検索
ラウドネスメーターを使いこなそう!

ラウドネスメーターを使いこなそう!

オーディオ信号の測定は、トラックメイク、ミキシング、マスタリングにおいて最も重要な部分と言っても過言ではありません。オーディオ・メーターの疑問を解き明かし、どのメーターをいつ、どのように使うべきかを知り、正確に作業できるようにしましょう。
レコーディングチェーンの中で最も重要な部分はどこでしょうか?マイク、それともマイクプリ?DAW?スピーカーやアンプはどうでしょう?
正解は、上記のどれでもありません。実は、メーターが最も重要なのです。
驚きましたか?考えてみてください。正確なレベル測定がなければ、入力トリムの設定ができず、信号にノイズ(さらに酷いときには歪み)が発生する可能性があります。また、システムがいつクリッピングを起こしているかもわかりません。メーターがなければ、ゲインリダクションのプラグインがどれだけ効果的に信号を抑制しているのか。また、マスタリングのために適切に構築されたミックスを見極め、提供することもできないでしょう。
この記事では、オーディオメーターの謎を解き明かし、どのように使用するのがベストなのかを説明します。

2021.05.11

よく使われてきたメーター


アナログ録音の時代には、メーターはオーディオのレベルを表すものとして電気的なレベルを表示していました。一般的に使用されているメーターには3つの基本的なタイプがありました。

LUFS(Loudness Units Full Scale )


現代のデジタル技術は、従来のメーターと組み合わせて(またはその代わりに)使用できる代替的なタイプのメータリングを可能にしています。例えば、人間の耳は異なる周波数での音に対する感度が変わります。(例えば、中域周波数の音量変化を低域と高域よりも鋭く知覚します。)そして、旧式のレベルメーターは周波数レンジで音量を区別できません。これを考慮して、LUFS("Loudness Units Full Scale "の略語)と呼ばれる全く新しい測定スケールが作成され、平均レベルやピークではなく、実際にどのようにラウドネスを知覚するかを計算にいれています。

VUやPPMメーター(それぞれdBVUとdBFS、"FS "は "Full Scale "の略)とラウドネスメーター(LUFS)で使用される測定単位には大きな違いがあることを認識しておくことが重要です。さらに、Waves WLM Plus Loudness Meterのようなラウドネスメーターは、抽象的な針の揺れやセグメントライトの代わりに、実際の数値表示を提供します。

LUFSスケールは、チャンネル間や、番組からCMへ行く際に統一された音量になるよう法律によって基準を義務付けられている放送テレビ業界で広く使用されています。 また、ビデオゲームやオンライン配信システムでも使用されています。ゲーム会社によっては、音楽トラックのミックスが定義されたLUFSレベル内に収まるように指定することで、他のゲームサウンドとのバランスが取れるようにしています。

タイムスケールを知る


現代のラウドネス測定におけるもう一つの重要なコンセプトは、測定のタイムスケールです。音響心理学の法則では、私たちは音の一瞬のピークではなく、一定時間の平均値からラウドネスを知覚するとされています。言い換えれば、(たとえ高いレベルであっても)非常に短い過渡的なバーストはラウドネスの知覚にあまり影響を与えませんが、半秒以上続く同様のバーストは大きな影響を与え、実際に不快感を引き起こす可能性があります。

過去数年の間にいくつかのタイムスケールが提唱され、標準化されてきましたが、その中でも最も一般的なものは以下の通りです。

gainstagingtips

メーターをもっと使いましょう!


最良のアプローチは、用途やレコーディング、ミキシング、マスタリングしている音楽に最適なメーター・タイプ(またはメーター・タイプの組み合わせ)を見つけることです。例えば、ホームスタジオでデモを録音する場合、過負荷を回避し、十分なヘッドルームを確保するためには、シンプルで正確に校正されたVUメーターが必要な場合があります。より正確さが必要な場合、例えばマスタリングや商用リリースの作業をしている場合は、Dorrough StereoDorrough Surroundをお勧めします。究極のクリップ回避と全体的なラウドネスの正確な測定のために、WLMは、最も要求の厳しいミキシング、マスタリング、放送のセッションでも必要とされるすべてのメータリングツールを提供します。

そして、使用するメーターの種類を1つに絞る必要はありません。様々な場面で最高のものを選んでください。結局のところ、あるタイプのメーターでは信号がある方向に見えても、別のタイプのメーターでは全く違う方向に見えてしまうことはよくあります。例えばタンバリンのような一過性のパーカッシブなサウンドは、通常、反応の遅い VU メーターではわずかな動きしかしませんが、 PPM メーターが飛び跳ねていても比較的静かに聞こえます。

使用するメーターのタイプが決まったら、シグナルチェーンの最後だけでなく、必要と思われる場所にメーターをインサートしてください(例えば、コンプレッサーやリミッターなどのダイナミクスプロセッサーのプラグインの前と後の両方にメーターがあると便利です)。

そして最も重要なことは、レコーディング、ミックス、マスターを行う際に、頻繁にメーターをチェックすることです。これが、正しいゲインのステージングを維持し、オーディオをクラッシュさせないための鍵となります。


いかがだったでしょうか。

ラウドネスメーターを見慣れない方は、一見何を指し示しているのわからないですよね。今回の記事でどのパラメーターが何を計測しており、自分の用途に合わせて適切なメーターを選ぶ知識が着いたと思います。基準であるメーターの知識が着いたところで、早速作品に落とし込んでみましょう。

早速デスクに向かって制作を始めましょう。

関連記事

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン
ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン

時間とエネルギーは貴重な資源です。「時は金なり」という言葉、これは人生のほとんどの局面で当てはまり、音楽制作やミキシングも例外ではありません。作業に費やす時間が本当に貴重であるならば、使用するツールや

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,356
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

36,300
PuigTec EQs
PuigTec EQs

PuigTec EQP-1A Pultec EQP-1Aは同じ周波数を同時にブースト/カットするユニークな機能を使用してレゾナンスシェルフを作り出せることで有名です。PuigTec EQP-1Aはジャック・ジョセフ・プイグが手がけた、ウィーザ

3,630
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

4,686
J37 Tape
J37 Tape

J37テープ・サチュレーション・プラグインは、WavesとAbbey Road Studiosの協力によって誕生したテープ・サチュレーション・プラグインです。現代音楽の偉大なマスターピースの録音に使われてきた機械そのものを正確

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube