検索
WAVESがV12へ。メジャーアップデートをリリース

WAVESがV12へ。メジャーアップデートをリリース

28年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV12へのメジャーアップデートをリリースいたします。

2020.01.01

28年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV12へのメジャーアップデートをリリースしました。

Waves V12では、プラグイン・ウィンドウの表示サイズを変更できるようになりました。Retinaに対応した5つのGUIサイズから選択して、重要な作業に集中することができます。目を細めて小さなパラメーターを確認する必要はもうありません。見やすくなった画面を最大限に活用すれば、プロダクション効率をより向上することができるでしょう。

V12には、新しいプリセット検索エンジンも搭載されました。テキストでプリセットを検索、名前でフィルタリングしたり、結果を素早くプレビューしたりすることができます。プリセットメニューやサブメニューをスクロールし直すことなく、驚くほどの早さで、簡単に最適なプリセットを見つけましょう。

さらに、プラグインをV12にアップデートすることで、将来のセッションデータとの互換性を確保できます。ご利用のWavesプラグインが、サポートされる最新のOSとDAWバージョンで機能することが保証されます。

また、WUP(Waves Update Plan)のサポート期間内のお客様は無料でV12にアップデートが可能です。WUPについて詳しくはこちら(https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/wup-waves-update-plan)をご覧ください。

また、WUPのサポート期間外のお客様もバンドルアップグレードのご購入でWUPサポート期間が1年追加され、V12アップデートが可能になります。

Waves V12の主な更新内容

waves1019

20201019_waves_v12_resize

プラグインウィンドウがサイズ変更可能に

V12プラグインでは、標準のインターフェースサイズに4つのサイズを追加し、合計5つのサイズから選択することができます。75%, 100%, 125%, 150%, 200%が用意されており、好みの画面サイズに調整し、選択したサイズはプラグイン・デフォルトとして設定可能です。

20201019_v12_graphics

Retinaディスプレイ対応の超シャープなグラフィックス

V12プラグインは、AppleのMetalグラフィックスAPIをフル活用し、Retinaディスプレイで表示されるプラグインの解像度を大幅に向上しました。また、MetalサポートによりCPUの負荷を軽減、より効率的に動作します。

20201019_waves_v12_preset

高速なプリセット検索

インスタント検索でより簡単にトラックにぴったりのプリセットを見つけることができるようになりました。プリセットメニューを手動でブラウズする代わりに、テキストでプリセットを検索したり、名前でフィルタリングしたり、結果を素早くプレビュー可能です。

対象バンドルにプラグイン3つを無料で追加

V12へのアップデートで、Horizon、Diamond、PlatinumバンドルにLoAir、Submarine、Smack Attack、が無償で追加されます。

07_loair

LoAir

音源の1オクターブ下にローフリーケンシー・エフェクト(LFE)を作り出す、サブ・ハーモニック生成プラグイン。モノ、ステレオ、さらに5.0チャンネル音源にも対応。

submarine_600

Submarine

音源の最大2オクターブ下まで、クリーンな超低域をサウンドの破綻なく追加するプラグイン。

20170502_waves_smack-attack

Smack Attack

サウンドのトランジェント・シェイプ、長さまでピンポイントに調整可能。サウンドの奥行きをコントロールします。

ボーナス2ndライセンスの提供

Waves Update Plan対象期間内のすべてのプラグインに2ndライセンスを提供。異なる2つの環境で同時に製品をアクティベートしてご利用いただくことが可能です。

互換性の保証

V12により、サポートされる最新のOSおよびDAWとの互換性を継続的に確保。対応動作環境でのセッションの再現を将来にわたって保証いたします。

関連記事

自宅でのボーカル録音 #3: 録音のクオリティをあげるアクセサリー
自宅でのボーカル録音 #3: 録音のクオリティをあげるアクセサリー

前回までの記事を読んでいただいた方の中には、マイクを選んで、オーディオインターフェイスも手に入れて。他にどんなものが必要なのか?自分の部屋でこのまま録音して大丈夫なのか?と、不安に思うこともあるでしょ

自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス
自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス

自宅でのボーカル録音シリーズの第2回目では、レコーディングのセットアップの中心となるオーディオ・インターフェイスについて、設定方法、レベルの設定、そしてサウンドを良い音で録音する方法について説明します

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

ミックスの奥行きは、自由にデザインできる
ミックスの奥行きは、自由にデザインできる

ミックスの勉強をしていると様々な壁にぶつかることが多々あるかと思いますが、そのうちの1つが「奥行き」というワードでしょう。私たちが普段行っているミックスは、L(左)とR(右)のステレオ環境。各トラックの

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
VU Meter
VU Meter

VU Meterにより、DAWでのミックスに、業界の定番となっているメータリング・メソッドを導入することが可能になります。VU Meterを使用することで、より最適なレベル、十分なヘッドルーム、そしてクリアなミックスを

3,234
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Smack Attack
Smack Attack

ドラム、ループ、シンセ・ヒット、パーカッションに重みのあるパンチ感と切れ味を加える。サウンドのアタック、サステインのトランジェントを音量、形状、長さから個別にデザインし、精密な調整から荒々しいエフェク

3,630
Abbey Road Collection
Abbey Road Collection

あまりにも有名なビートルズのアルバムジャケット、その信号の先には、彼らにまつわる幾つもの逸話と、音響実験によって作り上げられた名作アルバムの誕生地があります。音楽に伝説はつきものですか、21世紀の音楽、

22,880
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

39,600
Renaissance Bass
Renaissance Bass

どんな種類のトラックに対しても本格的な重低音を…。Wavesが開発したMaxxBassテクノロジは、特定のハーモニクス(倍音)を付加することによってサウンドに含まれるベース成分を際立たせ、さらにはスピーカーの周波数

3,630
Diamond
Diamond

インスピレーション、閃いたアイデアをトラックへと作り上げ、数々のツールを使ってミックスし、磨き上げ、最高の状態でトラックダウンする。Diamondは、Platinumバンドルのプラグインをすべて収録し、さらに原石と

36,300
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube