検索
eMotion LV1 Live MixerがV14へメジャーアップデート

eMotion LV1 Live MixerがV14へメジャーアップデート

eMotion LV1が最新 V14へのメジャーアップデートでマルチサーバーDSP処理、そして2台のFIT Controllerの同時接続に対応しました。

2023.01.18

マルチサーバーDSP処理に対応

eMotion LV1 V14は最大4台のWaves SoundGridサーバーに接続可能。さらに冗長用のサーバーと組み合わせることで最大8台の接続できます。処理能力の限界を気にせずに大量のプラグインと高いサンプルレートでのミックスを実現させます。

2台のFIT Controllerの同時接続を実現

V14アップデートにより、フィジカル・コントローラーを32+2フェーダー(チャンネルフェーダー32本+個別アサインの独立フェーダー2本)に拡張し、2台のWaves FIT Controllerを同じLV1ミキサーに組み合わせることができるようになりました。

2台のFIT Controllerは1つのミックスレイヤーにつき32+2本のフェーダーとエンコーダーを制御することも、独立して動作してそれぞれのFIT Controllerがお好みのミックスレイヤーを制御することも可能です。

FIT Controllerでプラグインをコントロール可能に

プラグインをWaves FIT Controllerから直接コントロールできます。プラグインのパラメーターはFIT Controllerに自動マッピングされるので、手動設定を全くせずにプラグインでハンズオンでのミキシングが可能です。eMotion LV1 V14があなたのプラグインワークフローに新たな体験をもたらします。

これらの新機能に加え、eMotion LV1 V14はGUIの改善、新しいデザインの視認性の高いパッチベイ、8つのユーザーキーの追加、その他様々な改良が施されています。


詳しい情報はMedia Integration サポートページをご確認ください。
Waves eMotion LV1/SuperRack/SoundGrid Studio/StudioRack リリースノート 更新情報

製品ライセンスの最新バージョンへのアップデート保証に関するWUP(Waves Update Plan)については下記をご確認ください。。
Waves Update Plan(WUP)の更新

人気記事

「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ    - Waves Genius
「とりあえず」な全部入りデジタルアナログディレイ - Waves Genius

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプ

ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ
ミックスで「コンプのかけ過ぎ」を避ける7つのコツ

ミックスする時に、コンプレッションをかけすぎたり不足したりはしていないでしょうか?全てのコンプレッションに目的を持っていますか?かけすぎで躍動感が失われたり、逆にルーズすぎてかかりが弱かったりというこ

11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング
11のステップでプロのサウンドへ。ドラムのミキシング

コンプレッションやEQの設定、位相トラブルの修正方、さらにトランジェントのコントロールまで、ドラムミックスの"いろは"を学んでいきましょう。 さらに、パラレルコンプレッションやリバーブを使い、深みと奥行

音量差の大きいボーカルを手軽に揃えたい![H-Comp]- Waves Genius
音量差の大きいボーカルを手軽に揃えたい![H-Comp]- Waves Genius

Production & Mix with WAVES – tofubeats #3 マスタリング編
Production & Mix with WAVES – tofubeats #3 マスタリング編

Vol.1、Vol.2と公開してまいりましたこの企画も今回が最終回。これまでボーカル編、トラック編と解説を頂きまして、最後はマスタリング編のご紹介をお願いしたいと思います。

人気製品

Ultimate
Essential
H-Comp Hybrid Compressor
H-Comp Hybrid Compressor

古き良き、クラシックな音色とキャラクター。Wavesのテクノロジーが実現する機能とフレキシビリティ。Waves Hybrid Lineは、アナログとデジタル、両者のその優れた点を一つのプラグインに結実したラインナップです。

Platinum
Platinum

モチベーションも高く制作を進め、ミックスも基本のプロセッシングからキャラクーを生かしたバランスを取った作業がができた。数曲をトラックダウンして、作品として発表するところまでもう少しという段階。ここまで

Ultimate
Essential
Clarity Vx
Clarity Vx

Clarity Vxは、ボーカルをバックグラウンドノイズから取り除き、あらゆるミックス、プロダクション、ポッドキャスト、ビデオ用にサウンドを整える最高品質かつ最速の方法です。Waves Neural Networks®が搭載されてい

Horizon
Horizon

音楽の創造は1990年代にアナログからデジタルへ、ハードウェアからソフトウェアへ、2000年代にはコンピューターのパワーの上昇によりインザボックスでの制作、ミキシング、マスタリングは一般的なものになりました。

Gold
Gold

音楽制作やミックスをより輝かせるために必要なものとは何でしょう。Power PackやSilverがあれば、作業の基礎は十分にカバーできます。しかし、それぞれのトラックの個性を引き出し、より有機的にバランスよく文字通

Ultimate
Essential
Vocal Rider
Vocal Rider

ボーカルトラックのレベルをリアルタイムに調整する「手コンプ」を自動で行うプラグイン Vocal Riderは、ボーカル・レベル・オートメーションに革命を起こします。用途も、使い方も、他のWavesプラグイン同様、非常

Ultimate
Essential
Vocal Bender
Vocal Bender

ヒップホップ、R&B、エレクトロニック、現代のポップ・ミュージックに不可欠となった「フォルマント-ピッチ・ボーカルサウンド」。数々のヒット曲で聞けるあのボーカルをリアルタイムにレコーディング、ミックスでき

Ultimate
JJP Vocals
JJP Vocals

Jack Joseph PuigによるJJP Vocalsについてのコメント: “ボーカルをミックスする時に気を付けているのは、直感と本能だ。どのディレイをとか、EQをどうするかとか、コンプレッサーの設定とか、そんな技術的な話では

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube