検索
Waves AudioがWaves Cloud MX オーディオ・ミキサーとソニー製 ソフトウェアスイッチャー「M2L-X」のコラボレーションを発表

Waves AudioがWaves Cloud MX オーディオ・ミキサーとソニー製 ソフトウェアスイッチャー「M2L-X」のコラボレーションを発表

NAB Show, Las Vegas, 2024年4月14日 — Waves Audioはラスベガスで開催される2024 NAB Showのソニーブース(Central Hall #C8201)にて、Waves Cloud MX Audio Mixerとソニーの先進的なソフトウェアスイッチャー 「M2L-X」の統合によるソフトウェアベースのライブ制作ワークフローを紹介します。

2024.04.16

SonyソニーとWavesのコラボレーションはクラウド放送のワークフローにおける大きな進歩を意味し、優れたサウンドクオリティーを、合理的でフレキシブルなオペレーションのための先進的なミックス・マネージメントと融合させます。

ソニーのM2L-Xは、COTS(Commercial Off-The-Shelf)あるいはVPC(Virtual Private Cloud)環境を活用することで、顧客の制作ワークフローにさらなる柔軟性と機能を提供します。

このセットアップは、Audio Mixer、Graphix、マルチビューワーといったサードパーティー製のアプリケーションとのシームレスな統合を容易にし、オープンなコラボレーション、エコシステムを促進します。「M2L-X」は、コンテンツ需要が拡大し続けるB2B領域において、プロフェッショナルなライブ・プロダクションの発展する要求に対応するために、特別に設計されています。特に多言語の国際スポーツイベントやローカルスポーツ・コンテンツなどの制作において、「M2L-X」は理想的なソリューションとしてお使いいただけます。大規模なライブ・プロダクションにも対応し、ライブ・プロダクションの課題に対応する適応性の高いワークフローを提供します。

WavesのCloud MXは現代の放送環境の課題に対応するために専門的にデザインされた、最高峰のクラウドベースのオーディオミキサーです。 Wavesの膨大なオーディオプラグイン・カタログを完全に統合し、スケーラブルでリモート操作でき、ブロードキャスト対応のクラウドワークフローで、原音に忠実なオーディオ、高精度のミックスコントロール、クリエイティブなプロセッシング機能を提供します。ソニーの「M2L-X」とのスムーズな連携により、高い忠実性とオペレーション効率を最適なバランスで実現し、放送業界のクラウド化を推進します。この方式は、拡張性、柔軟性、コスト効率を重視し、オンプレミスのリソースの使用を最小限に抑え、さまざまな企業にとって放送をより身近で低コストにするものです。

ユーザーはクラウド上で他に類を見ないオーディオクオリティーと、マルチタッチ・スクリーンのサポートにより2台のWaves FIT Controllerを1台のミキサーに接続して1ミックスレイヤーあたり32+2本のフェーダーとエンコーダーを使用したり、それぞれのFITがユーザーの選択したミックスレイヤーを独立してコントロールするなど、アップデートされた機能により、高速で合理化されたワークフローを享受できます。プラグインはWaves FITコントローラー(またはMackie/MIDIコントローラー)から直接コントロールでき、プラグインを使ったミキシングに直感的な体験を提供します。プラグインのパラメーターはFITコントロール・サーフェスに自動マッピングされ、ユーザーはプラグインをハンズオンで操作できます。

「ソニーは、ソリューション、製品、サービス、パートナーを含むライブ制作ソリューション「Networked Live」のエコシステムを通じて、より効率的なワークフローを提供し、オンプレミス/クラウドのハイブリッドプロセッシングとオペレーションでライブ制作を変革することに努めてきました。私たちは M2L-XとWaves Cloud MX Audio Mixerを連携させることを嬉しく思っています。「Networked Live」の実現に向けて、今回のコラボレーションのようなパートナー社との連携は重要なものであり、我々のコラボレーションが、お客様の高品質なコンテンツ制作の一助となること非常に嬉しく思います。」とソニー株式会社メディアソリューション事業部 事業部長 村田雅和氏はコメントしています。

「NABでのソニーとのパートナーシップ、ソニーの「M2L-X」とWaves Cloud MX間の相互運用の展示は、私たちの尽力とプロダクションにおけるマーケットリーダーとの共同的な努力を強調するものです。これはクラウド環境とそのワークフローへの移行段階において業界をサポートするという我々のコミットメントを示すと同時に、クラウドベースのオーディオ・ソリューションの先駆者としての我々のポジションを再確認するものです。」とWavesのライブ・ディビジョンのジェネラル・マネーシャー、Noam Raz氏はコメントしています。

Waves Cloud MXブロードキャスト・ミキサーの詳細については、こちらでご確認いただけます。

ソニー「M2L-X」の詳細については、こちらでご確認いただけます。

Waves Audio Ltd.について

Wavesは音楽制作、レコーディング、ミキシング、マスタリング、サウンドデザイン、ポストプロダクション、ライブサウンド、放送、設備、コンシューマー・オーディオ市場向けのオーディオDSPソリューションで世界をリードする開発会社です。90年代初頭のスタート以来、Wavesは250種類以上のオーディオ・プラグインと数多くのハードウェア・デバイスの包括的なラインを開発しましてきました。その功績により、Wavesは2011年にTechnical GRAMMY® Award、2023年にWaves Clarity Vx ProプラグインでEngineering, Science & Technology Emmy® Award、2024年にClarity Vx DeReverb ProプラグインでNAMM Technical Excellence & Creativity Awardを受賞しました。さらに、初期のフラッグシップのプラグインであるQ10イコライザーはTECnology Hall of Fameの殿堂入りを果たしました。

人工知能、ニューラルネットワーク、コンピュータラーニングにおける先駆的なテクニック、そして音響心理学における30年にわたる専門知識の蓄積をますます活用し、Wavesの技術はますます多くの市場分野で音質を改善するために使われています。Wavesのプラグインは世界中でヒットレコード、メジャー映画、トップセラー・ビデオゲームの制作に活用されています。さらにWavesは現在、プロフェッショナル・オーディオ市場向けにハードウェアとソフトウェアのソリューション(革命的なeMotion LV1ミキサーを含む)を提供しています。同社のWavesLive部門はライブサウンド分野のリーダーであり、全てのライブ・プラットフォーム向けソリューションの開発をリードしています。Waves Commercial Audioの製品はA/Vシステム・インテグレーターやインストーラーが企業、商業、政府、教育、エンターテイメント、スポーツ、礼拝所などのアプリケーションに優れたサウンドクオリティーを提供することを可能にします。Maxxブランドのもと、WavesはDell、Google、Fitbit、Acer、Asus、Hisenseなどの業界リーダーからラップトップ、スマートフォン、スマートスピーカー、ゲーミングヘッドセット、TVなどで使用されるコンシューマー・エレクトロニクス・アプリケーション用の半導体とライセンス可能なアルゴリズムを提供しています。

人気記事

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

StudioRackがOBS Studio(Windows)に対応
StudioRackがOBS Studio(Windows)に対応

ストリーミング配信・録画ソフトウェアOBS Studio(Windows)にStudioRackが対応し、配信時にWavesプラグインを使用することが可能になりました。これにより配信時にノイズ除去(Clarity)や音量管理(Vocal Rider)

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

人気製品

Ultimate
Essential
Waves Stream
Waves Stream

友達、共同制作者やクライアントと、DAWからロスレスオーディオをリアルタイムで共有可能。ボタンを1回クリックするだけでかんたんに実現します。

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Ultimate
Essential
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

Ultimate
SSL G-Master Buss Compressor
SSL G-Master Buss Compressor

SSL G-Master Buss Comp SSL 4000 Gコンソールのマスターバス・センター・コンプレッサーをベースに、Solid State Logicとの共同開発により誕生したのがWaves SSL G-Master Buss Compressorです。実機のコンソールで

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube