検索
WavesのAI、StudioVerseでミックスをよりクリエイティブに!

WavesのAI、StudioVerseでミックスをよりクリエイティブに!

Wavesが発表したAIによるミックス・プラットフォーム、StudioVerse。トラックにインサートしたプラグインから「Scan(スキャン)」をするだけで、そのトラックに最適なチェイン(複数プラグインを並べたもの)をいくつも提案してくれる、というもの。

例えばボーカルなら、これまで「EQでピークを取って、コンプでレベルを均一にして、色付けのEQやコンプをまたかけて、ディレイやリバーブで広げて」なんて作業をしてきたと思いますが、トップクリエイターやエンジニアが作った膨大なプリセットから好きなチェインを選ぶだけという簡単さ。しかも、スキャンしたオーディオをもとにAIが絶妙なEQやコンプなどのセッティング違いを適切に提案してくれるため、大幅な時短にもなることでしょう。

早速、いくつかの素材で試してみましょう。

2023.04.11

StudioVerseのご利用にはサブスクリプションプランがおすすめです

※永続版のWavesプラグインでもStudioVerseはご利用いただけます

MIオンラインストアへ移動する

StudioVerseのAIアクセス方法

従来からあるWavesのプラグイン・チェイナー、StudioRackをトラックにインサート。StudioRackの中で、WavesプラグインやVSTプラグインを複数並べて起動させることができますが、この画面上部に「StudioVerse」ボタンが追加されています。これを押してStudioVerseを開いてみましょう。

what-is-studioverse

試すのはアコースティックギターのアルペジオトラック。StudioVerseのAIはどんな提案をしてくれるのでしょう?StudioVerseを開き、いくつかのチェインを試し、チェインの中身を見てみた動画がこちらです。

音を読み取って、AIが「これはアコースティックギターだね、じゃあこんな感じのプリセットはどう?」とたくさんのチェインを提案してくれます。あとは、自分好みのものを選ぶだけ。自分のイメージに近いものから選んでもよし、自分では思いつかなかったクリエイティブなエフェクト処理のものを選んでもよし。StudioVerseはアイディアの宝庫ともいえますね。

アコギなら全部一緒?

音を聞き取ってAIが提案してくる、ってことは、アコースティックギターならどれでも同じプリセットが提案されるのかというと、もちろんそんなことはありません。例えば右手でミュートしたギター、アルペジオ、リード、ストロークなど奏法や内容に応じて提案チェインも変わります。試しに右手でミュートを加えたアコースティックギターをStudioVerseに読み込ませてみると...

ばっちり、ミュートギター用のチェインが並びました。絶妙な補正系もあれば、クリエイティブなエフェクトを多用したものまで、幅広く並びます。

ボーカルも試してみよう

ボーカルではどうでしょう。さっそくボーカルトラックにStudioRackをインサートし、StudioVerseでトラックをスキャンしてみると、こんな感じのチェインが並びます。いくつか試してみました。

女性ボーカルということもあり、EQやディエッサーなどのセッティングも「この声質に適した」ものが並びます。中にはビヨンセとか、ラナ・デル・レイとか、リアーナなど、実際にそれぞれのアーティストを手がけたエンジニアが作成したチェインもあります。あとは、好きな響きのチェイン(プリセット)を選ぶだけです。

ただ選ぶだけ?

StudioVerseが提案するチェインは、いくつものプラグインを並べて作成されています。ものによっては信号を帯域別に分けて処理したものであったり、パラレル処理したりのものもあります。トップエンジニアやクリエイターが作成したものなので「プロが見ても難しい処理」のチェインもあることでしょう。例えばこのボーカル用のチェイン、私はぱっと音が気に入ったので選んでみましたが、中身はこんなに複雑です。

what-is-studioverse

....私はエンジニアでもクリエイターでもないので、正直この中身は複雑すぎて、ここから微調整しようという気も起きません(数えてみたら13種ものプラグインを使っている)。じゃあもう「ただ選ぶだけ」しかないのでしょうか?

いえいえ。そこはもちろん大丈夫。チェインの中から「主に調整に使いそうなパラメータ」をピックアップしてマクロに並べられています。「ちょっと高域が足りないな」「音が広がり過ぎだから、ちょっと幅を狭めたい」「もうちょいパンチが欲しい!」なんて調整は、1ノブだけで行うことができます(背後ではプラグインチェインの中の特定のものを予めアサインしているのですが、使う側は何も気にしなくてOK)

what-is-studioverse

もちろん、DAWに慣れた方やチェインを見て内容がわかる方なら、1つ1つのプラグインを見て調整してもいいでしょう。既に必要なプラグインはバーっと並んでいますので、いちいち起動させる手間もありません。


単体の楽器から、バスやマスターも

StudioVerseのAIは、単体の楽器だけでなくバスやマスターの膨大なチェインも用意されています。AIが誤解をしないよう、キーワードに"Master"とか"Bus"と入力しておき、オーディオをスキャンすれば間違いのない候補が提案されることでしょう。

タグによるキーワードも充実しています(現在はまだ英語のみ)
音楽ジャンル(RockとかFunkとか、BalladとかJ-POP/K-POP、Synth POPなどほとんど網羅)もあり、気分や雰囲気(DreamyとかDirty、8bitとか80sとか、Chinematic...等々)でもOK。フリーワードまで対応し、ユーザーはプリセットを選んで、必要なら微調整して、もっと必要ならさらにプラグインを追加して音楽を仕上げることが可能です。

StudioVerseはミックスに不慣れなクリエイターやシンガーの大きな手助けとなるだけでなく、DAWに慣れたユーザーやプロの方々の時短ツールとしても優秀なプラットフォーム。優秀なアシスタントであるだけでなく、優秀なアドバイザーでもあります。しかもそのアシスタントorアドバイザーが、世界のトッププロだらけという豪華さは特筆しておきたいところです。


WavesはこのStudioVerseによって、「音楽を作りたい」という方の裾野を大きく広げました。AIを導入しているものの、「これが正解」という割り切りをせず、いくつかの提案をユーザーに行って、その中から好みを選んでもらいたいというスタンス。誰でもミックスを楽しめてハイクオリティに仕上がりますが、経験を積んだプロの方ならそこからさらにオリジナリティ溢れるミックスを作る手助けにもなるでしょう。

StudioVerseは永続ライセンス版、サブスクリプションプラン(Waves Creative Access)のどのWavesユーザーでもお使いいただけますが、膨大なチェインをフルで生かすならサブスクリプション・プランがおすすめです。

StudioVerseのご利用にはサブスクリプションプランがおすすめです

MIオンラインストアへ移動する

人気記事

WAVESがV15へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV15へ。メジャーアップデートをリリース

30年以上もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV15へのメジャーアップデートをリリースいたします。

音楽的なノイズ除去を。シンプルに使えるWAVES Restoration術
音楽的なノイズ除去を。シンプルに使えるWAVES Restoration術

ひと昔前のレストレーション用ソフトウェアといえば非常に高額でした。かつて私が使っていたレストアのソフトも200万円以上はしたと思います。そんな高価なソフトウェアでしたが、処理能力が低いためリアルタイムの

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

EQを目的で使い分ける
EQを目的で使い分ける

EQ は一般的に操作が簡単ですが、ミックスのクオリティーに大きな影響を与えます。複数のトラックにまたがるさまざまな音のバランスを調整し、ミックスを心地よくトリートメントします。パズルのピースを組み合わせ

WAVESがV12へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV12へ。メジャーアップデートをリリース

28年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV12へのメジャーアップデートをリリースいたします。

2つめのライセンスを追加! Waves Update Plan(WUP)の更新
2つめのライセンスを追加! Waves Update Plan(WUP)の更新

Waves Update Plan(WUP)のポリシーが変更になりました。WUPは、製品ライセンスの最新バージョンへのアップデート保証に加え、様々なサービスが含まれます。これまでの適用期間内の最新バージョンのライセンス、ボ

人気製品

Ultimate
IR360
IR360

5.1 サラウンド音声で再生するには、100%完全に信頼のおける空間エミュレーションが必要です。これを成し遂げる為には、比類無き正確さと、コンボリューション・リバーブのコントロールが必要となります。そして、そ

Ultimate
Spherix
Spherix

Waves Spherixはコンプレッサーとブリックウォールリミッターの2つのプラグインを搭載し、Dolby Atmos©などの7.1.4/7.1.2ミキシング環境で高速かつ効率的に作業できるように設計されています。

Ultimate
Essential
X-FDBK
X-FDBK

完全自動化された、モニター/PAのフィードバックを解消するためのプラグイン・ソリューション X-FDBKは、フィードバックの原因となる周波数帯を的確に特定し、まるで外科手術のような正確さで取り除く、PAスピーカー

Ultimate
X-Hum
X-Hum

X-Humはオーディオ品質を維持しながら、ランブルノイズや、DCオフセット、ハムノイズを除去・低減するプラグインです。ハムノイズは、グランドループ回路に問題が発生した際に引き起こされ、通常その国で使用されて

Ultimate
WNS Noise Suppressor
WNS Noise Suppressor

Waves Post Productionシリーズから、室内・ロケーションを問わずダイアログ音声の劣化を抑えたまま処理が可能なマルチバンド・ノイズ・サプレッサー WNS = Waves Noise Suppressorは、Waves Post Productionシリー

Ultimate
Dorrough Surround
Dorrough Surround

Dorrough Meter Collection - Surroundは、サラウンド制作環境に特化して設計されたカスタマイズ・メーターを持つ、プロフェッショナルなメーター・プラグインDorrough Meter Collectionの完全版です。 ステレオ版に

Ultimate
UM225 / UM226
UM225 / UM226

ステレオ素材をサラウンドソースへとリアルタイムにコンバート、帯域バランスなどの調整も可能なプラグイン。UM225/UM226 Stereo-to-Surround Processorは、2chのステレオ素材を5.0ch/5.1chのサラウンドソースへとリ

Ultimate
W43 Noise Reduction
W43 Noise Reduction

アンビエントノイズ(ヒス、ハム、交通騒音、風、エアコン…)は、すべてダイアログトラックに深刻な問題をもたらします。 Waves W43 ノイズリダクション・プラグインが、これらのノイズの悩みを解消してくれます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube