検索
Waves e-Motion LV1とTracks Liveを活用したライブ・レコーディングのセットアップ

Waves e-Motion LV1とTracks Liveを活用したライブ・レコーディングのセットアップ

Wavesのデジタル・ライブ・コンソールe-Motion LV1システムでは、e-Motion LV1のコントロールサーフェスとなるMac/PC、オーディオI/O、エンジンとなるSoundGrid Server、レコーディング/プレイバック用のMac/PC、これらすべてをEthernetケーブルを使って接続します。

2020.01.01

e-Motion LV1システム

すべてをネットワークで接続するので、専用のオーディオ・インターフェースを追加で用意することなく、Mac/PCをネットワーク・スイッチに接続するだけで、簡単に低コストでマルチトラックのプレイバック(バーチャル・リハーサル)とレコーディングが可能です。ここでは、そのために必要な手順を説明します。


1. Sound Grid Driverのインストール

Waves SoundGrid Driverにはバージョン10とバージョン9の2種類があり(2019年7月現在)、ホストとなるアプリケーションによって使い分ける必要があります。

最新のe-Motion LV1を使用する場合はバージョン10である必要があり、MultiRackを使用する場合バージョン9である必要があります。

最新のeMotion LV1はバージョン9では動かすことはできません。同様にMultiRackはバージョン10では動かすことができません。

今回はLV1とTracks Liveを活用するライブレコーディング設定の解説なので、マルチトラック録音に使うMac/PCにSoundGrid Driverのバージョン10をインストールする必要があります。

Waves CentralからSound Grid Driver 10をインストールします。

もしSound Grid Driver 10が見当たらない場合、All Waves productsを選択してSearch by name欄に'SoundGrid'と入力して検索します。

Tracks Live05

インストール完了後Mac/PCを再起動するとeMotion LV1からMac/PCを認識することができるようになります。


2.eMotion LV1の設定

eMotion LV1のSET UPを開き、すべてのI/O、マシン、サーバーが正しく接続されているか確認します。

LV1

サンプリングレート、ビットレートを任意の設定にします。

もしもライブレコーディングを行うマシンLV1のSET UP画面で見当たらない場合、SoundGrid Driver Control Panelを開き、SoundGridに使用しているネットワークポートの確認、SoundGrid Driverのバージョンの確認を行なってください。

tracks live04

eMotion LV1のPATCHを開き各チャンネルのDirect OutをTracks Liveを使用するマシンにパッチします。(下のスクリーンショットではSoundGrid Driverを32ch分だけ有効にしていますが、最大で128chの同時収録が可能です。)

LV1 patch


3.Tracks Live側の設定

Tracks Liveを起動します。

Preferenceを開き、InterfaceをWaves SoundGridに設定します。

Live Preference

デフォルトだとInputsの設定が16チャンネルまでしか表示されていない場合があるので、必要なチャンネルの数だけONにします。

Live preference 2

LV1の入力CHに信号を入力して、TracksLiveの各チャンネルのメーターがふれることを確認します。

Tracks Live

以上でレコーディングの準備が整いました。後はRECボタンを押すだけです。


このページではDAWにWaves Tracks Liveを使用していますが、Nuendo LiveやPro Toolsなど、CoreAudioまたはASIOに対応したDAWなら同様にレコーディング可能です。コンピューター一台あたりの最大同時再生/録音トラック数は128chです。レコーディング用のコンピューターは複数台同時接続できるので、一台はPro Toolsで、もう一台は万一のバックアップとしてTracks Liveを走らせておくこともできます。

関連記事

WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV14へのメジャーアップデートをリリースいたします。

最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優
最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優

様々な入出力のオプションが用意されているDiGiGrid製品の中で、8イン/8アウトのアナログ入出力とプラグイン処理を行うサーバー機能を搭載したオールインワンボックスが、DiGiGrid IOSである。DiGiGrid製品の中でも

ライブ配信音源のミックスにも最適、Waves e-Motion LV1のシステム構築例
ライブ配信音源のミックスにも最適、Waves e-Motion LV1のシステム構築例

アーティストのライブ配信がこれまでに無く注目が集まる昨今、配信ミックス用のシステムに対するニーズも当然高まっています。SoundGridシステムなら、コンパクトでシンプルなセットアップで、Wavesプラグインをフル

e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート
e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート

2019年のWaves Live SuperRack発売後、いち早くコンサートの現場にSuperRackシステムを導入、ライブミックスで積極的にWavesプラグインを活用してきたサウンド・エンジニア集団ライブデートだが、2020年6月、今度はW

Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する
Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する

Waves MultiRackは、従来アウトボード・ラックで行っていたエフェクト処理をプラグインに置き換える、ライブ・サウンド専用に開発された、プラグイン・プラットフォームです。アリーナクラスのライブ・コンサートで

YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する
YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する

WavesプラグインをYamahaのコンソールで使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

関連製品

Tune
Tune

透明感のある自然なサウンドと柔軟性、正確なリアルタイム・ピッチ補正とフォルマント処理を可能にするボーカルプロセッサ 。フレージング、エモーション、デリバリーをすべて搭載し、素晴らしいボーカル・テイクを

5,170
eMo Generator
eMo Generator

ピンク/ホワイト・ノイズ/正弦波から選択して信号を出力、直感的な操作が可能なマルチタッチ対応のシグナル・ジェネレーター eMo Generatorは、ライブ・ワークフローにおける音響測定やチェックに便利なシグナルジェ

2,860
Greg Wells PianoCentric
Greg Wells PianoCentric

広大な周波数レンジとダイナミクスを誇るピアノは、ミックスする上で扱いの難しい楽器です。 グラミー賞に何度もノミネートされた経歴を持つグレッグ・ウェルズは、ピアノ・サウンドを知り抜いた人物の一人と言って

4,400
eMotion LV1
eMotion LV1

Motion LV1は、ライブサウンドのあらゆる局面に革新的なワークフローをもたらす、デジタルミキシング・コンソールです。Waves SoundGridテクノロジーをベースとするこのソフトウェア・ミキサーは、ライブで要求され

223,190
DiGiGrid D
DiGiGrid D

DiGiGrid共通の品質基準で設計されたDiGiGrid Dは、DiGiGrid MやQよりも多くの機能を備えた製品です。デスクトップ・サイズのコンパクトなインターフェイスですが、その性能は、ユーザーのクリエイティビティーを刺

121,000
DiGiGrid Q
DiGiGrid Q

この小さなルックスに騙されてはいけません。DiGiGrid Qヘッドフォンアンプは、DiGiGridのハイエンドのオーディオ・インターフェイスの一つであり、小さくても十分な音量でヘッドフォンを鳴らせるよう設計されており

73,700
Primary Source Expander
Primary Source Expander

PSE - Primary Source Expanderは、マイクへのステージのカブり音やフィードバックに対する感度を抑えることのできるプラグインです。音楽フレーズを検知し、フレーズ間にあるアイドルの状態のマイク・レベルを自動

5,830
IR-Live Convolution Reverb
IR-Live Convolution Reverb

Waves IR-Liveは、ライブ・サウンド・エンジニアのために開発されたインパルス・レスポンス・ベースのコンボリューション・リバーブです。低レーテンシー、リアルタイム・パフォーマンスによりライヴ・ユースに最適

4,400
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube