検索
現代のミックスに欠かせない歪み

現代のミックスに欠かせない歪み

DAWによる制作やミックスに足りないものといえば、何と言っても歪み(サチュレーションやクリッピングを含む)でしょう。アナログレコーディング時代には意図せずこの歪みが様々なところで起きており、それが音を特徴付けたりミックスに一体感を生んでいました。デジタルレコーディングが主流の今、音の冷たさやデジタル臭さは多くの方の悩みの1つとなっていることでしょう。音と音が混ざり合わないなと感じたとき。ベースやシンセがミックスに埋もれてしまうとき。バスミックスやマスターに一体感が欲しいとき。そんな時は「歪み」で一気にあなたの悩みが解決するかもしれません。

2021.04.26

デジタル特有の冷たさ、混ざりの悪さから開放

NLS Non-Linear Summer
NLS Non-Linear Summer
4,950

デジタルレコーディングでは、限りなくクリーンなレコーディングができる反面、音が冷たく、混ざり合いにくいという特徴もあります。アナログレコーディング時代の作品にまとまりを強く感じるのは、コンソールやアウトボード、テープなど多数の機器を通過する度にアンプによる微量の歪みが付加されていたからでしょう。NLS Non-Linear Summerは多数のヒットレコードのレコーディングに実際に使われてきた3台のアナログコンソールのヘッドアンプ部分を忠実に、さらに「全チャンネル(合計104ch)に渡って」モデリングした、WAVES史上最もクレイジーなプラグイン。軽いサチュレーションからヘッドアンプをフルドライブしたような激しい歪みまでを好みに加えることができるので、デジタル特有の冷たさ、混ざりの悪さから開放されることでしょう。

イメージを保ったままエッジを立たせ、埋もれない音に

Manny Marroquin Distortion
Manny Marroquin Distortion
4,950

単体で聞いたときには理想的な音なのに、ミックスの中に入ると途端に埋もれてしまう。そんな経験は誰しもあることでしょう。また近年は、スマートフォンなどの小さいスピーカーでもしっかりベースラインが聞こえるミックスも重要な課題の1つとなっています。そんな時は、グラミー受賞エンジニアのマニー・マロクウィンが開発・監修を行ったディストーションプラグイン、Manny Marroquin Distortionの出番です。歪ませた音を好きなバランスで原音に加えていく、というスタイルでパラレル処理が可能なこのプラグインでは、ボーカル、ギターのみならず、ベース、ドラム、シンセなどあらゆるソースに最適な歪みを生み出します。原音の芯を残しつつ歪みを与えることで、元のイメージを保ったままエッジを立たせ、埋もれない音に仕上げることができます。

倍音(ハーモニクス)で、エッジ感、温かさを自在にコントロール

Cobalt Saphira
Cobalt Saphira
4,950

音を歪ませる、あるいはアナログのハードウェアを通したときに生まれる「倍音(ハーモニクス)」ですが、実は偶数次倍音と奇数次倍音でサウンドに与えるキャラクターは異なります。一般に偶数倍音はエッジ感、奇数倍音は温かさの印象に繋がると言われていますが、これらを意図的にコントロールできるものはこれまでありませんでした。Cobalt Saphiraはこれらを独立してコントロールできる先進的なプラグイン。アナログ機器を通したときの「鋭さ」がほしいのか、「温かさ」が欲しいのか、あるいは両方を自分好みのバランスで欲しいのか。あなたがイメージするアナログ感を自分好みにデザインすることで、ミックスに一体感や奥行きを作ることができます。ソフト音源と生楽器が混じり合わないとき、ドラムをまとめたバスに一体感がほしいとき。Saphiraは強力な相棒となってくれるでしょう。

人気記事

「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ    - Waves Genius
「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ - Waves Genius

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

これさえあればボーカルは完璧、なツールボックス</br>「Vocal Production」
これさえあればボーカルは完璧、なツールボックス
「Vocal Production」

ボーカル処理は多くの方の悩みのタネ  WAVESは現在220種以上のプラグインを取り揃えていますが、その中で最も人気があるのはボーカル処理に関わるツール。お問い合わせでも「ボーカル処理に使いたいのですが、

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

人気製品

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Ultimate
Essential
H-Comp Hybrid Compressor
H-Comp Hybrid Compressor

古き良き、クラシックな音色とキャラクター。Wavesのテクノロジーが実現する機能とフレキシビリティ。Waves Hybrid Lineは、アナログとデジタル、両者のその優れた点を一つのプラグインに結実したラインナップです。

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

Ultimate
Essential
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

Ultimate
Essential
Q10 Equalizer
Q10 Equalizer

Q10 Equalizerは、世界で一番パワフルなパラグラフィック・イコライザーです。Wavesが開発した初めてのプラグインであり、その後続くすべてのEQプラグイン設計のブループリントともなった製品です。長年に渡りあらゆ

SSL 4000 Collection
SSL 4000 Collection

レコーディングにおいてデシダルが主流となるより前から、一貫した原音忠実なサウンドと、切れ味の良いEQ、そしてダイナミクスプロセッシングも組み込んだアナログコンソールの完全体を追求してきたのは、他ならぬSo

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube