検索
SoundGrid Proton Server
SoundGrid Proton Server

SoundGrid Proton Server

16チャンネルまでのWavesプロセシング・エンジンとして最適な小型のSoundGridサーバー

優れた音質が求められる16チャンネルまでのセットアップを想定して設計されたSoundGrid Proton Serverは、これまでで最も安価なSoundGridサーバーです。小さくてもパワフルなこのSoundGridサーバーは、eMotion LV1とSuperRackの16chまでのプロセシング・エンジンとして最適で、あらゆるライブのシーンで追加のプロセシング・パワーを提供します。

販売価格
92,807

プラグインのプロセスのためにIntel® Celeron®プロセッサーと4GBのRAMを内蔵、eMotion LV1 16ステレオチャンネル・ライブミキサーで標準のeMoプラグイン(F2, Q4, D5)を全チャンネルで有効にした場合、48kHzで0.8msのネットワーク・レイテンシーで、Prton Serverの処理能力の50%が使われた状態になります。

1Uハーフラック・サイズのアルミ製のケースは、Axis Protonとペアにして、専用の1Uラックシェルフで1Uラックスペースに収納できます。これらの2つのデバイスをeMotion LV1ライブ用16チャンネル・ミキサーで動かせば、16チャンネルまでのライブサウンド・セットアップ用途のために。とてもコンパクトなライブ・ミキシング・システムを構築できます。

  • 小規模なライブミックスに最適なパワーを備えた最も安価なSoundGridサーバー
  • 44.1、48kHz、88.2、96kHzで最小0.8ミリ秒という超低レイテンシーを実現
  • すべてのSoundGridインターフェイスで使用可能
  • SoundGrid Connect経由でSoundGrid以外のI/O(ASIO/Core Audio)でも使用可能
  • CPUファンの自動制御による静音化
  • 1Uラックマウント可能(ラックイヤー、ラックシェルフは別売)
  • Intel® Celeron® CPUを搭載
  • 4 GB RAM
  • 100V-240V電源で動作するユニバーサルACアダプター付属
製品仕様
  • CPU:Intel® Celeron®
  • RAM:4 GB
  • 寸法(H x W x D):38 mm x 195 mm x 205 mm
  • 重量:1.06 kg
  • CPUの動作温度:30°C〜75°C
  • Max CPU最高温度:85°C(室温23.8°Cでテスト)
  • 動作環境温度:10°C〜35°C
  • 最高動作環境温度:40°C
スペックシート(英語)
販売価格
92,807

関連記事

自宅でのボーカル録音 #3: 録音のクオリティをあげるアクセサリー
自宅でのボーカル録音 #3: 録音のクオリティをあげるアクセサリー

前回までの記事を読んでいただいた方の中には、マイクを選んで、オーディオインターフェイスも手に入れて。他にどんなものが必要なのか?自分の部屋でこのまま録音して大丈夫なのか?と、不安に思うこともあるでしょ

自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス
自宅でのボーカル録音 #2: プリアンプとオーディオインターフェイス

自宅でのボーカル録音シリーズの第2回目では、レコーディングのセットアップの中心となるオーディオ・インターフェイスについて、設定方法、レベルの設定、そしてサウンドを良い音で録音する方法について説明します

WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース
WAVESがV13へ。メジャーアップデートをリリース

約30年もの間、WAVESはプラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきました。この度、WAVESはV13へのメジャーアップデートをリリースいたします。

ミックスの奥行きは、自由にデザインできる
ミックスの奥行きは、自由にデザインできる

ミックスの勉強をしていると様々な壁にぶつかることが多々あるかと思いますが、そのうちの1つが「奥行き」というワードでしょう。私たちが普段行っているミックスは、L(左)とR(右)のステレオ環境。各トラックの

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

SoundGrid Mobile Server
SoundGrid Mobile Server

SoundGrid Mobile Serverはバックパックに余裕を持って収まるSoundGridサーバーです。長距離の移動、小規模なライブやスタジオでのミキシングにその威力を発揮します。どこにでも連れていける、プラグイン・プロセッ

121,407
SoundGrid Extreme Server-C
SoundGrid Extreme Server-C

SoundGrid Extreme Server-Cは、数百ものWavesプラグインを超低レイテンシーで動作させることが可能な、2Uハーフラック・マウントサイズのSoundGrid DSPサーバーです。

319,000
Axis Proton
Axis Proton

Axis ProtonはeMotion LV1ライブ・ミキサー(16ch版)やSuperRackライブ・プラグイン・ラックなどのWavesのオーディオ・アプリケーションを動かすために注意深くパーツを選定して最適化されたカスタム設定のコンピュ

97,900
DN32-WSG I/O Card for X32 and M32 Consoles
DN32-WSG I/O Card for X32 and M32 Consoles

X32またはM32コンソールにDN32-WSG I/OカードとSoundGrid DSPサーバーを追加することで、驚異的な低レイテンシーで全てのSoundGrid対応プラグイン(コンプレッサー、EQ、リミッター、リバーブ、ディレイ、フィード

0
DiGiGrid D
DiGiGrid D

DiGiGrid共通の品質基準で設計されたDiGiGrid Dは、DiGiGrid MやQよりも多くの機能を備えた製品です。デスクトップ・サイズのコンパクトなインターフェイスですが、その性能は、ユーザーのクリエイティビティーを刺

99,000
DiGiGrid IOX
DiGiGrid IOX

DiGiGrid IOXは、SoundGrid®システムを大幅に拡張する、新世代のオーディオ・インターフェイスです。複数台のMac/PCから一台のインターフェイスを共有する、複数台のSoundGridインターフェイスを追加する、eMotion

253,000
DiGiGrid MGO
DiGiGrid MGO

コンパクトでポータブルなDiGiGrid MGOインターフェイスは、あらゆるデジタル・ライブコンソールなどのMADI対応機器を、WavesのネットワークとプロセシングのプラットフォームであるSoundGridに接続することで、128

215,600
IOS-XL Upgrade kit from IOS
IOS-XL Upgrade kit from IOS

DiGiGrid IOSをお使いのユーザーさまを対象とするDiGiGrid IOS-XLへのアップグレード・サービスです。このアップグレードを行うことで、内蔵のSoundGrid ServerのパワーがWaves SoundGrid Extreme Serverと同等の処

220,000
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube