検索
ハイパーポップの特徴をWavesプラグインで再現しよう!

ハイパーポップの特徴をWavesプラグインで再現しよう!

TikTokでよく耳にし、注目されている音楽ジャンルHyperPop(以下、ハイパーポップ)。特にCharli XCX、SOPHIE、100 Gecs、A. G. Cookなどのアーティストによって人気を集めています。今回はHyperPopの楽曲制作を制作するための4つのヒントをWavesプラグインを通じてご紹介!

2021.09.29

ハイパーポップってなに?

インディペンデント誌のウィル・プリチャードによると、「ハイパーポップとは、自己言及的でユーモラスで過剰なポップミュージックであり、TikTokの時代において電光石火で増殖し、世界中に広まっているジャンルです。」と述べています。

そしてサウンドは、潰れたようなシンセ、ピッチシフトしたボーカル、大量のディストーションを使用し、バブルガムポップ、ユーロハウス、トランス、ヒップホップ、エモ、ニューメタルなどをミックスしたものになっています。

それでは実際にハイパーポップとはどのような楽曲なのでしょうか?



100 Gecsの "Money Machine "は、"ハイパーポップ "という言葉を聞いて多くの人が思い浮かべる曲で、このジャンルを代表する曲になるでしょう。あるYouTubeのコメントによると、「この曲は文字通り、火傷にレモン汁をかけたように刺激的だ」とのこと。確かにその通りで、このグループを好きになるか嫌いになるかは人それぞれでしょう。

The AtlanticのPaul Spellaは、100 Gecsの2019年のデビューアルバム『1000 Gecs』を、"Skrillex、Mariah Carey、Blink 182、Nelly、Linkin Park、Kenny Loggins、Eurodance、そしてSkaの、悪ふざけに満ちたポストモダンなコラージュ "と表現しています。



A. G. Cookは、ハイパーポップの先駆者の一人として知られています。彼の楽曲「Beautiful」では、上記の「Money Machine」に比べて、よりハウス風の演出が見られます。違いはあるものの、これらの曲はどちらもハイパーポップの傘下に入ると思われます。



テンポとキーを選ぶ

ハイパーポップの曲の多くが、BPM80~100の間のテンポを採用しています。このテンポでは、エネルギッシュな4つ打ちのアレンジと、予測不可能なトラップ風のドラムブレイクの間を行き来することができます。ハイパーポップは、使用するドラム・アレンジの種類よりも、サウンド・セレクションの選択によって決まるようです。

ハイパーポップの多くはメジャー・キーで書かれており、ハッピーでエネルギッシュな躍動感をもっていますが、皮肉なことに、このスタイルの音楽の歌詞の内容は、メジャー・キーで書かれた音楽のポジティブな感情的効果とは全く対照的です。

多くのハイパーポップの曲の歌詞には、憂鬱、機能不全に陥った人間関係、その他の個人的な問題が含まれています。ElyOttoの "SugarCrash!"は、ハイパーポップ・トラックの好例で、明るく楽しいサウンドでありながら、歌詞の中で個人的な葛藤を表現しています。



歪んだベースとトラップドラム

ハイパーポップでは、大きく歪んだ808ベース的サウンドのベースラインが多用されます。そのため、ディープでインパクトのあるローエンドを維持しながら、グリッターの効いたベースサウンドを出すのに苦労している人も多いのではないでしょうか。秘訣は、Codexのような2オシレーターのシンセサイザーを使って、深みのあるサイン波の上に、バズィーなノコギリ波を重ねることです。次に、ローパス・フィルターを選択し、カットオフ周波数を約1,000Hzに調整して、過剰なトップエンドをフィルタリングします。


Example 1 - Bass



howtomakehyperpop

ハイパーポップの曲には、歪んだ808や乾いたスネア、奇妙なパーカッション、ハイハットロールなどを使ったトラップドラムのアレンジが多く見られます。しかし、キックと持続的なベースラインのアレンジを選びたい場合は、それも選択肢の一つです。ハイパーポップのドラム・プロダクションは、808やベースの音色さえしっかりしていれば、自由度が高いと言えます。


Example 2 – Drums and Bass



「ダンス」シンセを使ってみる

ゲーム「ダンス・ダンス・レボリューション」に出てくるようなシンセサイザーなら、ハイパーポップの曲にも合うでしょう。広大なユーロ系シンセプラック、耳障りなアルペジオ。分厚いパッドが商売道具です。That Kidの "Mile High Club "には、これらのサウンドの数々が含まれています。



Glaiveというアーティストは、ネット上のコミュニティからハイパーポップの仲間に入れられることが多いのですが、次のオーディオサンプルを聞いてみると、彼のスタイルにはちょっとした「違い」があることがわかります。彼は、ハイパーポップ・アーティストにありがちな大げさなボーカル処理を控えることにしました。彼の音楽には、相変わらずぎらぎらしたシンセサイザーが使われていますが、ライブ感のあるインストゥルメントも多く使われています。Eli Enisは、「ハイパーポップのアイデンティティは、音楽的な遺伝子に根ざしたものではなく、ポップの文脈の中で活動しながらも、ジャンルを完全に超越するという共通の"性格"なのです」と説明しています。



先ほどのキックとベースの例を踏まえて、Codexを使ってアレンジにプラックとアルペジオを加えました。複数のプラックを重ねて空間を埋め、AbletonのArpeggiatorというMIDIエフェクトを使ってアルペジオサウンドを生成しています。すべてのシンセにアルペジエイターが内蔵されているわけではないので、DAWの純正MIDIエフェクトを活用しましょう。


Example 3 - Synths



ヴォーカルのピッチとフォルマントを変える

プリチャードは、「このジャンルのキーパーソンの多くはトランスジェンダーであり、クィアネスとハイパーポップは『切っても切れない関係』と呼ばれています。このことは、音楽においても具体的な形で現れています。ボーカルの変調によって、アーティストたちは自分の声でジェンダーの流動性を探求することができるのです。例えば、前のオーディオ例のいくつかで聞いた高音のボーカル効果は、Waves TuneVocal Benderを組み合わせて簡単に実現できます。

まず、録音したボーカルを"ハードチューン"する必要があります。目標は、あなたの声のピッチセンターを曲のキー内の音に積極的に引き寄せることで、ロボットのようなサウンドを実現することです。Waves Tuneで「Select All」ボタンをクリックし、曲のルート音を入力し、音階を選択します。

howtomakehyperpop

これらのパラメータを設定して、「適用」をクリックすると、曲中のすべての音を正しいキーにスナップします。最もロボット的な結果を得るには、速度を0に、音符の移行時間を0に、比率を100に設定します。最良の結果を得るためには、ノートエディタインターフェイスで乱れたノートを手動で調整するようにしてください。


Example 4 – Hard-Tuned Vocals



この時点では、ボーカルにVocal Benderのインスタンスを適用し、ピッチとフォルマントのノブを5音半ずつ増やします。しかし、この方法では、ボーカルが曲のキーから外れてしまうという問題があります。これを回避するには、曲をインストゥルメンタルとしてレンダリングし、別の録音プロジェクトに取り込みます。そのプロジェクトの中で、インストゥルメンタルのピッチを5音半下げてボーカルを録音し、そのボーカルを元のプロジェクトにエクスポートします。これで、ボーカルのピッチを上げても、正しいキーになるようになります。

howtomakehyperpop

曲のキーに合わせて歌うことが目的なのに、なぜこのような作業が必要なのかと思われるでしょう。では、5半音のピッチ調整をせずに、元のキーで歌えばいいのではないか?答えは、ピッチ調整をすることで、最終的な音が変わってくるからです。次の例では、Bメジャーのキーで録音したボーカルをピッチ調整すると、曲のオリジナルキー(Eメジャー)になってしまいます。


Example 5 – Shifted Vocals



ハイパーポップのボーカルにもう少し幅を持たせるには、Waves Doublerのインスタンスを適用して、Voice 1と2のゲインを数デシベル上げてください。Doublerのレベルを上げすぎると、不自然な音になってしまうことがありますが、とにかくそういう方向で考えてみましょう。多くのポップアーティストがこのテクニックを使って、自分のボーカルをミックスの中で引き立たせています。

howtomakehyperpop

Example 6 – Doubled Vocals



ちょっとした歪みを加えることで、ボーカルの音をさらに甘くすることができます。PRS SuperModelsのようなアンププラグインをAUXトラックに適用して、ボーカルのパラレルプロセスに使用することを検討してみてください。軽い歪みと重い歪みを試してみて、自分の曲に合ったアプローチを見つけてください。


Example 7 – Amped Vocals



howtomakehyperpop

ボーカルアレンジに変化を持たせたい場合は、ボーカルトラックを複製し、ボーカルベンダーでオクターブ下げたり上げたりしてハーモニーを作ることができます。また、他の半音値を使ってピッチを調整し、出来上がった音をWaves Tuneの別のインスタンスを使って曲のキーに合わせることも可能です。


Example 8 – Vocal Bender Vocals



ボーカルにリバーブとディレイをかけて、ミックスに溶け込ませた最終的なサウンドは以下の通りです。


Example 9 – Final Hyperpop Product



最後に

ハイパーポップは、様々なポップミュージックに適用されてきたラベルであり、定義するのは難しくもあります。しかし、ハイパーポップに分類される曲に見られる新しいサウンドデザインやミキシングのテクニックを、自分の音楽に応用する方法はわかったはずです。これらの情報は、あなたの制作ツールの一つと考え、自分の曲に適用するためのクリエイティブな方法を探してみてください。

さあ、早速デスクに向かって制作しましょう。

関連記事

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス
自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス

自宅でのボーカル録音シリーズの第2回目では、レコーディングのセットアップの中心となるオーディオ・インターフェイスについて、設定方法、レベルの設定、そしてサウンドを良い音で録音する方法について説明します

自宅でのボーカル録音 #1: マイクの選び方とテクニック
自宅でのボーカル録音 #1: マイクの選び方とテクニック

ミックスを向上させる1番の秘訣は、より良い録音をすることです。自宅でのボーカル録音をテーマにした今回のシリーズでは、まず、音楽のサウンドを向上させるためのさまざまなマイクの選択と適切なテクニックについ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips
マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から1つを日本語化してお届け。前回お届けした「トップエンジニアからの金言。ミキシングのTips」とやや似た傾向で、具体的なTipsこそ少ないものの、心構えとして抑えてお

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

39,600
VU Meter
VU Meter

VU Meterにより、DAWでのミックスに、業界の定番となっているメータリング・メソッドを導入することが可能になります。VU Meterを使用することで、より最適なレベル、十分なヘッドルーム、そしてクリアなミックスを

3,234
Abbey Road Collection
Abbey Road Collection

あまりにも有名なビートルズのアルバムジャケット、その信号の先には、彼らにまつわる幾つもの逸話と、音響実験によって作り上げられた名作アルバムの誕生地があります。音楽に伝説はつきものですか、21世紀の音楽、

22,880
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Diamond
Diamond

インスピレーション、閃いたアイデアをトラックへと作り上げ、数々のツールを使ってミックスし、磨き上げ、最高の状態でトラックダウンする。Diamondは、Platinumバンドルのプラグインをすべて収録し、さらに原石と

36,300
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,686
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube