検索
アコギをオケに馴染ませる3つの方法

アコギをオケに馴染ませる3つの方法

アコースティック・ギターは、周波数帯域が広いため、ミックスの中にうまくフィットさせるには工夫が必要なパートです。この問題を解決するための3つのヒントをご紹介します。ステレオフィールド内に効果的に配置して、ミックス内のスペースを有効に使うことが重要なポイント。このような場合、サイドチェイン・コンプレッションを使って、アコースティック・ギターのためのスペースを確保することができます。

2021.07.20

1. ミックス内のスペースを有効活用する

ミックスの中で、利用できていないスペースはありませんか。ミックスで操作できる主な次元は、幅(X軸)、高さ(Y軸)、奥行き(Z軸)の3つです。X軸はパン、Y軸は周波数、Z軸はリバーブを使って音の大きさや空間を変えることで、トラックの要素を移動させることができます。

H-Reverb Hybrid Reverbは、アコースティック・ギターをミックスのZ軸(奥行き)に沿って配置しようとするときに最適な選択肢です。ミックスの中でギターが前面に出てくるようにするには、1秒以下の短いリバーブタイムを使用し、ドライ/ウェットのノブを調整し、処理されていない信号と処理された信号のバランスを調整しましょう。

逆に、アコースティックギターをミックスの中でより後ろに追いやるには、ディケイタイムを長くし、ドライ/ウェットのウェットの値を大きくしリバーブ効果がより顕著になるようにします。ステレオフィールド内でアコースティックギターを配置するスペースを確認し、それに合わせて各サウンドをミックスしましょう。

howtofix-electricguitar

2. アレンジに合わせたギターのEQ

アコースティックギターは、周波数帯域の多く占める傾向があります。きれいに録音されたフルボディのアコースティックギターは、持続性のある低域を持っており、大音量ではドラムを覆い隠してしまうことも。そのため、曲やアレンジの中でギターがどのような役割を果たしているかを確認し、目的に応じたEQ処理を行うことが重要です。

アコースティックなフォークソングであれば、アコースティック・ギターのフルレンジが必要になるでしょう。しかし、ポップスのミックスで、アコースティックギターがトップエンドの質感を提供しているだけなら、ローエンドは必要ないでしょう。H-EQのようなEQのハイパスフィルターを使って、200Hzまでの周波数を緩やかにロールオフし、200〜350Hzのレンジにはローシェルフカットを加えてみましょう。そうすると、アコースティックな質感がよりはっきりとミックスから浮かび上がってくるのがわかります。

howtofix-electricguitar

3. サイドチェイン・コンプレッションを使う

緻密なミックスでは、トラックの各要素が周波数スペクトル全体に渡って配置されています。例えば、1つの音をステレオイメージのセンターに、もう1つの音をサイドに配置すると、同じ周波数帯に2つの音を収めることができます。

ユニークなミックスとは、静的なものではなく、曲の中で音が強調されることが多いものです。例えば、アコースティックギターの音をオフビートごとに入れてリズム感を出したいとします。

しかし、すでにアレンジには、ステレオイメージのセンターにはリードボーカルが。そしてサイドにはバッキングボーカルがすでに含まれているとしたらどうでしょう?

Doublerのようなプラグインを使用し、弾いたギターを複製してサイドに配置すると、バッキング・ボーカルと衝突してしまいます。そこで、C6 Multiband Compressorのようなマルチバンド・サイドチェイン・コンプレッサーをバッキング・ボーカルに適用して、ギターが演奏されるたびに競合するボーカルの周波数帯のサウンドを減衰させることができます。

バッキング・ボーカルのトラックまたはバスにC6 Multiband Compressorを挿入します。適度なバンド幅のベル・フィルターを作動させ、バンドの中心周波数をギターの聴かせたい周波数に設定します。アタックタイムとリリースタイムを短く設定し、バッキングボーカルとアコースティックギターの弾き語りが混ざらなくなるまでバンドのスレッショルドのレベルを下げていきます。ギターとバッキングボーカルがうまく混ざってくれたと思います。

howtofix-electricguitar

いかがだったでしょうか。
楽曲によっては、スペースをうまく取るのがとても難しいパートであるアコースティックギター。 豊かな倍音や空気感を持つが故に、アレンジによって適切な処理をしてあげることが、ミックスにフィットさせるコツですね。
さあ、デスクに向かって制作を始めましょう。

関連記事

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン
ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン

時間とエネルギーは貴重な資源です。「時は金なり」という言葉、これは人生のほとんどの局面で当てはまり、音楽制作やミキシングも例外ではありません。作業に費やす時間が本当に貴重であるならば、使用するツールや

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,356
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

36,300
PuigTec EQs
PuigTec EQs

PuigTec EQP-1A Pultec EQP-1Aは同じ周波数を同時にブースト/カットするユニークな機能を使用してレゾナンスシェルフを作り出せることで有名です。PuigTec EQP-1Aはジャック・ジョセフ・プイグが手がけた、ウィーザ

3,630
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

4,686
J37 Tape
J37 Tape

J37テープ・サチュレーション・プラグインは、WavesとAbbey Road Studiosの協力によって誕生したテープ・サチュレーション・プラグインです。現代音楽の偉大なマスターピースの録音に使われてきた機械そのものを正確

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube