検索
Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表

Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト 結果発表

「Mix with WAVES - Ovall ミックスコンテスト」の結果発表!

2021.07.19

たくさんのご応募、ありがとうございました。

ゴールデン・ミックス・コンテストへ、多くのご応募をいただき、ありがとうございました。厳正な審査の結果入賞作品が決定いたしました。審査結果をここに発表いたします。

MIX WITH WAVS − Ovall ミックスコンテスト

ミックスコンテスト結果発表!

 

結果発表

Ovall賞

受賞者:Freewheel 様

賞品

Waves + Focal or Waves Live
Mercury Upgrade from any + Clear MG PRO or Mobile Server


審査員コメント
楽器のバランス感覚が良い。リバーブなどの空間の掴み方が音楽の世界観をきっちり作り上げている。ハイハットが別世界で鳴っている感じなど個性的でありながら自然に馴染み、攻めたミックスでありながらバンドの一体感がある。 - Ovall

mabanua賞

受賞者:大竹 広登 様

賞品

AMS Neve
1073SPX


審査員コメント
表現したい枠のなかでのバランスが完成されていた。リズムがタイトで自分が想定していたよりもさらにタイトにグルーブを感じられるミックスだった。 - mabanua

Shingo Suzuki賞

受賞者:HIROTA 様

賞品

FOCAL + Sonarworks
Shape 50ペア +Souind ID Reference


審査員コメント
ワイドレンジで品のあるミックス。重心が低くありつつも、スピード感が素晴らしい。シンセベース、キック、生のベースの存在感、バランスが世界観をきっちり表現していた。ソロ楽器の移り変わりのパン処理も良い。 - Shingo Suzuki

関口シンゴ賞

受賞者:FocalWaves 様

賞品

Positive Grid + Gamechanger Audio
Spark + Light Pedal + Plasma Pedal + Plus Pedal


審査員コメント
全体のサウンドの質感が心地よい。バランスもよく、ほどよくワイドすぎない処理が絶妙なバランス。チャレンジングなフィルター処理が攻めていて良い。ギターソロは「自分だったらこうするだろうな」という音にバッチリハマっていた。 - 関口シンゴ

課題曲/審査員 紹介

Ovall

Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴによるトリオバンド。
メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。
ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。
それぞれがソロ活動を活発化させるが、個々が多忙を極めたことが諸刃の剣となり2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。しかし「この3人ならではのアンサンブルが聴きたい」という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。
直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも行う。ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。


Ovall 公式サイト
http://ovall.net/

ミックスコンテスト課題曲

受賞者イチオシプラグイン & セッティング

Freewheel様

V-EQ4R-VerbH-delay

個々のトラックの音作りにはV-EQ4をメインに、エフェクトとしてはR-varbとH-delayをシリーズに繋げて使用したりしました。

大竹 広登様

Kramer Master Tape

オススメはKramer Master Tapeです。今回はキックやスネア、マスタートラックなどに挿してますが、それ以外でも本当に何にでも挿せると思います。暖かみやもう一味欲しいときに重宝してます。プリセットの「Kik in ur face」をよくキックに使っています。
Wavesのプラグインはプリセットが豊富なのでまずそれっぽい名前のプリセットを選んでみていい感じだったらそこから微調整していくといった使い方をよくしています。

HIROTA様

Q10 EqualizerMaxxBass

Q10 Equalizerをほとんどのトラックにインサートして音作りをして行きました。各楽器の良い部分がミックスの中でも発揮できるように、美味しいと思える部分をブーストして行きました。
MasterにインサートしたMaxxBassで、最後に少し足りないと思った低域を補いました。Freqは80Hz、MaxxBasssフェーダーを-4dBまで上げました。

FocalWaves様

V-EQ4

今回のイチオシのプラグインは「V-EQ4(V-EQ3)」です。普段、EQはRenaissanceEQを使うことが多いんですが、今回に関しては、ミックスの最初、Kickの音決めをする時に、どうしても自分的に納得のいく音にならなくて、他のEQやEddieKramerのシグネチャーを試したんですが、やはりどこか物足りなく感じてしまい、最終的にV-EQ4になりました。ちなみにV-EQのAnalogボタンは全てオフです。
以後、その他ほどんどのトラックもV-EQ4を使う事になりました。元々のプラグインとしてのキャラクターや周波数ポイントが制限されている分、思い切ったことをしても破綻しない音が出来ると感じています。

参加方法

STEP-1

ミックス素材をダウンロード

課題曲のマルチトラック素材はこちらからダウンロードいただけます。各オーディオファイルは開始位置を揃えて使用して下さい。

※ダウンロードした素材は本コンテストへのご応募にのみ使用して下さい。

STEP-2

ミックスする

2021年6月30日までにミックスを行ない、ステレオのmp3ファイル(VBRまたは最大256kbps)を用意してください。ミックスにはWaves Horizonに収録されているプラグインのみをご使用ください。

※Waves Platinumなど他のバンドルをお持ちでも、Waves Horizonに収録されているプラグインのみでミックスを行なっていただければご参加いただけます。

STEP-3

フォームからアップロード

2021年6月30日までに本ページ内の応募フォームより必要事項をご記入の上、ステレオのmp3ファイルをアップロードします。(mp3形式、VBRまたはサンプリングレート上限256kbps)。

※入賞された方は、最後にセッションファイルを別途お送りいただきます。セッションファイルは最後まで削除せずにお持ちください。こ応募はmp3ファイルのみで可能です。

STEP-4

入賞作品発表

2021年7月20日に本ページ上で入賞作品を発表させていただきます。また、入賞者の方には別途メールでご連絡させていただきます。入賞の際には、実際にミックスを行なったセッションファイルをお送りいただきますのでご用意ください。

過去実施したコンテストはこちら

お問い合わせ
本キャンペーンについてのお問い合せは以下にて承ります。

ウェブでのお問い合わせ
こちらのサポートフォームに必要事項を記入の上お問い合せ下さい。
ご返答に関しましては お問い合わせ内容により2営業日 (土.日.祝日.弊社定休日を除く) ほどお時間を頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。

お電話でのお問い合わせ
TEL 03-3477-1493
受付時間 10:30-12:00  13:00-17:00
(土.日.祝日.弊社定休日を除く)

注意事項


  • ミキシングは芸術です。勝者は審査員の主観的な基準に基づいて選択されます。
  • ダウンロードしたマルチトラック素材を本コンテストへのご応募以外の目的に使用しないでください。
  • ミックスした作品をSNS、ウェブサイト等にアップロードしたり、掲載することは禁止とさせていただきます。
  • ミックスの提出はお一人様1回限りとさせていただきます。
  • テンポ/キーの変更やアレンジを行わないでください。追加のサンプル、サウンド、またはインストゥルメントをミックスに追加しないでください。これはミキシングコンテストです。
  • 提出期限は、日本時間で2021年6月30日(水) 23:59までとなります。この期限後にご応募された作品はコンテストの対象外とさせていただきます。
  • ご当選された方には、弊社スタッフから直接ご連絡させていただきます。メールの送信後、7日以内に返信が無い場合は、受賞権利は失効し、次点の方へと移ります。
  • 入賞作品はOvallの公式サイトならびに公式Youtubeチャンネルにて、掲載と作品の紹介を行わせていただきます。
  • 賞品のお届け先は、日本国内に限ります。
  • 違法な手段を行使したり、エントリー操作によって意図的に受賞の可能性を増やそうと試みる参加者は自動的に失格・除外されます。
  • ミックス素材の楽曲の著作権及び著作隣接権はOvallのメンバーに帰属しており、ミックス素材の提供及び本コンテストの開催は、参加者に何らの権利をも付与するものではありません。
  • 参加者は、本コンテストに応募したことにより、応募作品に関して有する実演家人格権を、Ovallのメンバーその他いかなる者に対しても行使しないことに同意したものとします。
  • 同意していただけない場合、参加のキャンセルとさせていただきます。参加をキャンセルされる場合は、弊社までご連絡をお願いいたします。またその際には、ミックス素材、およびミックスファイルの破棄をお願いいたします。
  • ご応募頂いた情報は、弊社のプライバシー・ポリシーに基づき、厳密に管理させて頂きます。

関連記事

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン
ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン

時間とエネルギーは貴重な資源です。「時は金なり」という言葉、これは人生のほとんどの局面で当てはまり、音楽制作やミキシングも例外ではありません。作業に費やす時間が本当に貴重であるならば、使用するツールや

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,356
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

36,300
PuigTec EQs
PuigTec EQs

PuigTec EQP-1A Pultec EQP-1Aは同じ周波数を同時にブースト/カットするユニークな機能を使用してレゾナンスシェルフを作り出せることで有名です。PuigTec EQP-1Aはジャック・ジョセフ・プイグが手がけた、ウィーザ

3,630
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

4,686
J37 Tape
J37 Tape

J37テープ・サチュレーション・プラグインは、WavesとAbbey Road Studiosの協力によって誕生したテープ・サチュレーション・プラグインです。現代音楽の偉大なマスターピースの録音に使われてきた機械そのものを正確

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube