検索
マスターレベルの設定 4つのヒント

マスターレベルの設定 4つのヒント

コンプレッションとリミッティングレベルの設定は、マスタリングプロセスにおいて非常に重要な部分です。 近年の音楽はどのくらいの数値を基準にしているのでしょうか。効果的なマスタリングのために適切なレベルを維持する方法についての貴重なヒントをご紹介いたします。
まず目標は、同じジャンルの他の市販されている音楽に匹敵するボリュームのマスターを作ること。次に、ミックスに含まれる全ての要素がはっきりと聞こえ、周波数のバランスが適切であること。そして、最も重要なことは、意図しない歪みを少しでも回避することです。(「意図しない」という言葉に注意してください。スラッシュメタルのトラックをマスタリングしているのであれば、間違いなく歪みがトラックには含まれているでしょう。)
それでは早速見ていきましょう。

2021.05.26

1. ゼロはゼロである


デジタル録音の最初のゴールデンルールはシンプルです。ゼロを超えるものは存在しないということです。これは、0 dB、0 dBVU、0 dBFS(フルスケール)、0 LUFS、0 LKFS のいずれにも当てはまります。確かに、このポイント以上の信号をデジタル/アナログ変換器に送ろうとすると、データを再生しようとしますが、その上限を超えることはできないので、代わりにクリップしてしまい、歪みが発生します。

この歪みが実際に聞こえるかどうかは別の問題です。マスタリングエンジニアのYoad Nevo氏は、「連続した10-15サンプルまでであれば、多少のクリッピングがあっても問題ありません。アナログからデジタルへの変換の際に、(アナログテープでミックスしたものをデジタルでマスタリングする場合のように)多少のクリッピングを許容することで、転送中に1dBほど余分な音を出すことができます。そうすることで、トラックのサウンドを妥協することなく、他の方法よりも大きくすることができます」と説明します。

それ以外では、クリッピングは一般的に避けなければならないものです。WLM Plus Loudness Meterのような高度な測定プラグインは、目標レベルを超えたときに視覚的なヒントを与えてくれます。WLM Plus Loudness Meterはオーバーやアンダー(単一のクリップしたサンプル)が発生した場合に自動警告を発し、オーディオファイルのリアルタイムまたはオフラインのログを作成して、クリッピングが発生した瞬間にフラグを立てることもできます。DAWを使用して、これらのピークに焦点を当て、そのレベルを下げることができます。この作業に時間をかけることで、コンプレッションや最後のリミッティングの際に数デシベルのメイクアップゲインを追加することができるかもしれません。

2. 十分なヘッドルームを確保する


2つ目のルールはクリッピングとは逆のこと、常に十分なヘッドルームを残しておくことです。ほとんどのプラグイン(特にアナログ機器をモデルにしたもの)は、特定の入力レベル範囲で動作するように設計されています。経験則としては、リズムギターやシンセ、パッドなどの安定したシグナルは -20 dBFS から -16 dBFS の間で、ドラムやパーカッシブな楽器などのトランジェントピークは -6 dBFS 以下にしておくと良いでしょう。

Yoad Nevo氏は、マスタリングチェーンの最初のプラグインとしてWaves Q1(シンプルなシングルバンドイコライザーで、Q10 Equalizerのコンポーネントとして含まれています)を挿入しますが、これは完全にフラットなままにしておきます。その後、彼はQ1のレベルコントロールを使ってステレオチャンネルの両方を6dB下げ、チェーンの後に追加する他のプロセスのために十分なヘッドルームを残しています。ステレオレベルコントロールを備え、サウンドに色をつけないプラグインであれば、どのようなプラグインを使っても構いません。

3. 作業中のメーターチェック


最初に全体的なヘッドルームを下げたとしても、異なるマスタリングプロセスを適用する際には、常にメーターをチェックすることをお勧めします。基本的な VU メーターを使用して平均 RMSレベルを測定する場合、メーターの 0 は -7 から -9 dBFS の間を参照してください。

最大ピークレベルと RMS レベルの差は、マスターのダイナミクスの量のおおよその目安となります。ミックスの躍動感を押し殺したくないのであれば、この2つの間に少なくとも6 dBのギャップを常に維持するようにしてください。

4. ゴールを見据えたマスタリング


最終的な目標レベルはどうあるべきでしょうか?その答えは、音楽を消費者に届けるために使用されるシステムに大きく依存しています。CD 用に厳密にマスタリングを行う場合、最終的なリミッターの出力上限を -0.2 または -0.1 dBFS に設定することから始めます(決して 0.0 に設定しないでください。注意が必要と感じるトラックの場合には、-0.3 dBFS に下げてみてください。歪みが生じるピークを避けることができます。

マスターがストリーム配信されることが事前に分かっている場合(配信サービスがサンプルレートの変換、ラウドネスのノーマライズ、およびロージーフォーマットへのエンコーディングを行うことをほぼ確実に意味します)、ラウドネスおよびターゲットビットレートに応じて、出力の上限を大幅に下げなければならない場合があります。 Bandcampのような配信システムでは、エンドユーザーが128kbps以上のMP3ファイルをダウンロードしたり、他のさまざまな形式のMP3ファイルをダウンロードしたりすることができます。言うまでもなく、これはマスタリングエンジニアにとって大きなジレンマとなります。実際にできることは、妥協点を探すことだけで、ほとんどの場合、出力の上限ボリュームを他の方法よりも下げることになってしまうのです。

さらに、多くの配信サービスは、ストリーミングするオーディオファイルをノーマライズしています。その上、それぞれ異なるレベルにノーマライズしています。例えば、


Spotify、Tidal、YouTube:-14 LUFS

テレビ放送(国に応じて):-23LUFSもしくは -24 LUFS


上記のように設定されています。

これらのターゲットレベルに合わせてマスタリングするかどうかはあなた次第ですが、あなたがリリースした後、あなたが作業している音楽は、これらのレベル(または他のもの)のいずれかに調整されることを念頭に置いてください。最近のコンセンサスとしては、統合ラウドネスのターゲットとして-16 LUFS(WLM Plus Loudness Meterで測定単位メータリングしている場合は-6 dBTP)を使用するのが良い妥協点です。これにより、ほとんどの場合でクリッピングを回避し、リスナーは民生用再生システムで違和感なく音楽を聞くことができます。16ビットCDフォーマットではノイズを抑えてくれるでしょう。


いかがだったでしょうか。

マスタリング中に適切なレベルを得るには、単にコンプレッサーやリミッターを接続して、ダイナミクスがなくなるまで信号を押しつぶせばよいというわけではありません。あなたが作業しているアルバムやEPの他のトラックや同じようなジャンルのトラックと比較しながら、ダイナミクスとラウドネスの間の適切なバランスを見つけることが大切です。すべてのオーディオ編集に言えるも最も大切なことですが、最終的な判断はあなたの耳。あらゆるソースを分析し、自分の感覚をサポートする形でメーターを使えるようになるといいですね。

さあ、早速デスクに向かって制作を始めましょう。

関連記事

My Favorite Waves ─ Gregory Germain(ミキシング/レコーディングエンジニア)
My Favorite Waves ─ Gregory Germain(ミキシング/レコーディングエンジニア)

Wavesのプラグインって、僕や僕の周りのエンジニアにとっては「定番」のもので、スタジオには必ず入ってるようなものなんです。僕がプロになる前からあるブランドだし、プロになってからも使い続けているプラグイン

音痩せしたボーカルの修正方法
音痩せしたボーカルの修正方法

素晴らしいボーカルサウンドを得るためには、質の高いレコーディングを行うことが大切ですが、ミックス時に弱々しいボーカルが送られてくることも少なくありません。ここでは、この問題を解決するための4つの簡単な

CLA-2A vs. CLA-3A クラシックコンプレッサーの違い
CLA-2A vs. CLA-3A クラシックコンプレッサーの違い

LA-2AとLA-3Aは、最も有名なコンプレッサーと言っても過言ではないでしょう。これまでボーカルやベースなどの楽器に長く愛されてきました。今回は「真空管モデル」と「ソリッドステートモデル」の比較。あなたのトラ

ラウドネスメーターを使いこなそう!
ラウドネスメーターを使いこなそう!

オーディオ信号の測定は、トラックメイク、ミキシング、マスタリングにおいて最も重要な部分と言っても過言ではありません。オーディオ・メーターの疑問を解き明かし、どのメーターをいつ、どのように使うべきかを知

DAWの「ゲイン・ステージング」とは? 音量管理で、より良いミックスに
DAWの「ゲイン・ステージング」とは? 音量管理で、より良いミックスに

透明感とパンチを兼ね備えたミックスを実現するために必要なものは、ミックステクニックやエフェクトだけではありません。「良いミックス」とは、トラックとミックスの正しいレベルを設定することから始まります。今

どのマスタリング・リミッターを使えばいいの?
どのマスタリング・リミッターを使えばいいの?

もはや定石となっているマスターチェインの最後でのリミッターのインサート。実はリミッターにも様々な選択肢があります。今回、あなたの音楽に最も効果的なリミッターを選ぶ方法をご紹介いたします。セルフマスタリ

関連製品

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

34,100
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

12,100
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

32,450
Vocal Production
Vocal Production

チューニング、ピッチシフト、ベンド、シンセサイザー、ミックス、エフェクトの追加など、最高のボーカルサウンドを実現するために、ビヨンセ、ドレイク、ビリー・アイリッシュなどのアーティストに使用されているプ

36,300
Diamond
Diamond

インスピレーション、閃いたアイデアをトラックへと作り上げ、数々のツールを使ってミックスし、磨き上げ、最高の状態でトラックダウンする。Diamondは、Platinumバンドルのプラグインをすべて収録し、さらに原石と

33,550
Doubler
Doubler

優れた「ダブルトラッキング」エフェクトをお望みのミュージシャンやオーディオエンジニアに、Doublerをお送りしましょう。Doublerは新しいサウンドを創り出すディレイおよびピッチモジュレーションです。他のディレ

3,630
Silver
Silver

ミックスを進めていて、あと一歩でサウンドが仕上がるのに、、、という場面は誰もが経験したことがあるでしょう。EQ、コンプ、リバーブもいいバランスで整っているけれど、もう一つ何かが足らない。プロフェッショナ

11,000
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube