検索
SuperRack
SuperRack

SuperRack

次世代のライブ用プラグイン・ラック

プラグインをリアルタイムで走らせ、ウィンドウを自分好みに配置して、SCOPE機能付きのスナップショットを駆使して、あらゆるライブショーをかつて無くスピーディーに、より安定した環境でミックス可能です。 完全に一から設計され、スピーディーなオペレーションを実現するSuperRackは、128chオーディオ・チャンネル上で、ゼロに近いレイテンシーで複数のWavesプラグインを走らせることができる、ライブサウンドとブロードキャストのエンジニアのための最新のプラグインラックです。

SuperRackはSoundGridオーディオ・オーバー・イーサーネット・ネットワーク内で動作し、SoundGrid DSPサーバー上でオーディオ信号は処理されます。ホスト・コンピューターのCPUではなく外部のDSPサーバーでプラグイン処理を行うので、プラグインの使用可能数が増え、レイテンシーが最小化され、コンピューターとは離れた場所にあるI/Oも利用でき、複雑なセットアップにも対応可能です。 SuperRackはあなたのミキシング・コンソールの機能を拡張するための最良の選択肢です。クイックなセットアップはクイック、タッチディスプレイに最適化されたワークスペースにより、FOH、モニター、ブロードキャスト、音響設備などエンジニアの用途に応じて、ワークフローを使いやすくカスタマイズ可能です。

2020年1月のNAMMショーにて、SuperRackのネイティブ動作サポートが発表されました。 ネイティブモードでは、SoundGridサーバーを必要とせず、あらゆるASIO/Core Audioインターフェイスを介してWindows/MacのCPUでWavesプラグインを使用することができます。 SuperRackのネイティブ対応により、設備音響においてもコストパフォーマンスに優れたシグナル・プロセシング・システムを構築できます。
例えばSuperRack NativeとWaves Dugan Automixerを組み合わせて使うことで、スピーチ会場や企業の会議室における複数マイクの設置とミキシングを最適化します。Dugan Automixerプラグインは、複数マイクのゲインをリアルタイムで自動的にコントロールし、全マイクチャンネルで一貫した出力音量を保ち、フィードバック、ノイズ、隣接するマイクからのコームフィルター効果等を低減します。これにより、コンプレッションやノイズゲートによる音声シグナルへの影響を排除し、各発言者の間で完全に一致した自然なクロスフェードが可能になります。
会議室での音声収録、講義、トークショーほか、台本のあり・なしに関わらず複数の発言者が台詞を交わす幅広いシーンで、コストパフォーマンスにすぐれたオートミキサーとして活躍します。
*レイテンシーにシビアで絶対の安定性が求められるライブサウンド、演劇、企業イベント等では、SoundGridサーバー上でプロセシングを行うMultiRack SoundGridとSoundGrid対応オーディオI/Oをご使用ください。SoundGridサーバーによるエンジンの冗長化、超低レイテンシーでの信号処理と伝送が可能です。

macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

販売価格
82,390

特徴

  • 複数のプラグインを同時に表示してコントロール可能
  • 最大4台までのマルチタッチ・スクリーンに最適化されたGUIでワークスペースを拡張
  • プラグイン上の小さなパラメーターの操作のタッチ&スライドフェーダーで簡単にコントロール
  • スナップショットごとにHot Plugin機能を使って12個までのプラグインを瞬時に表示
  • MIDIまたはコンピューターのキーボードからプラグインをコントロールするためのMapアプリケーション
  • プロセシングの組み合わせを保持したまま入力と出力をスイッチ可能に
  • 複数のラックを同時に調整するLink機能
  • SoundGrid I/Oをネットワーク上でシェアすることで複雑な設定にも対応
  • SCOPEフィルターでスナップショットでリコールする機能をカスタマイズ
  • 包括的な接続デバイス管理とネットワーク・モニタリンク画面
  • 進化したレイテンシーのアライメントの管理
  • DiGiCoコンソールとのホスト・ミラーリングとDSPサーバーのリダンダンシー

動画

"ニア・ゼロ"レイテンシーでプラグインが走る

数々の賞に輝いてきたWavesのプラグインをほぼゼロに近いレイテンシーで使うことができます。SuperRackはWavesのSoundGrid®技術を使って、多数のグラミー賞受賞エンジニアが愛用する芸術的なツールをリアルタイムで使うことができます。

どんなショーでもクイックにイージーに SuperRackはユーザーの体験を重視して設計されています。セットアップ・ウィザードを使ってシステムをスキャンするだけで接続されたデバイスを認識、自動的に設定まで行い増す。複数のラックを’Link’させ、同時にパラメーターを調整可能なので、繰り返しの作業は最少元です。瞬時にラック無いのプラグインの順番を入替え可能、チャンネル間でプラグインとプラグインのプリセットのコピー&ペーストも簡単です。

ハードウェアのプロセッサーを使いたい場合はプラグイン・ラックに外部インサート・スロットが用意されています。 ワークフローに合わせてシステムを組み立てる プラグイン・ポジション、テンポ、表示ウィンドウ、ワークスペースの設定など様々なパラメーターを’SCOPE’可能なスナップショットの保存とリコール機能により、あなた自身のワークフローに合わせることができます。"カスタム・レイヤー’を使ってもっともな重要なラックだけを集めて集中的に管理できます。キーボードのキーまたはMIDI機器に任意に機能をアサインしてSuperRackをコントロールすることも可能です。

フレキシブルなタッチに最適化されたワークスペース 最大4枚までのタッチスクリーンを接続してワークスペースを広げ、かつてないほどセッション全体を見渡すことが可能になりました。’タッチ&スライド’フェーダーを使えば、今までは指で操作することが難しかったプラグインの小さなパラメーターも正確にコントロール可能です。

SuperRack

ショーに安心感を

あなたのシステムを確実に安定させ信頼性を向上させるために、SuperRackは2台目のSoundGridサーバーによるリダンダンシーとシステム・ミラーリングにも対応しています。

SuperRackでは詳細にネットワークとデバイスの状態を監視することができ、必要に応じてアプリケーションとネットワークのイベント・ログを見ることもできます。

SuperRack
SuperRack
SuperRack
SuperRack

動作環境

対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2020 (AAX Native, Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.6.1 (Audio Units)
  • Digital Performer 10 (Audio Units) *Native Only
  • Ableton Live 10.1 (VST3)
  • Nuendo 10.3, 11 (VST3) *Native Only
  • Cubase 10.5, 11 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10 (Audio Units)
  • Audition 13 (VST3) *Native Only
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 11 (VST) *Native Only
  • Maschine 2 (VST) *Native Only
  • Komplete Kontrol 2 (VST) *Native Only
  • Bitwig Studio 3 (VST3)
  • Luna 1.1.5 (Audio Units)
  • WaveLab 10 (VST3) *Native Only
  • Cakewalk by BandLab 2020 (VST3) *Native Only
  • Samplitude Pro X4, Pro X5 (VST3) *Native Only
  • Sequoia 15 (VST3) *Native Only
  • Pyramix 25th (VST) *Native Only
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 14 (VST3)
  • Final Cut Pro X (Audio Units) *macOS 11 Big Surには対応していません
Mac
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: 10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)
  • V12 plugins require a graphics card that supports 'Metal'
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core
  • メモリ: 16 GB RAM、8 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
macOS対応 Windows対応

SoundGrid・AAX Native・Audiosuite・Audio Units・VST3

82,390
0%OFF 82,390

収録バンドル製品

SuperRackは以下のバンドルに含まれています。

関連記事

YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する
YamahaのコンソールでWavesプラグインを使用する

WavesプラグインをYamahaのコンソールで使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

ライブ配信音源のミックスにも最適、Waves e-Motion LV1のシステム構築例
ライブ配信音源のミックスにも最適、Waves e-Motion LV1のシステム構築例

アーティストのライブ配信がこれまでに無く注目が集まる昨今、配信ミックス用のシステムに対するニーズも当然高まっています。SoundGridシステムなら、コンパクトでシンプルなセットアップで、Wavesプラグインをフル

Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する
Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する

Waves MultiRackは、従来アウトボード・ラックで行っていたエフェクト処理をプラグインに置き換える、ライブ・サウンド専用に開発された、プラグイン・プラットフォームです。アリーナクラスのライブ・コンサートで

最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優
最新ライブ環境で活躍するDiGiGrid IOS FOHエンジニア佐々木優

様々な入出力のオプションが用意されているDiGiGrid製品の中で、8イン/8アウトのアナログ入出力とプラグイン処理を行うサーバー機能を搭載したオールインワンボックスが、DiGiGrid IOSである。DiGiGrid製品の中でも

WavesプラグインをBehringerで使用する
WavesプラグインをBehringerで使用する

Behringer X32 シリーズ コンソールでWavesプラグインを使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

WavesプラグインをCadacで使用する
WavesプラグインをCadacで使用する

Cadac CDC eight-16, CDC eight-32 and CDC six コンソールでWavesプラグインを使用するためのセッティング例をご紹介いたします。

関連製品

Waves Tune Real-Time
Waves Tune Real-Time

エモーションを損なわない自然で正確なピッチ補正を、リアルタイム、超低レイテンシーで実現する、ボーカリストのためのドリームツール パフォーマンスに自信と集中を持って取り組むために、ライブ、スタジオを問わ

4,686
NX Headtracker
NX Headtracker

この小さな Bluetooth デバイスをあなたのヘッドフォンに取り付けると、あなたの頭の動きを検知し、Nxテクノロジーによって、リアルな3Dオーディオの体験を可能にします。Nx Head TrackerをNx 3Dオーディオ・アプリ

12,100
IOS-XL Upgrade kit from IOS
IOS-XL Upgrade kit from IOS

DiGiGrid IOSをお使いのユーザーさまを対象とするDiGiGrid IOS-XLへのアップグレード・サービスです。このアップグレードを行うことで、内蔵のSoundGrid ServerのパワーがWaves SoundGrid Extreme Serverと同等の処

220,000
SoundGrid Mobile Server
SoundGrid Mobile Server

SoundGrid Mobile Serverはバックパックに余裕を持って収まるSoundGridサーバーです。長距離の移動、小規模なライブやスタジオでのミキシングにその威力を発揮します。どこにでも連れていける、プラグイン・プロセッ

121,407
DiGiGrid IOX
DiGiGrid IOX

DiGiGrid IOXは、SoundGrid®システムを大幅に拡張する、新世代のオーディオ・インターフェイスです。複数台のMac/PCから一台のインターフェイスを共有する、複数台のSoundGridインターフェイスを追加する、eMotion

243,100
Axis One
Axis One

ハードな移動にも耐える2Uハーフラックサイズのケースに収められたAxis Oneは、ライブ・サウンド、ブロードキャスト、スタジオに、高い信頼性と複雑な設定なしに使い始めることのできるソリューションをもたらします

237,600
FIT Controller
FIT Controller

FIT Controllerは、当初はWavesのライブ・ミキシング・システムeMotion LV1専用に開発され、Mackie ControlとHUIプロトコルに対応したことでスタジオ内のDAWでも使用できる、究極のフィジカル・コントローラーです。

168,300
SoundGrid Extreme Server-C
SoundGrid Extreme Server-C

SoundGrid Extreme Server-Cは、数百ものWavesプラグインを超低レイテンシーで動作させることが可能な、2Uハーフラック・マウントサイズのSoundGrid DSPサーバーです。

319,000
Waves Update Plan

Waves Update Plan

WAVES製品を新しく購入・アップグレードすると、1年間の「WAVESアップデートプラン」が無償で付帯します。WAVESアップデートプランの有効期間中は最新バージョンのダウンロードや追加プラグインの提供など、様々な特典が提供されます。

  • 最新バージョンの利用:新しいOS・ソフトウェアに対応したバージョンが提供されます
  • 追加プラグイン:バンドルに新しくプラグインが追加された場合、無料でライセンスが付与されます
  • 2つ目のライセンス:2台目のパソコンやハードウェアにインストールできるライセンスが付与されます

WAVESアップデートプランの有効期限が切れた場合でも、所有している製品は引き続きご使用いただけます。 WAVESアップデートプランはいつでも更新が可能です。有効期限が切れた後でも、必要になったタイミングで更新いただけます。

Products
Solution
Contents
Support
Company
Instagram YouTube