検索
SoundGrid QRec
SoundGrid QRec

SoundGrid QRec

ライブ録音と再生のための、最もシンプルなSoundGridアプリケーション

QRecは、ライブ音源収録やバーチャル・リハーサル用のDAWがインストールされたMac/PCを、迅速かつ確実にSoundGridに接続するために開発された、とてもシンプルなアプリケーションです。QRecを使うことで、簡単な設定でMac/PCをSoundGridオーディオ・ネットワークに接続することが可能です。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

特徴

  • ライブ録音と再生のためのシンプルなSoundGridアプリケーション
  • 迅速かつ簡単なセットアップ、複雑な設定は不要
  • ライブショーやリハーサルをDAWに録音
  • DAWからライブ・コンソールの各チャンネルへ、バーチャル・サウンドチェック用のマルチトラック音源を供給
  • スタジオ録音と再生のためのSoundGrid I/Oを素早く設定
  • 最大4台のSoundGridオーディオ・インターフェイスを接続
  • SoundGridネットワーク上で複数のMac/PCから1台のSoundGrid I/Oを共有可能
  • 最大128入力/128出力
  • 対応サンプルレート:44.1、48、88.2、96kHz

QRecでできること

  • マルチトラック収録:ライブ・ショーやリハーサルなどの音源を、ライブ・コンソールからSoundGrid I/Oカードを経由してDAWに録音します。SoundGrid I/Oカードから最大128チャンネルをASIO/CoreAudio対応のDAWで録音できます。
  • バーチャル・サウンドチェック:DAWからSoundGrid I/Oカード経由で録音したマルチトラックの音源を、最大128チャンネル分、ライブ・コンソールのチャンネルに送信します。
  • スタジオ・レコーディング:DiGiGrid, ApogeeなどのSoundGrid対応I/Oを使って、スタジオでレコーディング/プレイバックを行う場合、QRecを使ってスタジオのSoundGridオーディオ・インターフェースを設定し、オーディオを録音、スタジオのモニターやヘッドフォンで再生することができます。

SoundGrid Studioアプリケーションでは、SoundGridサーバーを使った内部ミックスや柔軟な機器パッチが可能ですが、QRecは極力シンプルなユーザー・インターフェイスを採用していますので、文字通り数秒でMac/PCをSoundGridネットワークに接続することが可能です。

QRecは無償でWaves Centralからダウンロード/インストールが可能です。

接続例1 : DAWとライブミキシング・コンソール間でストリーミング

SoundGrid QRecは、任意のSoundGridオーディオ・インターフェイスを介して、ライブミキシング・コンソールとDAW間で録音と再生のためのオーディオをストリーミングします。

DAWとライブミキシング・コンソール間でストリーミング
  1. ライブ収録用のDAWがインストールされたMAC/PC
  2. DiGiGrid MGBまたはMGOなどのSoundGrid対応I/O
  3. MADI入出力を備えたコンソール

接続例2 : DAWとSoundGridオーディオ・インターフェイスでのストリーミング

QRecは、SoundGridオーディオ・インターフェイスとDAW間で録音/再生用のオーディオを共有することができます。

DAWとSoundGridオーディオ・インターフェイスでのストリーミング
  1. ASIO/Core Audio互換のDAWがインストールされたMac/PC
  2. 任意のSoundGridオーディオ・インターフェイス

Waves V14製品 動作環境

対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2020 (AAX Native, Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.6.1 (Audio Units)
  • Digital Performer 10 (Audio Units) *Native Only
  • Ableton Live 10.1 (VST3)
  • Nuendo 10.3, 11 (VST3) *Native Only
  • Cubase 10.5, 11 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10 (Audio Units)
  • Audition 13 (VST3) *Native Only
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 11 (VST) *Native Only
  • Maschine 2 (VST) *Native Only
  • Komplete Kontrol 2 (VST) *Native Only
  • Bitwig Studio 3 (VST3)
  • Luna 1.1.5 (Audio Units)
  • WaveLab 10 (VST3) *Native Only
  • Cakewalk by BandLab 2020 (VST3) *Native Only
  • Samplitude Pro X4, Pro X5 (VST3) *Native Only
  • Sequoia 15 (VST3) *Native Only
  • Pyramix 25th (VST) *Native Only
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
  • Final Cut Pro X (Audio Units) *macOS 11 Big Surには対応していません
Mac
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: 10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)
  • V12 plugins require a graphics card that supports 'Metal'
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3


関連記事

WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV14へのメジャーアップデートをリリースいたします。

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する
YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する

WavesプラグインをYamahaのコンソールで使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

貴重な資産をもれなく収録、ライブレコーディングはコンパクトな機材で完璧に
貴重な資産をもれなく収録、ライブレコーディングはコンパクトな機材で完璧に

DiGiCo、SSL、SoundCraftなど、ライブミキシング用デジタルコンソールには、実に多くの機種にMADI端子が搭載されています。MADIはたった1本のケーブルで最大64Chもの信号のやりとりが可能な、非常に優れたデジタル・

2つめのライセンスを追加! Waves Update Plan(WUP)の更新
2つめのライセンスを追加! Waves Update Plan(WUP)の更新

Waves Update Plan(WUP)のポリシーが変更になりました。WUPは、製品ライセンスの最新バージョンへのアップデート保証に加え、様々なサービスが含まれます。これまでの適用期間内の最新バージョンのライセンス、ボ

e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート
e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート

2019年のWaves Live SuperRack発売後、いち早くコンサートの現場にSuperRackシステムを導入、ライブミックスで積極的にWavesプラグインを活用してきたサウンド・エンジニア集団ライブデートだが、2020年6月、今度はW

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

4,070
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

31,900
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

4,070
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

24,200
CLA-76
CLA-76

CLA-76 Blacky / Bluey は、60年代半ばに発売されたクラスAラインレベルリミッターアンプの異なる2つのバージョンにインスパイアされています。"Blacky"と"Bluey"の両バージョンも、オリジナル機と同様にスタジ

4,070
Doubler
Doubler

優れた「ダブルトラッキング」エフェクトをお望みのミュージシャンやオーディオエンジニアに、Doublerをお送りしましょう。Doublerは新しいサウンドを創り出すディレイおよびピッチモジュレーションです。他のディレ

4,070
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,070
Diamond
Diamond

インスピレーション、閃いたアイデアをトラックへと作り上げ、数々のツールを使ってミックスし、磨き上げ、最高の状態でトラックダウンする。Diamondは、Platinumバンドルのプラグインをすべて収録し、さらに原石と

36,300
Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube