検索
SoundGrid QRec
SoundGrid QRec

SoundGrid QRec

ライブ録音と再生のための、最もシンプルなSoundGridアプリケーション

QRecは、ライブ音源収録やバーチャル・リハーサル用のDAWがインストールされたMac/PCを、迅速かつ確実にSoundGridに接続するために開発された、とてもシンプルなアプリケーションです。QRecを使うことで、簡単な設定でMac/PCをSoundGridオーディオ・ネットワークに接続することが可能です。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

特徴

  • ライブ録音と再生のためのシンプルなSoundGridアプリケーション
  • 迅速かつ簡単なセットアップ、複雑な設定は不要
  • ライブショーやリハーサルをDAWに録音
  • DAWからライブ・コンソールの各チャンネルへ、バーチャル・サウンドチェック用のマルチトラック音源を供給
  • スタジオ録音と再生のためのSoundGrid I/Oを素早く設定
  • 最大4台のSoundGridオーディオ・インターフェイスを接続
  • SoundGridネットワーク上で複数のMac/PCから1台のSoundGrid I/Oを共有可能
  • 最大128入力/128出力
  • 対応サンプルレート:44.1、48、88.2、96kHz

QRecでできること

  • マルチトラック収録:ライブ・ショーやリハーサルなどの音源を、ライブ・コンソールからSoundGrid I/Oカードを経由してDAWに録音します。SoundGrid I/Oカードから最大128チャンネルをASIO/CoreAudio対応のDAWで録音できます。
  • バーチャル・サウンドチェック:DAWからSoundGrid I/Oカード経由で録音したマルチトラックの音源を、最大128チャンネル分、ライブ・コンソールのチャンネルに送信します。
  • スタジオ・レコーディング:DiGiGrid, ApogeeなどのSoundGrid対応I/Oを使って、スタジオでレコーディング/プレイバックを行う場合、QRecを使ってスタジオのSoundGridオーディオ・インターフェースを設定し、オーディオを録音、スタジオのモニターやヘッドフォンで再生することができます。

SoundGrid Studioアプリケーションでは、SoundGridサーバーを使った内部ミックスや柔軟な機器パッチが可能ですが、QRecは極力シンプルなユーザー・インターフェイスを採用していますので、文字通り数秒でMac/PCをSoundGridネットワークに接続することが可能です。

QRecは無償でWaves Centralからダウンロード/インストールが可能です。

接続例1 : DAWとライブミキシング・コンソール間でストリーミング

SoundGrid QRecは、任意のSoundGridオーディオ・インターフェイスを介して、ライブミキシング・コンソールとDAW間で録音と再生のためのオーディオをストリーミングします。

DAWとライブミキシング・コンソール間でストリーミング
  1. ライブ収録用のDAWがインストールされたMAC/PC
  2. DiGiGrid MGBまたはMGOなどのSoundGrid対応I/O
  3. MADI入出力を備えたコンソール

接続例2 : DAWとSoundGridオーディオ・インターフェイスでのストリーミング

QRecは、SoundGridオーディオ・インターフェイスとDAW間で録音/再生用のオーディオを共有することができます。

DAWとSoundGridオーディオ・インターフェイスでのストリーミング
  1. ASIO/Core Audio互換のDAWがインストールされたMac/PC
  2. 任意のSoundGridオーディオ・インターフェイス

Waves V14製品 動作環境

対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2020 (AAX Native, Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.6.1 (Audio Units)
  • Digital Performer 10 (Audio Units) *Native Only
  • Ableton Live 10.1 (VST3)
  • Nuendo 10.3, 11 (VST3) *Native Only
  • Cubase 10.5, 11 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10 (Audio Units)
  • Audition 13 (VST3) *Native Only
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 11 (VST) *Native Only
  • Maschine 2 (VST) *Native Only
  • Komplete Kontrol 2 (VST) *Native Only
  • Bitwig Studio 3 (VST3)
  • Luna 1.1.5 (Audio Units)
  • WaveLab 10 (VST3) *Native Only
  • Cakewalk by BandLab 2020 (VST3) *Native Only
  • Samplitude Pro X4, Pro X5 (VST3) *Native Only
  • Sequoia 15 (VST3) *Native Only
  • Pyramix 25th (VST) *Native Only
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
  • Final Cut Pro X (Audio Units) *macOS 11 Big Surには対応していません
Mac
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: 10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)
  • V12 plugins require a graphics card that supports 'Metal'
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3


人気記事

WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV14へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV14へのメジャーアップデートをリリースいたします。

最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優
最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優

様々な入出力のオプションが用意されているDiGiGrid製品の中で、8イン/8アウトのアナログ入出力とプラグイン処理を行うサーバー機能を搭載したオールインワンボックスが、DiGiGrid IOSである。DiGiGrid製品の中でも

e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート
e-Motion LV1ライブ・コンソール 導入レポート

2019年のWaves Live SuperRack発売後、いち早くコンサートの現場にSuperRackシステムを導入、ライブミックスで積極的にWavesプラグインを活用してきたサウンド・エンジニア集団ライブデートだが、2020年6月、今度はW

DiGiCoコンソールでWavesプラグインを使用する
DiGiCoコンソールでWavesプラグインを使用する

Grammy®を受賞したWavesが誇るリバーブ、EQ、コンプ、リミッター、ディレイなどのプラグインを、DiGiCo SDシリーズやS21コンソールから直接コントロールすることが可能です。Wavesプラグインは最高峰のレコーディン

AVID VENUE | S6LでWavesプラグインを使用する
AVID VENUE | S6LでWavesプラグインを使用する

Grammy®を受賞したWavesが誇るリバーブ、EQ、コンプ、リミッター、ディレイなどのプラグインを、AVID VENUE | S6L から直接コントロールすることが可能です。

YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する
YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する

WavesプラグインをYamahaのコンソールで使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

関連製品

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Ultimate
Essential
Waves Stream
Waves Stream

友達、共同制作者やクライアントと、DAWからロスレスオーディオをリアルタイムで共有可能。ボタンを1回クリックするだけでかんたんに実現します。

Ultimate
Essential
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

Ultimate
Tune
Tune

透明感のある自然なサウンドと柔軟性、正確なリアルタイム・ピッチ補正とフォルマント処理を可能にするボーカルプロセッサ 。フレージング、エモーション、デリバリーをすべて搭載し、素晴らしいボーカル・テイクを

Ultimate
Essential
Waves Tune Real-Time
Waves Tune Real-Time

エモーションを損なわない自然で正確なピッチ補正を、リアルタイム、超低レイテンシーで実現する、ボーカリストのためのドリームツール パフォーマンスに自信と集中を持って取り組むために、ライブ、スタジオを問わ

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube