検索
弱々しいスネアをリッチな音へ

弱々しいスネアをリッチな音へ

ミックスの中で場所が定まらず、重みやインパクトのあるフレーバーが足りないスネア。 録音や提供されたサウンドが素材として何か物足りない。こんな問題を解決する4つのヒントをご紹介します。

スネアドラムの音が、鉛筆でタンバリンを叩いたような音になってしまっている場合、そのスネアドラムではミックスするにあたり心許ないと感じてしまうでしょう。 スネアドラムはキックドラムのように太くする必要はありませんが、インパクトのある音を出す必要があります。
トランジェント・シェイピング、サチュレーション、パラレル・コンプレッション、イコライザーを使用することで理想の音に近づけることができます。

2021.07.08

1. トランジェント・シェイパーを使おう

スネアドラムの音が薄く感じてしまうのは、録音した波形のテールエンドが早く減衰してしまうことが原因です。そこで、Smack Attackのようなトランジェント・シェイパーを使って、オーディオ信号のサスティンのレベルを上げてみましょう。これにより、トラック内でのスネアの「質感」が長くなるはずです。

スネアにフロントエンドの「パンチ」が必要な場合は、アタックを上げると良いでしょう。スネアの音が鋭くなりすぎてしまう場合は、Smack Attackのアタックレベルを下げてから、スネアのトラック全体のレベルを上げてみてください。

2. 歪みを加える

サチュレーションとディストーションは、スネアのハーモニック・ストラクチャーを強化することができますが、望ましいトランジェント情報を殺してしまわないように注意してください。サチュレーターは、歪みに加えてオーディオ信号に圧縮をかけますが、これがトランジェントの損失の原因となります。しかし、J37 Tapeでテープ・サチュレーションを適度にかけると、スネアがスピーカーからきれいに「はねる」ようになります。

よりアグレッシブな効果を求めるなら、PRS SuperModelsGTR3に搭載されているギターアンプ・エミュレーションでスネアを鳴らしてみましょう。クリエイティブな気分になったら、Berzerk Distortionをスネアにかけてみるのもいいかもしれません。

3. パラレル・コンプレッションを使う

スネアにパラレル・コンプレッションを適用するには、スネアの録音を複製したトラックを作成し、それを大きく圧縮して、元の処理されていない信号と混ぜ合わせます。このミキシング・テクニックを使うことで、スネアの音にメリハリをつけることができます。

CLA-76 Compressor/Limiterのような超高速アタックのコンプレッサーを使い、高速アタックでピーク圧縮をかけます。リリースの設定をいろいろと試してみて、自分に合うものを見つけてください。レシオを4:1以上にすると、約10dBのゲインリダクションを得ることができます。CLA-76の出力レベルを、スネアのサウンドが「十分な質量」になるまでゆっくりと上げていきます。

4. EQによる全体的なトーン・シェイピング

ここまでの作業は、スネアをより大きく、より激しくするためのものでした。このままではスネアが目立ちすぎてしまう可能性があるので、しっかりオケに馴染ませる必要があります。

Waves Q10のようなEQで、60~80Hz付近に緩やかなハイパスフィルターをかけると、マッドさを抑えることができスッキリ聞こえるようになるでしょう。また、100〜200Hz付近では、緩やかなベル・フィルターで "ボディ "をブーストまたはカットすることができ、200〜400Hz付近では "ウォーム "をコントロールすることができます。厚みのあるスネアにスナップを効かせたい場合は、ナローベル・フィルターで2,000Hz付近をブーストしてみましょう。


いかがだったでしょうか。
今回学んだことを活かせば、しっかりとしたスネアを響かせることができそうですね。 さぁデスクに向かってミックスを始めましょう!

関連記事

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン
ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン

時間とエネルギーは貴重な資源です。「時は金なり」という言葉、これは人生のほとんどの局面で当てはまり、音楽制作やミキシングも例外ではありません。作業に費やす時間が本当に貴重であるならば、使用するツールや

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,356
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

36,300
PuigTec EQs
PuigTec EQs

PuigTec EQP-1A Pultec EQP-1Aは同じ周波数を同時にブースト/カットするユニークな機能を使用してレゾナンスシェルフを作り出せることで有名です。PuigTec EQP-1Aはジャック・ジョセフ・プイグが手がけた、ウィーザ

3,630
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

4,686
J37 Tape
J37 Tape

J37テープ・サチュレーション・プラグインは、WavesとAbbey Road Studiosの協力によって誕生したテープ・サチュレーション・プラグインです。現代音楽の偉大なマスターピースの録音に使われてきた機械そのものを正確

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube