検索
Greg Wells Signature Series

Greg Wells Signature Series

プロデューサー グレッグ・ウェルズのシグネチャーサウンドを再現するプラグイン・バンドル

アデル、ケイティ・ペリー、ワン・リパブリック、ミーカ、トゥエンティ・ワン・パイロッツ。数多くのアーティストの作曲、ミックス、プロデュースに携わり、関わった楽曲の累計売上数が8500万ユニットにのぼる、グラミー賞ノミネート・プロデューサー/エンジニア、グレッグ・ウェルズ。彼とのコラボレーションから生まれたGreg Wells Signature Seriesは、ボーカル、ピアノ、そしてミックスと、音楽制作のあらゆる局面で役立つプラグインを収録しています。トップクラスのサウンドを素早く作りたいソング・メーカー、プロデューサー、エンジニアとって、長らく思い描いていた理想のツールとなるでしょう。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

63,800
79%OFF 13,200
Waves Greg Wells Signature Series
Greg Wells Signature Series

ボーカリストが絶大な信頼を置く、天才エンジニア

グレッグ・ウェルズのサウンドの特徴を表すなら、彼が手がけてきたアーティストの作品リストを見れば一目瞭然でしょう。きらびやかで伸びやか、そしてドラマチック、何よりも楽曲・プロダクションの全てが、ボーカリストの歌声のために作り上げられています。

  • ジョン・レジェンド – “Never Break”
  • キャリー・アンダーウッド – My Gift
  • グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)
  • アデル – “One and Only”
  • トゥエンティ・ワン・パイロッツ – Vessel
  • テイラー・スウィフト – “Beautiful Ghosts”
  • キース・アーバン – Country Airplay chart “Wasted Time”
  • ケイティ・ペリー – “Cozy Little Christmas” “By the Grace of God” “Waking Up in Vegas” “Ur So Gay” “Not Like the Movies”
  • ワンリパブリック – “Apologize”
  • ミーカ – “Grace Kelly”

ボーカリストを知り尽くしたエンジニア/プロデューサーのムーブ。自身がソングライターだからこそ導き出すことのできる、暖かく煌めきのあるサウンドが、Greg Wells Signature Seriesの全てのプラグインに通底しています。

アーティスト以上に自分は優秀ではない、という彼の控え目で謙虚な姿勢と、最良のサウンドへの飽くなき追求は、Greg Wells Signatureプラグインの独自のプロセッシングそして使いやすさとして、これ以上ないほど明確に反映されました。

Greg Wells Signature Series | Greg Wells MixCentric

ボーカル、ピアノ、トーン、ミックスの4つで構成されたGreg Wells Signatureプラグイン・インターフェイスは、たった一つのノブと数個のボタン、それだけです。

正しいマイクと機材の組み合わせがあれば、それ以上の処理は必要ないという彼の哲学を映すかのように、どのプラグインもノブを回していくごとに、グレッグ・ウェルズが考える最良のプロセッシングが組み合わされたサウンドが、少しずつ違う表情で表れてきます。艶やかな高域のエアー感、アナログの厚み、どんなトラックでも磨き上げ、マスタリングされたかのような魅力を引き出してくれるプラグインたちです。

人生を通して音楽に魅せられ、囚われてきたという彼の音へのこだわりがGreg Wells Signature Seriesへシンプルに、かつ最良の形に昇華されています。

Greg Wells

グレッグ・ウェルズ:デュア・リパ、アデル、エルトン・ジョン、ウィーザーなどを手掛けるエンジニアであり、作曲家、マルチインストゥルメンタリスト、プロデューサー。エンジニアとして多数のヒット作に携わるほか、プレイヤーとしても活躍している。
gregwells.net

特徴

  • グラミー賞ノミネートのプロデューサー/エンジニア、グレッグ・ウェルズとのコラボレーションにより開発
  • シンプルなインターフェースでグレッグ・ウェルズのシグネチャーサウンドを生み出す4つのプラグインを収録
  • トップクラスの質感を持ったボーカル、ピアノへ瞬時に調整、トラックのブラッシュアップ、ミックスの仕上げまで可能
  • 親しみやすい、シンプルなインターフェース

収録プラグイン

動画

Introducing the Greg Wells Signature Series Plugin Collection

Greg Wells本人が語る、WAVES VoiceCentricプラグイン

Greg Wells本人が語る、WAVES PianoCentricプラグイン

Greg Wells本人が語る、WAVES MixCentricプラグイン

How to Get Rich Analog Tone with the Greg Wells ToneCentric Plugin

How to Add Vibe to Vocals, Keys & Mix Bus | Greg Wells Plugins

Composed, Produced and Mixed by Greg Wells

Producing Next-Level Rap Vocal Tones | Greg Wells Plugins

Waves V14製品 動作環境

Mac 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2022.4 (AAX Native、Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.7.4 (Audio Units)
  • Digital Performer 11 (Audio Units)
  • Ableton Live 11.1 (VST3)
  • Nuendo 12 (VST3)
  • Cubase 12 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10.4.6 (Audio Units)
  • Audition 22 (VST3)
  • Premiere Pro 22 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 12 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 4 (VST3)
  • Luna 1.2.7 (Audio Units)
Windows 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2022.4 (AAX Native、Audiosuite)
  • Ableton Live 11.1 (VST3)
  • Nuendo 12 (VST3)
  • Cubase 12 (VST3)
  • Cakewalk by BandLab 2021 (VST3)
  • Audition 22 (VST3)
  • Premiere Pro 22 (VST3)
  • Samplitude Pro X6 (VST3)
  • Sequoia 15 (VST3)
  • Pyramix 14 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 12 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 4 (VST3)
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 22 (VST3)
Mac
  • CPU:Intel Core i7 / i9 / Xeon-W / Apple M1(ClarityおよびCOSMOSを除く)
  • メモリ: 8 GB RAM(16GB以上推奨)、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS:10.15.7、11.6.5、12.3.1
  • "Metal"対応グラフィックプロセッサ搭載の以下のモデルに対応 (Metal詳細について)
    • MacBook 2015以降
    • MacBook Air 2012 以降
    • MacBook Pro 2012 以降
    • Mac mini 2012 以降
    • iMac 2012 以降
    • iMac Pro
    • Mac Pro 2019以降(MacPro2015以前のモデルについては、Metal対応モデルも含めてサポートされません)
  • Apple Silicon MacモデルについてはM1プロセッサ対応状況をご覧ください。
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon (Gen 5 以降) / AMD Quad-Core
  • メモリ: 8 GB RAM、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit(21H2)、Windows 11 (21H2)
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
ご注意

上記動作環境はWaves製品全般に関する内容であり、製品により対応状況が異なる場合があります。対応ホストアプリケーション、および個別プラグインの特記事項を合わせてご確認ください。

ご購入前にご利用環境における動作確認などをデモバージョンにてお試しいただく事をお勧めいたします。7日間のデモ期間中は製品の機能に制限なくご利用いただけます。ご利用方法はこちらのページをご参照ください。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

63,800
79%OFF 13,200

関連記事

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック
アンプシミュレータでよりリアルな音を作るテクニック

ギターのレコーディングでは、実際のアンプを使った録音と、アンプシミュレータを使ったプラグインでの方法があります。ここでは、アンプシミュレータで完璧なサウンドのギターパートをレコーディングするための重要

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

関連製品

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Ultimate
Essential
MaxxBass
MaxxBass

ローエンドをきちんと再生するには、ヒットレコードやメジャーな映画などに使用されている低音補強テクノロジーMaxxBassをお勧めします。 MaxxBassは、音響心理学現象を使用して、サウンドの基本音調とぴったり合う

Manny Marroquin Signature Series
Manny Marroquin Signature Series

4度ものグラミー賞に輝いたミキシング・エンジニア、マニー・マロクィン。彼のスタジオのユニークなワークフローが集約された6つのハイブリッド・プラグインを収録した、新しいシグネチャー・コレクションの登場です

Chris Lord-Alge Signature Series
Chris Lord-Alge Signature Series

30年以上もの間、ロック界のサウンドを牽引してきたミキシング・エンジニア、クリス・ロード-アルジ。彼のテクニックそのものを、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルなど用途別の6つのプラグインとして再現しました

Ultimate
Essential
L1 Ultramaximizer
L1 Ultramaximizer

Waves L1 Ultramaximizerはルックアヘッドによるピークリミッティングに加え、優れた再クオンタイズ(ビット解像度の最適化)を行います。これにより、CDマスタリングからマルチメディア音楽制作に至るまで、すべて

Ultimate
L3 Multimaximizer
L3 Multimaximizer

デジタルの世界では絶対にあってはならないクリッピングを回避しながら、全体的な音圧を最適化したい。そんなミックス最終段階やマスタリング時に欠かせない存在となっているWavesのマキシマイザー。

Ultimate
Essential
Maserati ACG
Maserati ACG

Tony Maserati、ACG Acoustic Guitar Designerを語る: 「ACGは様々な種類のアコースティックギターのゲインを究極までコントロールし、エネルギーをブーストする総合的なツールです。’ACG 1’の設定はレベルをマキシ

Ultimate
Greg Wells VoiceCentric
Greg Wells VoiceCentric

人の声は歴史上でもっともパワフルな楽器、と言って間違いではないでしょう。ほぼすべてのジャンルでボーカルは非常に重要な地位を占めています。ミックスで自然に馴染む、完璧なボーカル・サウンドをつくり上げるた

Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube