検索
ボーカルの不要な「共鳴」を解決する3つの方法

ボーカルの不要な「共鳴」を解決する3つの方法

ボーカルにおける意図しない共鳴は、スピーカーから不快な音耳障りなサウンドを生じさせます。レゾナンスは、ボーカリストの声が、使用しているマイクや空間と相互作用することで発生。レゾナンスのあるボーカルを手にした場合、ダイナミックEQやサチュレーター、クリエイティブなフィルタリングエフェクトなどを使って対処することが可能。Wavesプラグインでボーカルの問題を改善しましょう!

2021.09.22

1. ダイナミックEQでレゾナンスを抑える

F6 Floating-Band Dynamic EQのようなダイナミックEQは、各バンドのスレッショルドレベルを超えた信号にのみ反応してイコライジングが可能。特に入力信号が共振している場合のみイコライジングが強くかかるので可能な限りボーカルへの影響を抑えられます。似たような動作をするマルチバンド・コンプレッサーと比較して、ダイナミックEQはより狭い帯域に対してアプローチしやすく、鋭い共振周波数を狙うのに最適です。

共鳴しているボーカルにF6を適用し、ベルフィルターにブーストを適用します。ベルフィルターの帯域が狭いことを確認してから、ボーカルの周波数スペクトル全体にバンドをスイープします。共鳴する周波数を見つけたら、バンドをそのままにして、バンドのゲインをゼロに設定し、共鳴が処理されるまでバンドのスレッショルドを下げていきます。

ボーカルの中に特に共鳴している周波数がある場合、上位の倍音も共鳴していることが少なくありません。1つのボーカルに複数のノッチを適用することになるかもしれませんのでご注意ください。

2.サチュレーターを使って「歪み」で共鳴を隠す

共鳴しているボーカルにサチュレーターを適用すると、歪みで共鳴を隠し、コンプレッションで信号を整えることができます。ボーカルに色を加え、同時にレゾナンスを処理したい場合は、Abbey Road SaturatorJ37 Tapeのようなテープ・サチュレーターを使うのが良いでしょう。

響きのあるボーカルトラックにJ37 Tapeを挿入します。入力レベルを上げ、メインメーターのピークが0付近になるようにします。ボーカルにもっと「エッジ」を加えたい場合は、もっと高くします。その後、出力レベルを下げて、プラグインをバイパスしたときに、処理された信号と処理されていない信号を正確にA/B比較できるようにして最適なサウンドを探りましょう。

3. フィルターを使ってレゾナンスを除去する

レゾナンスは、ボーカルの周波数スペクトル全体で発生する可能性がありますが、レゾナンスがトップエンドで最も顕著な場合は、ローパスフィルターを使用して問題のある周波数を完全に除去することができます。

MetaFilterには、レゾナンスの処理やクリエイティブな効果を適用するために使用できる、フィルターに焦点を当てたクリエイティブなミキシングソリューションが多数用意されています。レゾナンスのあるボーカルトラックにMetaFilterを適用し、ローパスフィルターを選択して、レゾナンスがカットされるまでFREQノブを調整します。

さらに、MetaFilterのLFOをサイン波に変更して、FREQパネルでLFOの深さを調整すると、波打つようなポンピング効果が得られますが、これは最終的なミキシングテクニックではなく、意図的なものです。バックグラウンド・ボーカルの場合は、この波状の効果が非常に効果的です。

いかがだったでしょうか。楽曲やマイク、さらにはボーカリストによってボーカル「共鳴」が発生する場面や帯域が変わってきます。しかしどんな場面でも諦めずに解決策を探すことが重要です。
さあ、デスクに向かって制作を始めましょう。

人気記事

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips
マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から1つを日本語化してお届け。前回お届けした「トップエンジニアからの金言。ミキシングのTips」とやや似た傾向で、具体的なTipsこそ少ないものの、心構えとして抑えてお

人気製品

Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

7,260
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

5,830
Nx Virtual Mix Room over Headphones
Nx Virtual Mix Room over Headphones

Waves Nxは、Wavesが開発した革新的テクノロジーにより、自然な奥行き、反射、広がりのあるステレオ音像といった、実際のスタジオでスピーカーを通したような音響空間をヘッドフォン上に再現し、ヘッドフォンを確か

4,400
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

50,600
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

8,690
VU Meter
VU Meter

VU Meterにより、DAWでのミックスに、業界の定番となっているメータリング・メソッドを導入することが可能になります。VU Meterを使用することで、より最適なレベル、十分なヘッドルーム、そしてクリアなミックスを

2,860
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

34,980
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

26,400
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube