検索
たった1つのノブで、ボーカルトラックに「色気」を。</br>Greg Wells VoiceCentric

たった1つのノブで、ボーカルトラックに「色気」を。
Greg Wells VoiceCentric

バンドものでも、打ち込みものでも、歌ってみたでも、どんな場合でも楽曲の主役はボーカルです。そのため、多くの方がもっともこのトラックの音作りや処理にたくさんの時間を費やすのではないでしょうか。

「ボーカル 処理」なんかで検索をしてみると、非常に多くのTipsやテクニックの解説が簡単に集まります。超低域はカットしよう、ピーキーなところは抑えよう、コンプで安定させよう....などなど。しかし「色気を出そう」というTipsは、あまり多くありません。これは、元のボーカルや使用したマイクによって処理どころが変わる、エンジニアならではのテクニックだからでしょう。

では、諦めるしかないのかというのはもったいない。WAVESからリリースされているGreg Wells VoiceCentricは、どんなボーカルにも「たったの1ノブで」適切な色気を加えてくれる究極プラグインです。

2022.06.06

このプラグイン、エンジニアでもありコンポーザーでもあり、アレンジャーでもありプロデューサーでもある、そしてあらゆる楽器を弾きこなすマルチ・インストゥルメンタリストのグレッグ・ウェルズの監修によってできあがったもの。グレッグ・ウェルズが関わったアーティストといえば、アデル、ミーカ、ケイティ・ペリー、ファレル・ウィリアムス、エルトン・ジョン.........

.....いや、キリがありません。いずれの作品もグラミー受賞作品ばかりで、いわば「ヒット作の裏にグレッグ・ウェルズあり」な人なのです。

そんな彼が監修したGreg Wells VoiceCentric。使い方は簡単で、ボーカルトラックにインサートして気持ちいい色気が出るところまで中央のビッグ・ノブを右に回していくだけ。

single-plugins-cla-vocals

右にある3つの小さなノブは、ディレイ、ダブラー、リバーブのエフェクト。これらはお好みでどうぞ。1つだけ注意があるとすれば、ビッグ・ノブの左上にある緑色のランプの色を確認すること。入力が大きすぎると赤になり、小さすぎると無色〜緑を行ったり来たりします。ここが緑〜黄あたりを行ったり来たりするくらいがちょうどよいバランスです。左にあるインプットボリュームで調整してみてください。


インサートしただけでほんのり「いい感じ」の色気がボーカルに加わり、右に回していくほどクッキリ・ハッキリしながら耳に痛くない色気が付きます。ビッグ・ノブの背後ではグレッグ・ウェルズ監修のプロセッサーがいくつも複雑に稼働していますが、ユーザーはこれを意識する必要はありません。目を閉じて、ビッグ・ノブを「いい感じのところ」まで回すだけです。

ボーカルトラックに色気。熟練のエンジニアのテクニックを、誰でも簡単に。

関連記事

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

音作りのポイントはスピーカーキャビネット?あらゆるジャンルがカバーできる最強アンプシミュレーター Waves PRS SuperModels
音作りのポイントはスピーカーキャビネット?あらゆるジャンルがカバーできる最強アンプシミュレーター Waves PRS SuperModels

誰でも簡単に音作りできる親切設計 - PRS SuperModelsはギターの音作りで重要なポイントが簡略化されているため、初心者の方でも安心して音作りできるのが特徴です。

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

関連製品

Waves Harmony
Waves Harmony

1つのボイスから最大8つのボイスを生成して、すぐにボーカルハーモニーを作ることができます。夢のボーカルプロダクションを作りましょう。それぞれのボイスの個性と質感を簡単にカスタマイズできます。ピッチ、フォ

5,500
Chris Lord-Alge Signature Series
Chris Lord-Alge Signature Series

30年以上もの間、ロック界のサウンドを牽引してきたミキシング・エンジニア、クリス・ロード-アルジ。彼のテクニックそのものを、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルなど用途別の6つのプラグインとして再現しました

6,600
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

50,600
Tony Maserati Signature Series
Tony Maserati Signature Series

Tony Maserati Collectionは、現在のヒットチャートを席巻するヒップホップ、R&Bの潮流を担ってきた稀代のエンジニア、トニー・マセラティのワークフローを再現するプラグイン・バンドルです。ギター、ベース、ドラ

6,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

8,140
Diamond
Diamond

インスピレーション、閃いたアイデアをトラックへと作り上げ、数々のツールを使ってミックスし、磨き上げ、最高の状態でトラックダウンする。Diamondは、Platinumバンドルのプラグインをすべて収録し、さらに原石と

36,300
Signature Series Vocals
Signature Series Vocals

クリス・ロード=アルジ、エディ・クレイマー、ジャック・ジョセフ・プイグ、トニー・マセラッティ。いずれも類い稀なテクニックと感性で多くのアーティストの傑作を生み出し、グラミー賞を数度にわたり獲得するなど

6,600
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

10,890
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube