いてみてください。

この音に対して、今回は3つの帯域に分けて処理をしました。

というエフェクトチェインを組みました。

原音にもう少しコシのある安定感と中域の輪郭を押し出して、高域にザラついた質感をプラスするイメージでエフェクトチェインを組んでいます。

Studio Rack

ここまで処理した音がこちらです。

原音にざらついた質感が加わり、輪郭がハッキリとしました。

マルチバンド処理は様々な局面の音作りで使用する機会が多いと思います。

一般的なマルチバンドプラグインの場合、プラグイン内の機能やサウンドキャラクターのみが適用されるのに対して、StudioRackのMultiBand Splitは自分の好きなプラグインをルーティングして処理できる柔軟さが魅力だと思いました!

マクロ設定が簡単!
Studio Rack

StudioRackでは、スロットにインサートしたプラグインやStudioRackのコントロール部分をMACROノブにアサインして操作できます。

エフェクトのかかり具合やインプットボリュームの調整など、エフェクトチェインでよく使用するコントロールをアサインしておくと便利です。

また、アサインしたマクロはDAWのオートメーションにも対応しているので、フィルタリングのオートメーションもできます。

マクロの設定方法

マクロの設定は非常にシンプル。

UI左のマクロボタンを押すと「MACRO」ページが表示されるので、1から8の好きな箇所にコントロールしたいパラメーターをアサインします。

Studio Rack

例えば、MACRO1にアサインする場合はMACRO1の箇所で右クリックを押すとアサインできる項目が表示されます。

Studio Rack

今回は、WAVES Q10のBand5フリケンシーをアサインしたいので、S2(スロット2):Q10 → Band 5 Frqをクリック。

Studio Rack

さらにMacro2にQ10 Band5のゲインをアサインするために、S2(スロット2):Q10 → Band 5 Gainをクリック。

Studio Rack

これで2つのマクロで周波数とゲイン調整ができるようになりました。

Studio Rack

また、マクロノブの下に配置されている「ASSIGN」ボタンを押してもマクロのアサインができます。

Studio Rack

「ASSIGN」ボタンを押した後に、アサインしたいマクロノブをクリックすると横の数字が点灯します。下の画像ではMACRO4のマクロノブをクリックしました。

Studio Rack

その後、プラグインのアサインしたいパラメーターをクリックすれば設定終了です。

下の画像ではSoftube社のSaturation knobのサチュレーション量を調整するコントロールをアサインしました。

Studio Rack

右クリックでパラメーターを指定するよりも簡単なので、ミックス作業をしながら「このパラメーターをコントロールしたいな」という時は「ASSIGN」ボタンからMACROを直接設定するのも良いですね。

設定したマクロはMACROスロットの「EDIT」から情報がチェックできます。

Studio Rack

「EDIT」ボタンを押すと、現在アサインされているプラグインやパラメーターの情報、マクロノブを動かした時のコントロール範囲が確認できるので必要に応じて調整しましょう。

Studio Rack
170種類以上のファクトリープリセットも用意されている!

StudioRackは自分で好きなエフェクトチェインを組めるだけでなく、様々シーンで使えるエフェクトチェインプリセットが170種類以上用意されています。

ベーシックな音作りに使えるものから、有名エンジニアが作ったものまで用途に応じて選べます。このプリセットからスタートして、自分好みにプラグインを組み替えていくのも良いですね。

チェインプリセットは下の画像のようにUI左上のメニューを開くと「Factory Presets」の下に並んでいます。

Studio Rack

また、プリセットウインドウ内の「Preset Browser」をクリックするとStudioRackに収録されているプリセットリストを別ウインドウで表示することもできます。

Studio Rack

ファクトリープリセットにはドラムやベースなど楽器カテゴリやアーティストプリセットなど、用途に応じたものが用意されています。

Studio Rack

ファクトリープリセットで使われているWAVESプラグインの中で、自分が所有していないものは下の画像のように表示されます。

Studio Rack
別のDAWでもエフェクトチェインの共有ができる

StudioRackで保存したプリセットは、StudioRackがインストールされている他のDAWでも読み込むことができます。

例えば、Logic Pro Xで作成したプリセットをAbleton Live 11で読み込んで使うといったことも可能です。

Ableton Live 11のVSTフォルダからStudioRackを選択します。

Studio Rack

StudioRackが立ち上がったら保存したプリセットを読み込みます。

Studio Rack

Logic Pro Xで作成した「Drum_Bassic」というプリセットを選択します。

Studio Rack

Ableton Live 11でも同様のエフェクトチェインが瞬時に呼び出せました。

Studio Rack

筆者の場合、作曲をAbleton Live 11で行い、ミックスをLogic Pro Xで行うといったケースもあるので、この時に曲の雰囲気に影響を与えるプラグインチェインをそのまま移動して調整できるのは便利だと感じました。

他には、下記のような状況下でも利便性を感じられます。

同じプラグインを所有している必要はあるものの、上記のような状況下でも活躍してくれます。

まとめ

StudioRackを使う前は、「DAWに備わっているトラックやエフェクトチェインの保存機能が既にあるので使い所はあるのか?」と、StudioRackの活用法をイメージできていませんでしたが、実際に使ってみるととても便利。

無料プラグインとは思えない充実した機能を体験できました。

StudioRackはWavesアカウントを持っていれば誰でも無料でダウンロードできるので、作業効率アップをしたい人は試してみてください!

 


DAW HACK(ダウハック)

作曲家・トラックメーカーとして活動中のプラグインオタク。
DAW・プラグインを中心におすすめのアイテムを紹介するメディア「DAW HACK」を運営しています。

定番プラグインからマニアックなプラグインのレビューや、ヘッドフォン・オーディオインターフェースなど周辺機器もご紹介。
DAW HACK

人気記事

ヘッドフォンで正しいミックスを行うには?
ヘッドフォンで正しいミックスを行うには?

ヘッドフォンは比較的手頃な価格でコンパクトに持ち運びができるため、場所を問わず制作やレコーディング、ミックスなどを行うことができます。しかし、ヘッドフォンはミックスや制作で音を決める際に、十分な音響的

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

人気製品

BB Tubes
BB Tubes

さまざまなボーカルや楽器の音が、いまだかつて聴いたことのない「スピーカーから飛び出してくる存在感あふれるサウンド」に生まれ変わります。繊細な音から攻撃的なアナログの倍音まで、BB Tubes はあなたのミック

3,630
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

48,400
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

4,400
Nx Virtual Mix Room over Headphones
Nx Virtual Mix Room over Headphones

Waves Nxは、Wavesが開発した革新的テクノロジーにより、自然な奥行き、反射、広がりのあるステレオ音像といった、実際のスタジオでスピーカーを通したような音響空間をヘッドフォン上に再現し、ヘッドフォンを確か

4,400
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

28,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

4,400
Lil Tube
Lil Tube

リッチな真空管を通したサウンドならではの「太さ」「キャラクター」「歪み」をトラックに追加します。Lil Tubeは、伝説の真空管プリアンプをカスタム可能にしたアナログ・サウンドで、DAWに新たな体験を提供します

FREE
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

14,300
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube