検索
Waves CA導入事例:ラスベガスの高級ラウンジのサウンドをブラッシュアップ

Waves CA導入事例:ラスベガスの高級ラウンジのサウンドをブラッシュアップ

AVインテグレーション、デザイン、エンジニアリングのリーディングカンパニーとして知られているNational Technology Associates(以下NTA)が米国ネバダ州ラスベガスの新しいダイニング「Todd English's Olives」の音響設備の要として、Waves CA1000 Commercial Audio DSP Engineを導入、ライブ演奏とダイナーのBGMの音質向上に貢献しています。

2022.02.22

NTAはゲームやホスピタリティー業界へ先進的なAVソリューションの提供を専門としており、今回はTodd English's Olivesのレストランとラウンジにマルチゾーンのオーディオシステムを導入、DSPとしてWaves CAを加えることで、顧客とライブパフォーマーの両方に、音響的に満足してもらえる環境を作り上げました。

NTAのシニア・デザイン・エンジニアであるジョー・ガルシア・ミランダは「この設備は他の高級レストランと比べると小さめの部屋に設置されているので、音響エンジニアが実際にその場に不在でも、演奏者のオーディオ・プロセシングをある程度自動化するインテリジェントな方法が求められました。」と語っています。

「トッド・イングリッシュのレストラン&ラウンジ『Olives』のような小規模な設備では、我々が普段設計する大規模な会場に比べて予算が少ないことがよくあります。指定された予算内に収めながら、最高のパフォーマンスと汎用性を持つ製品を選ぶ必要がありました。」

この会場内のマイク、楽器、再生音楽ソースの処理にWaves CA1000 DSP Engineが使われています。このプロジェクト開始時にWaves CA1000を選択したことで、NTAは設置作業中の新たな要望にも素早く対応できました。システムは毎晩会場で催される様々なジャンルの音楽の生演奏をサポートする汎用性を持つ必要がありました。

「当初、ラウンジではアコースティックピアノとシンガーのオーディオ・チャンネルだけの予定でした。ところが、最終的にエンターテイメントは、スタンダードからモダンポップまで様々なキャストが演奏するより多くの楽器を含むチャンネルに対応が必要となりました。通常のセットアップは、デジタルピアノ、バッキングトラック、2人のシンガーですが、毎日セットアップは変わります。Waves CA1000プロセッサーのおかげで、求められた全てのバリエーションに対して簡単に対応できました。」


Dante®との迅速な統合

レストランとラウンジの音響設備はDante®ネットワークを中心に構成されているので、Waves CA1000をネットワーク内に統合するのは簡単でした。「追加でコンバーターを用意することなくDanteネットワーク内でWavesプラグインを使えるシンプルさが良いですね。Danteは、商業施設、ホスピタリティー、エンターテイメントの要素を融合したハイブリッドなシステムを設計する際によく使われるAoIP規格です。CA1000をDanteで接続できることは、我々にとって必須でした。」

標準プリセットをカスタマイズして最適化

グラシア氏とNTAはレコーディングとプロダクションにもWavesプラグインを使用しており、さらに大規模な設備のプロジェクトではWaves SuperRackシステムを設計に組み込んでいます。この経験を生かし、グラシア氏はWaves CA1000にプリインストール済みのプリセットを調整し、会場のニーズに合わせてカスタマイズしました。『Wavesプラグインが”ボンネットの中”にある』と言うと、多くのミュージシャンが目を輝かせてくれます。」

「今回の設備では、標準のプリセットを出発点にして、オリジナルのプロセッシング・チェインを作りました。ボーカル・マイクには、Primary Source Expander(PSE)、Vocal Rider、F6 Floating Band Dynamic EQ、Sibilance、C6 Multiband Compressor、IR-Live Convolution Reverbのプラグイン・チェインを設定し、キーボードにはF6とMV2プラグインのチェイン、バッキングトラックにはPlaylist RiderとF6プラグインを使用しています。」

Primary Source Expander
Primary Source Expander

PSE - Primary Source Expanderは、マイクへのステージのカブり音やフィードバックに対する感度を抑えることのできるプラグインです。音楽フレーズを検知し、フレーズ間にあるアイドルの状態のマイク・レベルを自動

Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

F6 Floating-Band Dynamic EQ
F6 Floating-Band Dynamic EQ

F6 Floating-Band Dynamic EQは、フル・パラメトリック仕様の6つのフローティング・フィルター・バンドそれぞれにEQ/コンプレッション/エキスパンダーを統合した先進のダイナミックEQコントローラを備え、精密手術の

Sibilance
Sibilance

Wavesが新たに開発した革新的なOrganic ReSynthesisテクノロジーから、限りなく透明に近いボーカル・ディエッサーが誕生しました。耳ざわりな”S”サウンドを、ありえないほどの速さでかつ質感を損なわずに除去する。

C6 Multiband Compressor
C6 Multiband Compressor

何年にもわたり、Waves C4は世界中のスタジオエンジニアのお気に入りプラグインでした。今や、ライブサウンドの現場においても必須となっています。

IR-Live Convolution Reverb
IR-Live Convolution Reverb

Waves IR-Liveは、ライブ・サウンド・エンジニアのために開発されたインパルス・レスポンス・ベースのコンボリューション・リバーブです。低レーテンシー、リアルタイム・パフォーマンスによりライヴ・ユースに最適

「NTAとクライアントである「Todd English's Olives」は、Waves CAの導入後の音質にとても満足しています。この設備で最も重要なことは、Waves CA1000がDSPとして採用されていることで、我々のクライアントはそのサウンドのクオリティに常に満足しているということです。」

編集注:本記事は Waves Audio, Ltd.の許可を得て、(株)メディア・インテグレーションが翻訳したものです。

関連記事

Nxシリーズアップデート。270種のヘッドホン補正プロファイルを追加
Nxシリーズアップデート。270種のヘッドホン補正プロファイルを追加

270以上の新しいEQ補正プロファイルがWaves Nxプラグインシリーズに追加され、AKG、Audio-Technica、Beyerdynamic、Sennheiser、Sony、Focal、Audeze、その他多数のブランドの有名ヘッドフォンモデルに対応しました

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント
やり過ぎ注意!いいミックスに仕上げる11個のポイント

ミキシングの休憩から戻ってきて、曲の方向性が間違っていることに気付いたことはありませんか? さっきまではいい感じのトラックだったのに、今聴くとなんだかイマイチに感じる。 プラグインの使いすぎは、ミキシン

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

5,170
Waves Harmony
Waves Harmony

1つのボイスから最大8つのボイスを生成して、すぐにボーカルハーモニーを作ることができます。夢のボーカルプロダクションを作りましょう。それぞれのボイスの個性と質感を簡単にカスタマイズできます。ピッチ、フォ

5,830
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

26,400
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

50,600
Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

35,200
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

7,260
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

5,830
VU Meter
VU Meter

VU Meterにより、DAWでのミックスに、業界の定番となっているメータリング・メソッドを導入することが可能になります。VU Meterを使用することで、より最適なレベル、十分なヘッドルーム、そしてクリアなミックスを

2,860
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube