検索
トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 1(キックドラム編)

トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 1(キックドラム編)

日本を代表するエンジニアの一人、飛澤正人さんをゲスト講師にお迎えし、飛澤さんの本拠地スタジオ、PENTANGLE STUDIOからお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。

2020.01.01

日本を代表するエンジニアの一人、飛澤正人さんをゲスト講師にお迎えし、飛澤さんの本拠地スタジオ、PENTANGLE STUDIOからお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。

 

この企画は、ミックスに関するお悩みを皆さまから自由に投稿いただき、その質問に対して飛澤さんが回答の1つを提示してくれるというもの。まさしく、一級エンジニアに「弟子入り」するかのような感覚でご覧いただける動画コンテンツです。

 

第一回となる今回、ドラムの音作りに関するお悩みをいただきました。まずはイントロダクション編として、お悩みの内容とテーマとなる楽曲、環境などについてのイントロダクション編をご覧ください。

 

 

ドラムと一口に言っても、個々のパーツの処理からバスにまとめた処理まで、多岐に渡ります。このテーマは少し時間をかけて、個々のパーツから順に解説をしていただくことになりました。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:キックドラム編その1

 

その1ではキックの中にいれた「In」マイクと、外側に立てられた「Out」マイクの処理について解説されています。魔法のような飛澤さんのEQテクニックは、何を聞き取りながら使われているのか。コンプの選定基準や掛け方で注意すべき点などが解説されています。映像とともにチェックしてみてください。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:キックドラム編その2

 

キック編その2では、重低音の収録用に使用されるサブキックの処理と、ここまで処理してきたIn、Outのマイクと合わせたキックのバスミックスの処理について語られています。また、ムービー中盤の「EQカットを使うことで、重低音を引き出す」テクニックは多くの楽器に流用できる考え方でしょう。

 


 

ムービーでは具体的な周波数やパラメータ値なども語られていますが、そんな数字の暗記ではなく、飛澤さんがそれぞれの処理を行う前に語っている「XXXが不要だから、XXXが欲しいから」の部分も併せてチェックすることをお勧めいたします。一級のエンジニアは判断も速く、また作業も速いです。それはパラメータを暗記しているから速いのではなく、耳で聞いた瞬間に処理すべきポイントと、使うツールが浮かぶからに他ならないでしょう。

 

人気記事

新サービス開始:Wavesプラグインサブスクリプション「Waves Creative Access」を2023年3月27日より開始。
新サービス開始:Wavesプラグインサブスクリプション「Waves Creative Access」を2023年3月27日より開始。

オーディオ業界をリードする世界最大手のプラグイン・デベロッパーWavesより、新しい利用プランとなるWaves Creative Accessが発表されました。同時に、世界中のトップエンジニア、プロデューサー、クリエイターが作

マニー・マロクウィン、ミックスの金言。ケンドリック・ラマー作品を語る
マニー・マロクウィン、ミックスの金言。ケンドリック・ラマー作品を語る

世界中でもっとも忙しいミックスエンジニアの一人、マニー・マロクウィンに、彼が手がけたケンドリック・ラマーの5thアルバム「Mr. Morale & the Big Steppers」での仕事について話してもらいました。各トラックのエ

アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック
アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック

ギターのレコーディングでは、実際のアンプを使った録音と、アンプシミュレータを使ったプラグインでの方法があります。ここでは、アンプシミュレータで完璧なサウンドのギターパートをレコーディングするための重要

ロッド・ウェイブ、ジャスティン・ビーバーのボーカルサウンドを作る7つのテクニック
ロッド・ウェイブ、ジャスティン・ビーバーのボーカルサウンドを作る7つのテクニック

エンジニアでもあり、プロデューサーでもあるトラヴィス・ハリントン(ロッド・ウェイブ、ドレイク、ジャスティン・ビーバー)は、ロッド・ウェイブのツアー中にホテルの部屋でトップチャートに入るレコードを制作し

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

人気製品

Ultimate
Essential
Waves Tune Real-Time
Waves Tune Real-Time

エモーションを損なわない自然で正確なピッチ補正を、リアルタイム、超低レイテンシーで実現する、ボーカリストのためのドリームツール パフォーマンスに自信と集中を持って取り組むために、ライブ、スタジオを問わ

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Ultimate
C6 Multiband Compressor
C6 Multiband Compressor

何年にもわたり、Waves C4は世界中のスタジオエンジニアのお気に入りプラグインでした。今や、ライブサウンドの現場においても必須となっています。

Ultimate
Essential
Vocal Bender
Vocal Bender

ヒップホップ、R&B、エレクトロニック、現代のポップ・ミュージックに不可欠となった「フォルマント-ピッチ・ボーカルサウンド」。数々のヒット曲で聞けるあのボーカルをリアルタイムにレコーディング、ミックスでき

Ultimate
Essential
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

Ultimate
Essential
Renaissance Bass
Renaissance Bass

どんな種類のトラックに対しても本格的な重低音を…。Wavesが開発したMaxxBassテクノロジは、特定のハーモニクス(倍音)を付加することによってサウンドに含まれるベース成分を際立たせ、さらにはスピーカーの周波数

Ultimate
Waves Harmony
Waves Harmony

1つのボイスから最大8つのボイスを生成して、すぐにボーカルハーモニーを作ることができます。夢のボーカルプロダクションを作りましょう。それぞれのボイスの個性と質感を簡単にカスタマイズできます。ピッチ、フォ

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube