検索
My Favorite Waves ─ 古賀 健一(エンジニア)
My Favorite Waves

古賀 健一

エンジニア

福岡県出身/レコーディング&ミックスからマスタリング、サウンドプロデュースも手がけるエンジニア。[青葉台スタジオ〜フリーランス]Xylomania Studio運営 【最近作】藍井エイル、ASIAN KUNG-FU GENERATION、amiinA、Ayasa、磯貝サイモン、official髭男dism、おおはた雄一、8otto、空想委員会、熊谷育美、黒猫チェルシー、The Songbards、チャットモンチー、D.W.ニコルズ、MOSHIMO etc…..

2018.10.19

My Favorite Plugins

自身の制作に欠かせない愛用プラグインを選んでいただきました。

NLS
NLS

NLS Non-Linear Summerは、Wavesと3人のトップ・プロデューサー/エンジニアの共同開発により誕生しました。NLSは伝説のコンソール3台をシミュレート、アナログのサミング回路を1つのプラグインに集約し、トラッキン

3,630
CLA-76
CLA-76

CLA-76 Blacky / Bluey は、60年代半ばに発売されたクラスAラインレベルリミッターアンプの異なる2つのバージョンにインスパイアされています。"Blacky"と"Bluey"の両バージョンも、オリジナル機と同様にスタジ

3,630
CLA-3A
CLA-3A

ユニークで非常に透明感のあるコンプレッションカーブを持つことで知られる70年代初期のソリッドステートユニットをベースに開発されたCLA-3Aは、実機同様に素早いレスポンスと繊細な倍音歪みを提供します。オリジナ

3,630
Abbey Road Chambers
Abbey Road Chambers

美しいナチュラルチェンバーリバーブから近年人気が急上昇しているディレイカスケードなど、アビーロードの第二スタジオに設置されたエコーチェンバーの豊かなサウンドは今や伝説となっています。長年に渡って失われ

3,630
EMI TG12345 Channel Strip
EMI TG12345 Channel Strip

WavesとAbbey Road Studiosが、EMIが最初に製造したソリッド・ステート・コンソールである、歴史的な名機TG12345をプラグインとして復活させました。このデスクは、60年代後期から70年代のサウンドの革命期を象徴す

3,630
Interview
My Favorite Waves | 古賀 健一(エンジニア)

WAVESとの付き合いはかなり長く、僕の場合は、学生の頃に購入した製品に付属してきたNative Power Pack(現 Power Pack)からこつこつとアップグレードをしてきて、現在ではMercury、SSL4000 Collection、そしてAbbey Road Collectionとほぼ全てのWAVESプラグインを所有しています。思い返せば学生の頃からなので、10年ほどの時間がかかっていますね(笑)

その後、青葉台スタジオで働いていましたのでWAVESプラグインは「当たり前のように」使っていました。もっとも慣れ親しんでいるプラグインだったのですが、普段使っているPro Toolsのバージョンが11になった際、AVIDのDSPシステムであるAAX DSPで動作できなくなったことがあり、当時は作業に困った記憶があります。

このタイミングをきっかけに、「特定のツールに依存をすることはエンジニアとして良くない」と思うようになり、一時は意図的にWAVESプラグインの使用頻度を下げていたこともありました。周囲の人たちがみなWAVESを使っていたので、「だったら自分は違う音を出したいから使わないぞ」という捻くれた理由も裏にはありましたね(笑)しかし、エンジニアとしては魅力的なプラグインがどんどん登場するということもあって、最近またWAVESに「復帰」してしまっています。やはりサウンドが素晴らしいですね。

H-EQが登場した時に「やっとアナライザー付きのEQがでた」と、本当に嬉しくて即購入しました。今でもギターの補正には欠かせないツールですね。各バンドでヴィンテージからモダン、デジタルなどEQカーブが設定できるのもありがたいですね。

My Favorite Waves | 古賀 健一(エンジニア)

僕はロックバンドの仕事が多いので、Abbey Road TG12345をドラムのトータルにコンプ、またはリミッターとして使います。

1176、LA-3AをモデリングしたCLA-76とCLA-3A。これらのコンプは多くのブランドからプラグインがリリースされているのですが、僕としてはこのWAVESのプラグインの登場によって「やっと使える1176、LA-3Aのシミュレートプラグインが出た」と感じました。リリースからは時間も経っていますが、今でも重宝しているプラグインの一つです。

実際に歴史に残るレコードで使用されたSSL、Neve、EMI TG12345の卓の歪みを再現してくれるNLS(Channel / Bus)は、Driveを6dBほどあげてドラムやベースによく使います。「攻めた」ミックスをするときには、Lineではなく”Mic” のほうを使うことでよりアグレッシブな効果を得られるので、気に入って使っています。

アビー・ロード・スタジオとの共同開発プラグインの中でもAbbey Road Chambersリバーブは新しいプラグインですが、かなり気に入って使っています。ちょうどビートルズをテーマにした楽曲をプロデュースしているタイミングでのリリースだったので、「待ってました」とばかりにそのセッションでかなり使いました。発売されたばかりのツールでも安心して使えるのは、WAVESならではですね。

Series My Favorite Waves

第一線を走るエンジニア、トラックメイカー、プロデューサー、コンポーザーの方々に「マイ・フェイバリット・プラグイン」を挙げていただき、どこに、どんな用途で使うのかを伺いました。

My Favorite Waves | Nakajin(SEKAI NO OWARI)

Nakajin(SEKAI NO OWARI)─ L3-16があることでアレンジには間違いがないな、と確信を持てるんです。

My Favorite Waves | 永井 はじめ(エンジニア/プロデューサー)

永井 はじめ(エンジニア/プロデューサー)─ 僕が手がけた作品のピッチ補正は100%Waves Tuneです。音質も、ピッチトラッキングもNo.1

My Favorite Waves | 古賀 健一(エンジニア)

古賀 健一(エンジニア)─ H-EQが登場したときやっとアナライザーつきのEQがでたと、本当に嬉しくて

My Favorite Waves | 保本 真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)

保本 真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)─ S1 Stereo Imagerはかれこれもう10年以上、嘘偽りなく全セッションで使っています

My Favorite Waves | 藤原 暢之(レコーディングエンジニア)

藤原 暢之(レコーディングエンジニア)─ MV2は欠かせないプラグイン。わずかな調整で狙った通りに音が立ってくれる

My Favorite Waves | 佐藤 洋介(サウンドプロデューサー/エンジニア)

佐藤 洋介(サウンドプロデューサー/エンジニア)─ Manny Marroquin Delayを使った瞬間、嘘のように全ての悩みが解決されたほど

My Favorite Waves | 鈴木

鈴木 "Daichi" 秀行(アレンジャー/プロデューサー)─ MV2はコンプでもリミッターでも得られないような自然な仕上がりが好きですね

My Favorite Waves | 芦沢 英志(サウンドクリエイター)

芦沢 英志(サウンドクリエイター)─ Infected Mushroom Pusherは、とにかくMAGICですよ!MAGICを上げるだけで音像が前にきます

My Favorite Waves | 牧野 忠義(株式会社スピンソルファ代表 / 作曲家)

牧野 忠義(株式会社スピンソルファ代表 / 作曲家)─ M360 Surround Managerは、ゲームに実装するサラウンドミックス時に必ず使います

My Favorite Waves | 福井 シンリ(作・編曲家)

福井 シンリ(作・編曲家)─ S1 Stereo Imagerは下積み時代にお世話になったエンジニアさんが愛用してたのを機に自分も虜に

My Favorite Waves | Gregory Germain(ミキシング/レコーディングエンジニア)

Gregory Germain(ミキシング/レコーディングエンジニア)─ ヴィンテージのアナログアウトボードと同じような感覚で使える、安心できるツールといえますね。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube