検索
これさえあればボーカルは完璧、なツールボックス</br>「Vocal Production」

これさえあればボーカルは完璧、なツールボックス
「Vocal Production」

ボーカル処理は多くの方の悩みのタネ

 

WAVESは現在220種以上のプラグインを取り揃えていますが、その中で最も人気があるのはボーカル処理に関わるツール。お問い合わせでも「ボーカル処理に使いたいのですが、オススメはどれですか?」といったご質問も多く寄せられます。  

ボーカルに必要な処理はたくさんあります。邪魔な音を消す、ピッチを修正する、いらない帯域を削る/欲しい帯域を加える、音量のばらつきを抑える、トラックに埋もれない/出過ぎないようにする。この辺まではベーシックな処理。  

これに加えて、クリエイティブな加工も近年ではメジャーなボーカル処理の1つでしょう。ボコーダーのような声を合成したり、ダブルにしたり。近年はボーカルのクリエイティブな加工も、楽曲の魅力の1つとなっているケースが多いですね。

2022.03.18

もう、ボーカル処理に悩まなくていい

WAVESがリリースしているVocal Production。これにはWAVES厳選の「ボーカル処理」に特化したプラグインが15種、収録されています(中にはボーカル以外にも超使えるプラグインもありますが、この記事ではボーカルの側面からお伝えいたします)

このVocal Productionさえあれば、しばらくはボーカルの処理に悩み・迷いはなくなることでしょう。


邪魔な音を取りたい

ボーカルのレコーディング時にどうしても入ってしまうのが、ブレス(息継ぎ)と歯擦音(サシスセソ)のピーク。Vocal Productionには3つの対策ツールが入っています。

DeBreath

DeBreathはその名の通り、ボーカリストの息継ぎの「フッ」とか「スッ」という音だけを抑える・または消し去ることができます。操作もほぼ1フェーダーだけ。波形を見ながら手動でも同様の作業はできますが、これがあれば約10秒でブレスの音は思いのままです。

Sibilance

歯擦音(主に、さしすせそ、で発生)する音は、マイクに乗ったときにやけにうるさく聞こえてしまうので、通常はディエッサーというツールを使って抑えます。Sibilanceは一歩進んだ歯擦音抑えツール。入力された波形を見ながらグラフィカルに歯擦音を抑えることができます。

Renaissance DeEsser

上のSibilanceの他に、一般的なディエッサーも収録しています。リリースから20年以上の月日が経つこのディエッサー、おそらく今もなお"世界中で最も稼働しているディエッサー"と言っていいでしょう。Sibilanceに比べて少しヴィンテージボックスを通したような質感にもファンが多いツール。


ピッチを修正、補正したい

WAVES Tune Real-Time

細かい設定とか一音一音の調整なんかしたくない。ざっくり曲のキーに合わせてピッチ補正してくれればいい。そんな時はTune Real-Timeです。ほとんどピッチがずれていないテイクなら、インサートするだけでもう「いい感じ」になるでしょう。曲のキーとスケールを指定してあげれば、思った感じに仕上がると思います。

Tune / Tune-LT

上のTune Real-Timeはグラフ編集などがないリアルタイム処理であることに対して、TuneとTune-LTは「一度ボーカルトラックを読み込ませる(インサートして一度再生するだけで自動的に読み込みます)」タイプのピッチ補正ツール。一音一音単位で編集もでき、極端に違うメロディに加工してしまうことだってできます。グラフィック編集が可能なので、「Aメロは補正弱め、Bメロはガッツリ補正、サビはロボットのようなケロケロ加工」みたいなこともOK。

WAVESのピッチ補正ツールは、音程を変えたときに声質が変わってしまうことを極限まで抑えた、高音質型のピッチ補正ツールです。


レベルのばらつきを抑えたい

R VOX / Renaissance Channel

レベルのばらつきを抑えて聞きやすく処理するには、コンプレッサーです。 ボーカルは最も繊細な「楽器」だからこそ、本来は超精密にいくつものパラメーターを設定してあげないと破綻してしまうものですが、R VOXで触るパラメーターは(ほぼ)たったの1スライダーだけ。下げれば下げるほどばらつきが抑えられ、ボーカルがグンと前に出てきます(背後では、WAVES独自のアルゴリズムでボーカルに適したコンプを自動設定でかけてくれています)

Renaissance Channelは、そんなR VOXとEQほか複数のツールが1プラグインとなったツール。ヴィンテージトーンで定評のあるEQとR VOXを組み合わせて音作りしたいときに便利なプラグインです。とても定番のチャンネルストリップ(EQ/コンプまとめプラグイン)なので、長い相棒となってくれることでしょう。

Renaissance AXX

これ、もともとはギター用のコンプとして登場したプラグインなんです。コンセプトはR VOXと一緒で「ほぼ1スライダーでギターがいい感じに整う」というものなのですが、どうやらあるエンジニアが「リズムの速い曲、ラップとかアタックを強調したい曲にAXXを使ったらすげーいい!」ということで、Vocal Productionに入ることとなりました(機材の世界には、ときおりこう言った開発者の意図と違う形で評価されるものが登場します)

Vocal Rider

WAVESの中で長年にわたりヒットプラグインとなっているのが、このVocal Rider。オケの中でボーカルが埋もれたり、出過ぎたりしないように一定のレベルに自動調整してくれるプラグイン。また、ボーカロイド系の声にも有効で、より自然な仕上がりになると評判。ボーカルトラックの最後には、必ずインサートしておきたいプラグインです。


エコーやリバーブは、プリセットが多い方がいい

True Verb

広いホールで歌っているかのような広がり感、小規模のバーで歌っているかのような密室感、オケとの馴染みのために付けたいうっすらリバーブ。どんなリバーブであっても、TrueVerbなら完璧です。もはや「デジタル・ヴィンテージ」ともいえるほど長きに渡って使われているリバーブですが、このリバーブは数千・数万にも及ぶ楽曲で使用されてきた、安定・安定のリバーブです。

Super Tap

エコー(やまびこ)をつけたいなら、SuperTapにおまかせ。最大6つの独立したディレイで、それぞれの質感や出てくる位置(左右)、出てくる順番なども細やかに設定ができます。それはさておき、プリセットも豊富なのでこの中から選ぶだけでもほとんどのジャンルに対応できることでしょう。雰囲気づくりからド派手なダンスナンバーの強烈なエコーまで。どんなものにも対応します。


ボーカルも積極的に加工したい!

Doubler

印象的なボーカルを作るために、同じボーカルを2回重ねる(ダブル)のは昔から使われてきた手法です。このDoublerは、そのダブルを1つのボーカルトラックから作り出すためのプラグイン。揺れやタイミング、左右の場所なども細かく指定できるので、自然なダブルトラックを作ることができます。特におすすめはコーラスのトラックにまとめてかけ、左右に思い切り広げること。一歩奥にいながら、楽曲を支えるコーラスを作ることができます。

Vocal Bender

近年、特に海外の曲でボーカルを加工した音がアクセントやフックになっているものが多くリリースされています。ピッチを極端に上げ/下げしてみたり、小さい子供のような声になったり。このVocal Benderは、そんな「ボーカルの加工」を最小ステップで行えるツール。「自分の声をちょっと太く」「だんだん子供っぽいボーカルにモーフィングしていく」「一定の音程に固定して、メインボーカルにうっすら混ぜてロボット風に」....とにかく声を加工したくなったら、Voval Benderがあれば大丈夫。

OVox Vocal ReSynthesis

もしも自分のボーカルがボカロみたいなロボット風に加工できたら?自分のボーカルにロボットボイスでハモリをつけたい、自分の声を自分じゃないみたいなレベルで加工したい。声を再合成(=ReSynthesis)したいなら、OVoxです。

さらにOVoxは、声の入力でシンセサイザーを奏でることも可能(多少音が外れても大丈夫、正確なピッチで鳴らしてくれます)ベース、コード、リードシンセ、パッド、リズムでさえもボーカルだけで作ることだってできるのです。

声とマイクとOVoxさえあれば、フルトラックを作ることだってできてしまうでしょう。


このようにVocal Productionには「声にまつわるあらゆる処理」をこの1パッケージだけで行うことができます。また、これらのプラグインを使った記事やセミナーなどは膨大にストックされていますので、いつでも学ぶことも可能です。

ボーカルトラックをハイクオリティに仕上げて、ご自身の曲を世界に発信しましょう!

関連記事

Nxシリーズアップデート。270種のヘッドホン補正プロファイルを追加
Nxシリーズアップデート。270種のヘッドホン補正プロファイルを追加

270以上の新しいEQ補正プロファイルがWaves Nxプラグインシリーズに追加され、AKG、Audio-Technica、Beyerdynamic、Sennheiser、Sony、Focal、Audeze、その他多数のブランドの有名ヘッドフォンモデルに対応しました

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

Waves Harmony
Waves Harmony

1つのボイスから最大8つのボイスを生成して、すぐにボーカルハーモニーを作ることができます。夢のボーカルプロダクションを作りましょう。それぞれのボイスの個性と質感を簡単にカスタマイズできます。ピッチ、フォ

5,830
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

35,200
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

50,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

5,170
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

26,400
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

7,260
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

5,830
Vitamin Sonic Enhancer
Vitamin Sonic Enhancer

マルチバンド・ハーモニック・エンハンサー Waves Vitaminはマルチバンドのハーモニック・エンハンサー/トーン・シェイピング・プラグインです。トラックのサウンドにパワーを与え、エンハンスされた音とオリジナル

5,170
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube