検索
初心者のためのミックス・リファレンス・ガイド <br>5つの重要なヒント

初心者のためのミックス・リファレンス・ガイド
5つの重要なヒント

私たちは皆、自分のミックスを「プロレベルにしたい!」「他の人たちに負けないようなものにしたい!」と思っています。しかし初心者からミックスが上手くなるにはどうしたらいいでしょうか?
その鍵は「リファレンス」です。ミックスが上手くなるには欠かせないリファレンス音源。 「リファレンス」という過去にリリースされた曲を参考にしてミックスをすることで、実際にリリースされたとき自分の作品やミックスが他の楽曲と比べてどのように聞こえるか知ることができます。
それでは、リファレンスを上手に活用する5つのポイントをご紹介します。

2021.08.11

1. 「リファレンス楽曲」と「自分が取り組んでいる曲」は違うことを理解する


リファレンスを使い、自身の楽曲と比較することはとても有効な手段ですが、そもそも参考にする曲があなたの曲とは異なることを理解することが重要です。リファレンスは最終的に自分の曲がどのように聞こえるかを示す直接的なロードマップやチェックリストとして機能させるものではありません。

など、さまざまな要素が大幅に異なれば、もちろん結果も異なるでしょう。

参考にする曲を選ぶ際には、サウンド的にできるだけ近づけるために、2つの重要なポイントがあります。

2.音量を合わせる。(ゲインマッチ)


何かを参照したり比較したりする際には、それが1つの曲と別の曲であっても、あるいはミックス自体の要素の中のトーンの変化であっても、レベルの違いを補正することが重要です。そうすることで、公平な比較が可能になり、耳が「大きい方が良い」と錯覚してしまうのを防ぐことができます。ゲインマッチには様々な方法がありますが(より技術的なものもあります)、忘れてはならないのは、自分の耳を信じることです。私たちの耳は、批判的に聞いているときに、認識された音量を一致させるために非常に良い仕事をしてくれます。このプロセスで自分の耳を信じることを恐れないでください。

ここでは、リファレンストラックのゲインマッチングについて、推奨する方法をご紹介します。


繰り返しますが、これはたくさんある方法の1つです。DAWの内外でオーディオソースをゲインマッチさせる方法はたくさんありますので、自分の耳を使って、自分のワークフローに最適な方法を見つけてください。


3. 周波数帯域の切り分け



リファレンスを利用する際には、より「絞り込んだ」アプローチをとることが有効な場合があります。そのためには、自分が苦手としている、あるいはもっと詳しく知りたいと思っている特定の周波数領域を分離するとよいでしょう。リファレンストラックをDAWにロードしてレベルマッチさせれば、この作業はとても簡単です。私は通常、低音域と中音域でこの作業を行います。そうすることで、特定の楽器がどのくらいの低さで伸びているのか、サブ周波数でどのような役割を果たしているのかがよくわかります。中音域をソロにすることで、曲の最も密度の高い部分がどのように連携しているか、どのように変換されているかを知ることができます。このテクニックは、さらに調査したい周波数スペクトルのどの領域にも使用できます。

基本的には、スイープ可能なバンドパスフィルターを作成するというシンプルなプロセスです。私は、F6 Floating-Band Dynamic EQのようなビジュアルスタイルのEQを使うのが好きです。ハイパスとローパスの両方のフィルターをかけて、聴きたい部分だけが強調されるように周波数を近づけていきます。同じEQカーブを適用した楽曲とリファレンスを聴き比べて、2つの楽曲の違いを確認してみましょう。その周波数帯にはどんな楽器がありますか?音の大きさは?不快な響きはありませんか?ステレオ音場のどこにいるのか?この手法は、曲をクローズアップして見ることができるので、ミックスの問題点を見つけるのに役立ちます。


referenceguidetips

F6 Floating-Band Dynamic EQ



4. メーターによるレベルとダイナミクスの確認



周波数や音のバランスをチェックできるのは、リファレンストラックを使用するメリットの1つですが、もう1つのメリットは、完成した楽曲がリファレンストラックと比較して、全体的にどのくらいラウドで圧縮されているかを知ることができることです。Spotifyのようなストリーミングサービスでは、コンテンツの再生時にラウドネスを調整することがありますが、あなたの音楽が再生されるプラットフォームやメディアにはそのようなものがなく、あなたの音楽が常に競争力のあるサウンドであることが望まれます。そのためには、最終的なマスターとリファレンスを比較することが重要です。

PAZ Analyzer WLM Plus Loudness Meterといったお好みのメーターを使って、2つのトラックを測定して比較します。曲を比較する際には、ステップ2でゲインを合わせたバージョンではなく、両方のフェーダーをユニティーに設定していることを確認してください。このプロセスでは、2つの曲のラウドネスの違い(もしあれば)を聞き、目標に向かって作業を進めることができるようにします。

全体のラウドネスを測定する際には、LUFS測定は高音域にやや敏感で、平均的なハイエンドのダイナミクスを正確に把握できることを理解してください。一方、RMSは、低音域とその平均的なダイナミクスに敏感です。このことを知っておくと、LUFSとRMSの測定値を比較することで、ミックスがどのくらい「フラット」なのか、あるいは低音が強い(高RMS、低LUFS)のか、あるいは明るくトップエンドが前面に出ている(低RMS、高LUFS)のかを見極めることができるので便利です。複数のメーターを見て比較することで、最終的に最も正確な結果を得ることができます。


5. 新しい環境で聴く



自分の曲をリファレンスと比較してチェックする最後の方法は、新しい環境で聴いて、その新しい空間でリファレンスと比較して自分の曲がどう感じるかを確認することです。リスニング環境や視点を変えることで、部屋が隠していた(あるいはマスキングしていた)多くのことが明らかになることがあり、リリース後の楽曲がどのように変化するかについての追加情報を得ることができます。複数のスピーカーを設置しているスタジオや、車の中で曲を聴いてからサインを出したいというアーティストをよく見かけるのはこのためです。

しかし、仕事をしているときに、車に行く手間を省きたい場合や、別のモニタリング環境がない場合、素早く確実にパースペクティブシフトを得るための素晴らしい方法は、CLA Nxを通してモニターすることです。Waves Nxプラグインを使えば、ヘッドフォンを使って自分のリスニングスペースから飛び出し、Nx Ocean Way NashvilleAbbey Road Studio 3 などの世界的なスタジオで聴くことができます。CLA Nxは、クリスのパーソナルミックススタジオであるMix LAのサウンドを提供します。上記の手順で、DAWで自分の曲とリファレンストラックのオーディオをゲインマッチさせ、適切にルーティングしたなら、CLA Nxを使うのは、マスタートラックの最後のインサートにプラグインを入れて、2つの曲を切り替えるだけです。これは、曲を見るレンズを変えるための簡単で素早い方法であり、自分の曲が新しいリスニング環境でどのように解釈されるかを知る上で、もう一つのレベルの安心感を得ることができます。


referenceguidetips


最後に



リファレンスは強力なツールですが、適切な方法で使用しないと道を誤ることにもなりかねません。今回ご紹介したアイデアを参考にしていただければ、次にミックスを参考にするときに、その経験を最大限に生かすことができるでしょう。

人気記事

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック
アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック

ギターのレコーディングでは、実際のアンプを使った録音と、アンプシミュレータを使ったプラグインでの方法があります。ここでは、アンプシミュレータで完璧なサウンドのギターパートをレコーディングするための重要

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

人気製品

Ultimate
Kramer HLS Channel
Kramer HLS Channel

伝説的なプロデューサー/エンジニアであるEddie Kramerと共に開発したHLS Channelは、Londonの有名なOlympic Studioにおける歴史的なセッションで使用したHeliosミキシングコンソールと同じモデルを入手、細心の注

Ultimate
Essential
Waves Stream
Waves Stream

友達、共同制作者やクライアントと、DAWからロスレスオーディオをリアルタイムで共有可能。ボタンを1回クリックするだけでかんたんに実現します。

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Ultimate
Essential
Waves Tune Real-Time
Waves Tune Real-Time

エモーションを損なわない自然で正確なピッチ補正を、リアルタイム、超低レイテンシーで実現する、ボーカリストのためのドリームツール パフォーマンスに自信と集中を持って取り組むために、ライブ、スタジオを問わ

Ultimate
Essential
Clarity Vx DeReverb
Clarity Vx DeReverb

AIを使って、どんな部屋でも、どんなボーカルでも使えるようにしましょう。Clarity Vx DeReverbがその作業を代行し、プロフェッショナルなサウンドのボーカルとダイアログのレコーディングを瞬時に、最高の忠実度で

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube