検索
Cobalt Saphira
Cobalt Saphira

Cobalt Saphira

ハーモニクス(倍音)の完全コントロール

Cobalt Saphiraは、Wavesの革新的な製品であるCobaltライン初のプラグインです。アナログ機器の持つ濃厚なハーモニクス=倍音の歪みを生成し、トラックに音楽的な奥行きと"つながり"を加えることのできる、先進的なハーモニック・シェイピング・ツールです。
Saphiraは、かつて無いほどのレベルで、倍音の持つ様々な要素を緻密にコントロールすることができます。

偶数倍音(Edge)と奇数倍音(Warmth)を独立して調整
EQ: 4バンドEQによりそれぞれの倍音の周波数成分を個別にブースト/カット可能
Harmonics Mode: グラフィカルに表示される7つの異なる倍音構成を選択可能
Tape: 5つのテープスピードでワウ/フラッター・モジュレーションによる音楽的な奥行きを追加

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

19,800
82%OFF 3,630

How It Works

Cobalt SaphiraCobalt Saphiraのサウンドと使い方を1分の動画でご紹介。

特徴

  • アナログ機器のハーモニクス=倍音歪みをデジタルコントロールで完全に制御
  • Edge/Warmthコントローラにより、真空管やFET、トランスから得られるような質感の高い偶数/奇数倍音の生成、バランス調整が可能
  • 4バンドEQで偶数(Edge)/奇数(Warmth)の各倍音ごとに周波数成分をコントロール
  • 7つの異なるハーモニックモードで様々なキャラクターの倍音構成を選択可能
  • 5つのテープスピードとデプス調整
  • サウンドに一体感をもたらす、サブグループ・バスやマスターに最適なプロセッサー

動画

トラックに一体感を生み出す、新たな手法

コンプレッサーによる効果の一つに、トラック同士の"一体感を得る"というものがあります。良質なコンプが生み出すこの"つながり"の多くは、付加された倍音によるものです。Cobalt Saphiraは、コンプレッションすることなく、倍音のみを直接コントロールすることができます。トラック同士の一体感を高め、音楽的でまとまりのあるミックスを作りだすために大いに役立つことでしょう。 ハイクオリティな奥行きを トラックのバランスを取り、明瞭さを作ることはミックスの基本です。さらに奥行きを作りだすことが、プロフェッショナルの仕事と言えるかもしれません。Cobalt Saphiraは誰しもが求めるクオリティの高い奥行きをミックスにもたらします。

偶数倍音(エッジ感)と奇数倍音(温かさ)を独立してコントロール、7種類の異なる倍音構成を選択可能なHarmonic Mode、5種類のテープスピードによりワウ/フラッター・モジュレーションを追加して音楽的な奥行きを追加。コンプやEQでは到達できない音作りが可能になります。

ハーモニクス(倍音)のおはなし

音を奏でる楽器は、通常きれいな正弦波を出してはいません。例えばギターのA弦は110Hzの純粋な周波数を発しているわけではありません。弦の不均一な振動やボディの共鳴により、ハーモニクス(倍音)と呼ばれる別の周波数の共鳴が発生します。このような現象がギターの豊かな響きをもたらすのです。

電気回路もまた同様に、不完全で非対称な構成要素によって通過する信号に高調波を付加します。この不完全さが生み出す高調波こそが、豊かさや深さを感じさせるのです。

ハーモニクスには基本周波数からの倍率によって2種類に分類されます。例えば基本周波数が1kHzの正弦波であれば、2kHzは偶数倍音、3kHzは奇数倍音となります。ハーモニクスの構造は、属性によって決まります。

・振幅:ハーモニクスはレベルに非常に大きく依存する性質があります。一般的に、信号が大きければ大きいほどより多くのハーモニクスが発生します。

・偶数倍音と奇数倍音それぞれのハーモニクスの関係性

・個々のハーモニクス同士による相互関係

Cobalt Saphiraには様々なハーモニクス構造のプリセットを用意しています。さらにSendとReturnのスライダーを使ってより自分好みの構成を作ることも可能です。Sendスライダーはコンプレッサーに入るオーディオ信号のようなイメージ。Returnは偶数/奇数倍音をどれくらい付加するかをコントロール。ハーモニクスを加えると、音のトーンが微妙に変化します。この効果と操作方法を理解すれば、音作りのためのまったく新しいオプションを手に入れたと同じと言えます。

動作環境

対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2020 (AAX Native, Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.6.1 (Audio Units)
  • Digital Performer 10 (Audio Units)
  • Ableton Live 10.1 (VST3)
  • Nuendo 10.3, 11 (VST3)
  • Cubase 10.5, 11 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10 (Audio Units)
  • Audition 13 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 11 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 3 (VST3)
  • Luna 1.1.5 (Audio Units)
  • WaveLab 10 (VST3)
  • Cakewalk by BandLab 2020 (VST3)
  • Samplitude Pro X4, Pro X5 (VST3)
  • Sequoia 15 (VST3)
  • Pyramix 25th (VST)
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
  • Final Cut Pro X (Audio Units) *macOS 11 Big Surには対応していません
Mac
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon
  • メモリ: 8 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: 10.13.6, 10.14.6, 10.15.7, 11.2.1 (Intel only)
  • V12 plugins require a graphics card that supports 'Metal'
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 8 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit(2004 以降)
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

19,800
82%OFF 3,630

関連記事

自宅でのボーカル録音 #7 リバーブ&ディレイ
自宅でのボーカル録音 #7 リバーブ&ディレイ

ボーカル・プロダクションには、あなたの声のための音の家、つまり教会、ステージ、部屋、クラブなど、意図的に感じられる場所を作ることが含まれます。ここでは、リバーブとディレイを使って、ボーカル・レコーディ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

関連製品

Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

3,630
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
SSL EV2 Channel
SSL EV2 Channel

Solid State Logic社の認定を受け、WAVESは、伝説のコンソールチャンネルストリップ「SSL 4000E」を新たにSSL EV2として再現。オリジナルのSSL 'O2' Brown EQとコンソールの豊かなマイクプリとライン入力を再現する

3,630
CLA Vocals
CLA Vocals

Waves Artist Signature Seriesは、世界のトッププロデューサー、エンジニアとのコラボレーションにより生まれた目的別プロセッサーシリーズです。全てのSignatureシリーズプラグインは、アーティストの個性的なサウ

3,630
SSL G-Master Buss Compressor
SSL G-Master Buss Compressor

SSL G-Master Buss Comp SSL 4000 Gコンソールのマスターバス・センター・コンプレッサーをベースに、Solid State Logicとの共同開発により誕生したのがWaves SSL G-Master Buss Compressorです。実機のコンソールで

3,630
F6 Floating-Band Dynamic EQ
F6 Floating-Band Dynamic EQ

F6 Floating-Band Dynamic EQは、フル・パラメトリック仕様の6つのフローティング・フィルター・バンドそれぞれにEQ/コンプレッション/エキスパンダーを統合した先進のダイナミックEQコントローラを備え、精密手術の

3,630
CLA-2A
CLA-2A

伝説的なエレクトロ・オプティカル(電気光学式)チューブコンプレッサーをモデリングしたCLA-2Aは、世界中のエンジニアのお気に入りとなった、オリジナルのスムースで周波数追従型の動作を再現しています。60年代中

3,630
Sibilance
Sibilance

Wavesが新たに開発した革新的なOrganic ReSynthesisテクノロジーから、限りなく透明に近いボーカル・ディエッサーが誕生しました。耳ざわりな”S”サウンドを、ありえないほどの速さでかつ質感を損なわずに除去する。

3,630
Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube