検索
ヒットチャートに入るボーカルに必要なもの

ヒットチャートに入るボーカルに必要なもの

楽曲の主役、ボーカル。この処理に多くの方が最も時間をかけて綿密な処理をしていることでしょう。ノイズの除去、ピッチの補正、EQやコンプによるベーシックな処理や色気の演出をするための秘蔵のプロセッシング、そして、印象的なボーカルトラックを作り出すためのエフェクティブな加工。ヒットチャートに載る楽曲は、こうした丁寧な処理が施されています。ここではクリエイティブなボーカルトラックを作るためのスタートラインからご紹介いたします。主役をしっかり生かすための「前処理」はWAVESに任せ、よりミックスに集中する環境を作りましょう。

2021.04.20

レコーディング・ノイズの除去は、たった1本のスライダーでOK

NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor
4,950

ボーカルレコーディングを行う高感度のマイクは、ボーカル以外の些細な音にも敏感に反応し収録してしまうことでしょう。外を走る車の音、部屋の中の家電機器が放つわずかな動作音、部屋の壁で起きる反射音など。ノイズ除去のプラグインは数多くありますが、どれも難しいものばかり。しかしNS-1なら、たった1本のスライダーを上げていくだけで、不思議なほどにボーカル以外の音を抑えてくれます。ノイズの除去という「作業」はNS-1に任せて、あなたはよりクリエイティブなことに時間を使ってください。

ピッチは、Tune Realtimeで一発補正。

Waves Tune Real-Time
Waves Tune Real-Time
4,950

「リズムやシャウト、歌い回しのパフォーマンスは完璧だけど、一瞬だけピッチがずれた」というテイクと、「ピッチは合っているけど、勢いがなく無難」なテイクがあったとしたら、どちらを採用するべき?ボーカルレコーディングはフィジカルだけでなくメンタルも重要な要素。感情がこもっていない無難なテイクよりも、パフォーマンスの良いテイクを積極的に採用しましょう。どうしても気になるピッチは、Tune Realtimeで一発補正。自然な補正から、機械的なケロケロ補正まで。ベストなボーカルテイクを残しましょう。

R&BやEDMのボーカル・エフェクトも一瞬で。

Vocal Bender
Vocal Bender
4,950

ヒットチャートに名を連ねる楽曲は、いずれもボーカルが最も印象的にリスナーに響くように様々な工夫が凝らされています。絶妙なダブリング、年齢や性別を急激に変化させたようなフォルマント・シフト、声の個性の残したままロボット・ボイスのように質感を変化させる手法。これらの加工は、これまでいくつものプラグインを使い絶妙に調整してやっと得られるものでした。Vocal Benderはそういった手間を一切省いた、画期的なボーカルプラグイン。わずかなツマミの調整で、最高にキャッチーなボーカルに仕上げることができます。

人気記事

「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ    - Waves Genius
「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ - Waves Genius

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

音量差の大きいボーカルを手軽に揃えたい![H-Comp]- Waves Genius
音量差の大きいボーカルを手軽に揃えたい![H-Comp]- Waves Genius

Production & Mix with WAVES – tofubeats #3 マスタリング編
Production & Mix with WAVES – tofubeats #3 マスタリング編

Vol.1、Vol.2と公開してまいりましたこの企画も今回が最終回。これまでボーカル編、トラック編と解説を頂きまして、最後はマスタリング編のご紹介をお願いしたいと思います。

人気製品

Ultimate
Essential
H-Comp Hybrid Compressor
H-Comp Hybrid Compressor

古き良き、クラシックな音色とキャラクター。Wavesのテクノロジーが実現する機能とフレキシビリティ。Waves Hybrid Lineは、アナログとデジタル、両者のその優れた点を一つのプラグインに結実したラインナップです。

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

Ultimate
Essential
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

Ultimate
Essential
Vocal Bender
Vocal Bender

ヒップホップ、R&B、エレクトロニック、現代のポップ・ミュージックに不可欠となった「フォルマント-ピッチ・ボーカルサウンド」。数々のヒット曲で聞けるあのボーカルをリアルタイムにレコーディング、ミックスでき

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube