検索
Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編

Mix with Waves 「Renaissance Maxxでハイハットを処理してみよう」 編

ミックスをこれから始めよう、という方は、きっと様々なウェブサイトや友人からの情報を聞いて徐々に勉強をされていくことと思います。もちろん、ミックスに正解はないので自由にやることが1番ですが、EQやコンプなどの「どこを確認すればいいのか」のアタリが分からない方には、それぞれのプラグインは非常に難しいものでしょう。

2021.07.13

ここから楽器ごとに分けて、ツールと見かたと調整をしてみるポイントを解説いたします。「これからミックスを学びたい」という方の参考になれば幸いです。使用するのはWavesの定番バンドル、10種のプラグインを収録したRenaissance Maxxです。

IR-L Convolution Reverb
IR-L Convolution Reverb

サンプリングの結果をフィルターするのではなく、コンボルーションデータそのものを書き換えることでリバーブタイム、サイズなどをエディット可能にしたインターフェースを備えるコンボリューション・リバーブIRシリ

3,630
Renaissance AXX
Renaissance AXX

Renaissance Axxは特にギター、ベースなどの楽器トラックのレベルやダイナミクスを最適化するのに理想的なコンプレッサーです。Renaissance Axxは出力時のリミッター機能が内蔵されていますので、デジタルクリップが

3,630
Renaissance Bass
Renaissance Bass

どんな種類のトラックに対しても本格的な重低音を…。Wavesが開発したMaxxBassテクノロジは、特定のハーモニクス(倍音)を付加することによってサウンドに含まれるベース成分を際立たせ、さらにはスピーカーの周波数

3,630
Renaissance Channel
Renaissance Channel

Renaissance Channel(RChannel)は、Renaissanceシリーズで培われたイコライゼーション、コンプレッション、リミッティング、そしてゲートのプロセッシングを、1つのインターフェイスに融合したチャンネルストリッ

4,400
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Renaissance DeEsser
Renaissance DeEsser

過度な“ess” や“shh”音もしくはシビランス(歯摩音)のような優れたボーカルトラックすらも無駄にしません。最先端のシビランス処理プロセッサRenaissance DeEsserは、不要な高い周波数を減少させ、ソースのインテグ

3,630
Renaissance Equalizer
Renaissance Equalizer

Renaissance Equalizerは、ヴィンテージモデルのフィルタカーブ、そして拡張された内部ヘッドルームを持つ、Waves全製品でも屈指の人気を誇るプラグインです。最新のGUIとリアルタイム・アナライザー(RTA)機能を備

3,630
Renaissance Reverb
Renaissance Reverb

豊富なリバーブテイル、先進の早期リフレクションシステムそしてデュアルバンドEQとダンピングコントロール。Renaissance Reverbは、並外れた質感と濃度を持った卓越したサウンドとパフォーマンスをお届けします。

4,400
Renaissance Vox
Renaissance Vox

ボーカル・トラックのために、特別に最適化された比類のないパワフルなダイナミックプロセッサRenaissance Voxは、圧縮、ゲート/エクスパンション、リミティングそしてレベルマキシマイゼーションの簡単で効率的なコ

3,630
Tune-LT
Tune-LT

正確なリアルタイム・ピッチ補正と、フォルマント処理による自然なサウンドを高いレベルで両立 フレージング、エモーション、デリバリーをすべて搭載し、素晴らしいボーカル・テイクを完成できます。ボーカル・ノー

3,630

前々回のキック、前回のスネアに続き、今回はリズム3点セットの最後、ハイハット。

ハイハットはリズムの要。派手なキックやスネアに意識が行きがちですが、グルーヴやスピード感、ときには雰囲気さえ操ってしまうパートなので、最も大事といえます。まずは何より、他の楽器に埋もれないようにしましょう。そのためには刻みがしっかり聞こえることが必要です。

使いたいのは前々回、前回でも使ってきたEQ(Renaissance EQ)とコンプ(Renaissance Comp)ですが、今回はこの2つを1つのプラグインにまとめ(+αの機能をもつ)Renaissance Channelを使ってみましょう。

ハイハットは金属(慣れた人ならカナモノ、と呼びます)なので、EQでいうところの右側(高域)が主となる楽器。まずは不要な低いほう(低域)をカットしていきましょう。Renaissance ChannelのEQ1番をオンにして、"F" のツマミをグッと上げてカットしていきます。

waves_pianokeys_xtalk

どこまで上げるかは、耳で聞きながら「あ!なんか音が軽くなった」と思う直前のところまで。多くの指南書にはもっと細かいことが書かれているかと思いますが、まずはこれだけでOKです。これ以上のことは後から覚えていきましょう。ハイハットの種類にもよりますが、だいたい500〜1000Hzの辺りになるかと思います。

次はコンプ。前回も書きましたが、コンプは「大きい音を潰して、その分全体の音量を上げる。さすれば小さい音と大きい音の差が少なくなって、全体が聞きやすくなる」というツール。ハイハットの音量の大きいところのちょっと下にThreshフェーダーを合わせて、Ratioで潰す量を決め、潰れた分だけアウトプットを上げるだけ。

waves_pianokeys_xtalk

Renaissance Channelのコンプは「あなた、いまこれくらい潰してますよ」もメーター表示してくれるのですが、ハイハットの場合はこの潰され量を-3から-5dB程度になるようにRatioを決めることが大事。これ以上潰すと、せっかくのニュアンスが変わってしまうからです。

もしも「-5dB以上潰さないとハイハットが埋もれてしまう」という場合は、EQの方に戻って10〜12kHz辺りをほんのちょっとだけ上げてみましょう。

このようにRenaissance Channelは音を耳だけでなく目でも確認でき、現在も「ファーストチョイスはRenaissance Channel」というエンジニアさんも数多くいる、長く付き合えるツールです。

刻みがしっかり聞こえ、ニュアンスが崩れていないハイハットが仕上がりましたか?リズムの3点セットはここまで、次回はリズム隊の相棒、ベース編をお届けいたしますね。



便利な使い方やプラグイン選択のコツなどを解説した下記Tipsもあわせてご覧ください。いずれも本バンドルに収録されるプラグインを活かせる内容になっています。

関連記事

マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう
マルチバンド・コンプレッサーを今一度勉強しましょう

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事を日本語化してお届け。仕組みを理解することで、よりイメージしやすくなり、本質を理解することで応用もしやすくなるのではないでしょうか。ということで、今回はマルチバン

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

マスタリングEQのタメになるTips10選
マスタリングEQのタメになるTips10選

WAVESウェブサイトに投稿されていた記事の中から、マスタリングのコツを取り扱ったものを日本語化しました。先日の「マスタリングにおけるリミッティング。6つのTips」と合わせて、魔法のようなマスタリングを実現す

ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法
ボーカルの「こもり」を解決する3つの方法

ボーカルミックスにおいて、課題になることが多い「こもり」。このボーカルの「こもり」は 250〜900Hzの間に余分なエネルギーや共振の発生によって引き起こされます。この周波数帯には、ボーカルの「芯」となる要素

ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン
ミックスのコツはツールから!時間節約プラグイン

時間とエネルギーは貴重な資源です。「時は金なり」という言葉、これは人生のほとんどの局面で当てはまり、音楽制作やミキシングも例外ではありません。作業に費やす時間が本当に貴重であるならば、使用するツールや

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

関連製品

JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

3,630
Renaissance Compressor
Renaissance Compressor

極限までシンプル、合理的に最適化されたインターフェイス、クラシックな温かみのあるコンプレッションがRenaissance Compressor(RCompressor)最大の特長です。Wavesの名作プラグインC1 Parametric Companderと、L

3,630
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

4,356
Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

21,780
Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

36,300
PuigTec EQs
PuigTec EQs

PuigTec EQP-1A Pultec EQP-1Aは同じ周波数を同時にブースト/カットするユニークな機能を使用してレゾナンスシェルフを作り出せることで有名です。PuigTec EQP-1Aはジャック・ジョセフ・プイグが手がけた、ウィーザ

3,630
NS1 Noise Suppressor
NS1 Noise Suppressor

史上、最も直感的なノイズ・サプレッション・プラグインが誕生しました。Waves NS1ノイズ。サプレッサーはセリフと不要なノイズを高度に自動認識し、状況に応じて自動調整しながらノイズを除去します。ポスト・プロ

4,686
J37 Tape
J37 Tape

J37テープ・サチュレーション・プラグインは、WavesとAbbey Road Studiosの協力によって誕生したテープ・サチュレーション・プラグインです。現代音楽の偉大なマスターピースの録音に使われてきた機械そのものを正確

3,630
Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube