検索
WAVES Universe 第一弾:飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips(その2)

WAVES Universe 第一弾:飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips(その2)

前回のポストに引き続き、いよいよ実際にトラックを個別に聞きながら、飛澤さんによる「MixがうまくなるTips」を解説します。

2020.01.01

WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.3

冒頭から飛澤さんがセミナー参加者の方に直接聞いたこと。

ミックス、トラックダウンって、いったい何のことだと思いますか?」という質問。ここの部分を踏まえ・心に刻んでミックス作業に挑むことで、より深みのあるミックスになるのではないでしょうか。

続いてミックスの基本、イコライザーの解説。実際に音を出しながらのチェック!ループのビートがどんどん引き締まっていく感覚を養いましょう。ベースと共に再生し「音がくっ付いたり、離れたり」について語られています。ここでは、WAVES Renaissance EQを使用しています。

WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.4

ここではドラムループにさらにもう一つのビンテージモジュール系のプラグインを使用し「音作り」。そして、音作りやミックスをする上で必ず頭に入れておいた方がいい情報として、「倍音とは?」の説明がされています。

そこからさらに、歪み、アナログ、オペアンプなど、いずれもミックスをする上で理解を深めておいた方がいいポイント解説。なんでもかんでも「アナログライクな」ものが良いのかどうか。実際の音を聞きながらチェックしてみてください。

ここでは、WAVES REDDを使用しています。

WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.5

「さらに、音圧感を出しましょう」ということで、コンプの登場。

このVol.5のムービーは10分超えと長編ですが「真空管・FET・オプト・VCA」の方式によるコンプのかかり方の違い、そして「どこに違いが表れるか」が解説されているため、お時間のあるときにじっくり聴き比べながらチェックしていただきたいところ。飛澤さんの「ね?ここが違うでしょ?」に注目(耳)してチェックしてみてください。

ここでは、真空管タイプのコンプとしてジャック・ジョセフ・プイグ氏所有・最上級のメンテがされたFairchild 670/660をモデリングしたPuigchild。

FETタイプのコンプとしてクリス・ロード・アルジ氏所有・最上級のメンテがされた1176コンプをモデリングしたCLA-76。

オプトコンプとして同じくクリス・ロード・アルジ氏所有のLA-2AをモデリングしたCLA-2A。

そして最後にVCAタイプのコンプとして、WAVESとdbx(VCAコンプを生んだ会社)が共同開発・初オフィシャルプラグイン化したWAVES dbx 160。以上を使用しています。

続きはこちら

講師プロフィール

飛澤正人

レコーディング/ミキシング・エンジニア
Dragon Ash や GACKT 、HY 、SCANDAL 、鬼束ちひろ などを手掛ける。 1980年代後半にフリーのレコーディングエンジニアとなって以降、日本の最先端の音楽シーンに関わり作品を作り続けてきた。イコライジングによる音の整理や奥行きの表現に定評があり、レコーディング誌へのレビューやセミナーも多数行っている。近年はアーティストへの楽曲提供やアレンジなどもこなし、より理想に近い音楽制作環境を構築すべく日々考えを巡らせている最中だ。また2017年5月、市ヶ谷から渋谷にスタジオを移転。VRやサラウンドに対応した 「PENTANGLE STUDIO」を設立し、これまでの2MIX サウンドでは表現しきれなかった360°定位のバーチャル空間をイメージした3Dミックスを提唱している。

人気記事

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

音痩せしたボーカルの修正方法
音痩せしたボーカルの修正方法

素晴らしいボーカルサウンドを得るためには、質の高いレコーディングを行うことが大切ですが、ミックス時に弱々しいボーカルが送られてくることも少なくありません。ここでは、この問題を解決するための4つの簡単な

アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック
アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック

ギターのレコーディングでは、実際のアンプを使った録音と、アンプシミュレータを使ったプラグインでの方法があります。ここでは、アンプシミュレータで完璧なサウンドのギターパートをレコーディングするための重要

弱々しいスネアをリッチな音へ
弱々しいスネアをリッチな音へ

ミックスの中で場所が定まらず、重みやインパクトのあるフレーバーが足りないスネア。 録音や提供されたサウンドが素材として何か物足りない。こんな問題を解決する4つのヒントをご紹介します。スネアドラムの音が

人気製品

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

Ultimate
Essential
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

Inspire Virtual Instruments Collection
Inspire Virtual Instruments Collection

音楽制作において、即戦力は常に必要とされています。秀逸なプリセットやシンプルな操作で、インストールしてすぐに望んだサウンドを奏でてくれるインストゥルメントやエフェクト。と同時に、どこまでも楽しんで音作

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

OneKnob Series
OneKnob Series

ノブ一つ回せば、ボタン一つ押せば、どんなトラックもそれだけで最高のサウンドに仕上げてくれる。まるでSFに出てくる未来の道具。それはミュージシャンやプロデューサーだけでなく、エンジニアにとっても夢のような

Ultimate
dbx 160 compressor / limiter
dbx 160 compressor / limiter

オリジナルのdbx® 160は、1970年代の他のコンプレッサーと比べ、非常に歪みが少なくクリーンなサウンドで、特にドラムのコンプレッサーとして評価されてきました。入力信号に素早く反応するdbx 160コンプレッサーは

Ultimate
Waves Harmony
Waves Harmony

1つのボイスから最大8つのボイスを生成して、すぐにボーカルハーモニーを作ることができます。夢のボーカルプロダクションを作りましょう。それぞれのボイスの個性と質感を簡単にカスタマイズできます。ピッチ、フォ

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube